ニュース

SAS最新ブログ

基礎科 専門課題終了ー!次はコンクール、そして自由制作のレクチャーも○

こんにちは、基礎科です。

今日は専門課題の最終日です、みんな講評に向けて空気がピリッとしてきました。

油画コースの油彩。

暗い照明の中で制作が進むので時折明るい場所へ絵を持っていって確認しながら進めていました。

デザインコースと工芸コースの平面構成。

このふたコースは2週続きの専門課題の中で1週間ごとに課題が変わるので、アイデア出しから色をつけるまで1週間しかありません。

馬力も必要になってきますね。

デンファレ。

綺麗な花ですけどモチーフとしては定番なようで、先生たちは結構拒否反応があったりも(昔いっぱい描いたから・・・)。

遠い土地の造形物を石膏デッサンしている不思議と同じく、これもまた職業病的な感覚でしょうか・・・

日本画コースも着彩なので色がついてきました。

色を塗るから鉛筆の仕事はアウトラインくらい、て思ってる方もいるかと思いますが日本画は結構しっかり鉛筆の仕事を重ねて、

色を乗せていきます。2週課題とはいえ結構粘って鉛筆の作業を進めていましたが、みんなグイグイ追い上げてきています。

そうそう日本画といえば、この間の授業で講師レクチャーをしてくれた松橋先生が、なんと作品そのもの(!)と作品ファイルを三冊も持ってきてくれました!

昨日の木曜日は常時見ることができるようになっていたので熱心に見入る生徒も。なかなかない貴重な機会ですね。

まだどばたに作品、ファイル共に置いておいてくれるとのことなので、見たい人は松橋先生に声をかけてみよう!

受験生の人も是非是非、ですね。

彫刻コースは昨日のブログで取り上げたのでそちらをどうぞ。

講評もあり今日の授業も終了となりました。みなさんお疲れ様です。

来週からは基礎科年に一度のコンクールの制作が始まります。コンクールってなに?てひとは去年のブログをチェック!

みんな制作、頑張ってねー!!

そして今日はコンクール後の自由制作課題についてのレクチャーもありました。

普段の制作と違って完全に自分のやりたいようにできる時間です。その分、アイデアをしっかり練っておけると良いと思います!

今日の優秀作品はまた後日紹介します!

ではでは専門課題、お疲れ様でしたー!


 2019年10月18日(金)〔基礎科

基礎科 彫刻コース 夜間部合流 & 粘土クロッキー & あの海賊王とコラボ・・・!

こんにちは!基礎科です。今日は基礎科彫刻コースのここ最近をお届けブログ。

まずはじめに先週は、毎年恒例の受験科合流課題ということで基礎科と同じ17時30分〜20時30分の時間、

高校3年生の受験生が在籍する夜間部へ基礎科生がお邪魔してきました!

ヘイ

あっ!全身像骨格さん!

決めてくぜ!!!

各自でリズムをとってください

早速行こうかここはバーン! 本館地下の場所は本-Bさ

彫刻のヤツラの溜まり場 ハイレベ石膏がデフォルトさ

そいつを自慢の腕で捉まえて表現するのさIt’s塑像 夜まで残って作るのはいいが粘土の放置はThat’s too Bad

ほらよく見・て・ご・ら・ん・よ 君にも見えるさ形の変わり目 

出会っちまったらあとは作るだけそこから始まる時代の変わり目

不思議なダンジョン 正解をそれぞれ 見つけていく様 まるでイリュージョン

でも間違いない その正解は 替えなんて効かない 君だけのフュージョン

 

浪人生もいる〜(昼にやってる) 夜間部性もいる〜(夜にやってる)

愛はここにある 寝ても覚めても 追いかけてく道 彫刻 エヴィバデー

 

 

 

 

 

 

・・・

心なしか満足げな顔に見える・・・

 

というわけで(どういうわけだ)行ってまいりました本館の受験科夜間部へ!

昨年度基礎科生だったみんなもとても立派に力をつけていて、感動しました・・・

イエイエ

当然受験科ですから彫刻コースの講師だけで何人ものスタッフがいます。

先生たちの指導も受けながら、自分より学年もスキルも上の人たちと同じ空間で作ることはかなり緊張するかと思いますが、良い緊張感に繋がっていたみたいで普段よりも良い感じで粘土を触れていたように見えました!

イエア

そして今週は基礎科へ戻って粘土課題です。今回は石膏像を粘土クロッキー!

紙の上に描くクロッキーなら耳にしたこともあるかと思いますが、短時間で対象を捉えていくクロッキーの、そのまんま粘土版です。

つい描いていても作っていても、細部に目がいってしまうことは多いです。大元の形が狂っていても目鼻口とか作っちゃうと勿体無くなって、

つい直さず進めちゃう・・・てことってあるあるですが、立体だと360度修正して直さなければならないので、そのヘヴィーさ、カッコつけないでいうとめんどくささはまあ結構なものがあります。

でも!直さないことには似ないわけで、そのためにはまず大元の形態を掴むところから始まります。

今回の粘土クロッキーは時間が長くても40分くらいで行うのでハナから作り込みはできません。ということでついおろそかになりがちで一番大切な仕事を体で覚えるための、今回の粘土クロッキーです。

短い時間で何度も粘土をつけては壊し、また作り・・・を繰り返します。かなり疲れます。

でも見えるものが増えてくれば無駄な運動も減ります。頑張りどころ!

大きな単位だけで粘土付けをしてみるとか、時間内にボリュームだけ合わせるとか色々なやり方でクロッキーにトライしたりするなか、

今日は変則的に何人かで一個の粘土をクロッキーするっていうのもやってみました ( 講師も混ざりました! )。

一人一人が順番にここに粘土を付けると良いぞ、ここの形をこうすると良いぞ、を積み重ねていって一つの粘土を作っていきます。

それぞれ思考のプロセスが違うので発見があると思います。

そんな感じで、彫刻の専門課題特集でしたー!

夜間部へ行く前にもたくさんの力がつくよう、また日々頑張っていきましょう!

イエア

骨さんは出だしで燃え尽きすぎですよあと別に上手くなかったですよアレ!!!

 

あと基礎スタッフの展示案内・・・とはちょっと違うんですがお知らせ!

ONE PIECEのアートプロジェクト「BUSTERCALL」に基礎科彫刻コースの浅井先生が参加しています!

インスタグラムで連日様々なアーティストの表現する「ワンピース」が発表されているので、是非チェックしてみてください!

「僕はもちろん怪獣を描きました!是非テキストも読んでほしいのと、ルフィたちが小さいのでちゃんと見つけてほしいよ!笑」

インスタグラム公式アカウント@bustercall_onepiece


 2019年10月17日(木)〔基礎科 , 展覧会のお知らせ

こんにちは!中学生科です。本日は中学生デッサンコンクールでした。

出題モチーフは水の入ったコップ、デンプンノリ、アルミホイル、すずらんテープ、プチトマトでした。

すずらんテープやアルミホイル、ガラスのコップなど、光がいっぱい反射しそうなものばかりなので、画面全体がギラギラしますね笑 それでもきちんと床が見えてくるように安定させることがとても重要です。上位に入った作品はそれができていて絵として見やすいものが多かったです。

二人の講師も後ろでデモストを行いました。それぞれ彫刻と日本画の先生で絵柄も対称的ですね。どこをポイントとしておさえているか、よーく見ておくといいですよ!

日本画の藤原先生の作品です

彫刻の山崎先生の作品です。

今回のコンクールの結果でどこを改善すればもっと良くなるのかよくわかる良い機会になったとおもいます!皆さんお疲れ様でした。


 2019年10月14日(月)〔中学生

基礎科 講師レクチャー2019がありました!

こんにちは!基礎科です。

今日は毎年恒例となっている講師レクチャーを開催しました。

今年は油画コースの島田萌、工芸コースの小林正樹、日本画コースの松橋孝と3人のスタッフにレクチャーを行なってもらいました。

どんな趣旨のものなのかは以前のお知らせブログを参考にどうぞ。

普段は先生と生徒ですけど今日は作家として、一人一人見聞きしてくれるみんなとのコミュニケーションになります。

まずは油画コースの島田先生から!

島田先生は今年大学を出たばかりの作家で、「SNSやデジタルツールに馴染み深い自分にしかできない新しい表現方法を模索していきたい」と話がありましたが

現代的なある種の歪な画像加工をベースとした今日的な景色を絵画表現として主に制作しているそうです。

非常に技術がある作品ですが、それだけで終わらない部分に島田先生の視点があるんですね。

また、作家活動と別の仕事として映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017)『坂道のアポロン』(2018)(3作共に三木孝浩監督作品)などに登場する絵画などの制作も行なっていて、

名だたる俳優さんたちが劇中で描いた設定の絵を制作していました!あとCMで関わった制作とか(みんな大好きハーゲンダッツ!!!)。

こうやって映画界やコマーシャル界との仕事ができたりするっていうのもあるんだな〜って思わされましたね。

こういう展示をしたよとか仕事をしたよとか以外にも、いつ生まれて小学校はこうでこの時はあれがしたくて、

けど絵の方がこういう理由で自分に向いてるから美大へ決めて〜とか、生い立ちをざっと話してもくれたので親近感のある時間でもありました◎

続いては工芸コースの小林先生。

本邦初公開の初めて描いたデッサンなどを見せてもらいながら(すごい上手でジェ、ジェラシーが・・・)、美大へ進み今に至る作品制作についての話を聞かせてくれました。

また工芸出身でそれらの技法を使っていた初期の制作、そこからそれらの技術をベースとしながら現在は現代アートやサイトスペシフィックアート等、小林先生の立ち位置となっている軸になる芸術様式、ジャンルの説明してもらいながらどうやってコンセプチャルな作品が出来上がるのか、を丁寧にレクチャーしてくれました。

また、以前開催した東京藝大の暮らしレクチャーでも紹介があった古美術研究旅行の話なんかも通して、仏教美術、像の見方などの話もしてくれました。

インドネシアなどいろんな国に小林先生が足を運んで実感したエピソードたちだったので、いわゆる授業的な話とは密度が違いましたね。

色々な作品を見るときに自分の視点が広がりそうな話でした!

最後は日本画コースから松橋先生。

小さい頃から図工の授業が大好きだった松橋先生、美術の先生との出会いから天平時代の仏像や葛飾北斎らの版画作品など日本の美術に興味をもったそうで、

そこから大学生活を経て、今に至る作品制作についての話をしてくれました。

大学時代は所謂具象絵画として日本画を制作していたようですが徐々に抽象絵画へ移行していき(音楽でいうと形(具象)は歌詞、歌詞のない音楽、ジャズ、クラシックのような想像力を刺激する表現としての抽象に関心が、という話が分かりやすかったですね)、大学院の後半から素材として麻布を使い始めて、素材感、材質感の強い制作を行なっていきます。パネルから解放された作品かつ、徐々に半立体作品などの制作も経て、今は平面作品を制作しているそうです。

作品をつく上での心得として作品をたくさん作ることが大事、という話でこの間引退発表したイチロー選手の話なんかも出てきましたね。3割打者なら100枚作品制作をすると30枚は良い作品が作れるだろうってエピソードでした。

ロバート・マザウェルやアルゼンム・キーファーなど、影響を受けた作家なども紹介してもらいながら、日本画という立ち位置から松橋先生も小林先生と同じくインスタレーション表現など、探求してきたさまざなな表現に関しての話を聞くことができました!

といった感じで最後に質問コーナーも〜といきたかったけど時間が来たので今日は質問用紙を回収して、後日基礎科建物内に回答を張り出します!

て感じで今日は終了!

様々な意味合いでみんなの参考になってくれたらいいなーと思います◎

普段我々はすいどーばた受験実技対策のスタッフとして存在しているので、自分からこういった話をすることは無いと思いますがこれら内容の質問もされたら喜んで答えます!

基礎科スタッフ一覧も基礎科内でいつでも見ることができるので、それを見たりしながら気になったことがあったら、気軽に聞いてみてねー!


 2019年10月11日(金)〔基礎科

台風19号の接近にともなう対応について

大型で非常に強い台風第19号の影響により、予定しておりました行事を下記のように変更いたします。

【10月8日18:00発表】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ 公開コンクール 日本画 10月13日(日)、14日(祝)
   中止  返金いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ デザイン・工芸科保護者会 10月13日(日)
   中止
  電話面談に変更いたします。
  ご希望の方は、10月15日(火)までに下記のメールにてお申し込みください。
  デザイン工芸科:dobatadrenraku@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ デザイン・工芸科 土曜構成講座10月12日(土)
          日曜デッサン10月13日(日)
   中止  返金いたします。
_________________________________________________________________

【10月9日20:00発表】

10/12 (土)休校 
  授業は休講とし、受付窓口も休業させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10/13 (日)休校 
  授業は休講とし、受付窓口も休業させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10/14(祝)中学生デッサンコンクール    開催 を予定しています


 2019年10月9日(水)〔ニュース , 未分類

基礎科 保護者説明会を実施しました!

こんにちは、基礎科です。
今日、10/6は二学期保護者説明会でした。

芸大・美大受験は、実技がある上に、入試制度も複雑で未知の世界に感じられるかもしれません。

以前と比べて、倍率や傾向も変わり、受験方式も複雑化してきています。そのあたりの現状の入試状況や入試制度の解説を中心に、普段の授業状況も含めてご案内しました。

2、30年前の異常とも言える高倍率で振り落とすための入試の時代と比べると、現在は少子化の影響もあり倍率は下降し、良い学生を見つけるための試験になってきていると感じます。難関校の現役合格も十分目指せる時代になりました。それだけに複雑化している入試方式に惑わされないよう、志望校選択などに参考にしていただければ幸いです。

※5月に行いました一学期保護者説明会、体験入学の際に行われる芸大美大進学説明会とほぼ同内容になります。一学期保護者説明会以降に基礎科入学の1、2年生の方を対象にご案内しております。


 2019年10月6日(日)〔基礎科

基礎科 専門課題スタート!

こんにちは、基礎科です。
保護者説明会が開催された今日ですが通常授業ももちろん行なっています。
今回は各コースごとに専門課題、早速その様子を見ていきましょう。

(専門課題とは、各専攻コース独自の課題のことです。)
油画コースは静物油彩、彫刻コースは粘土塑造、日本画コースは静物着彩、デザインコースと工芸コースは色彩に取り組んでいます。すいどーばた基礎科では、高校1、2年生のうちから本格的な専門課題に取り組んでいくことができます。

デザイン・工芸コースの今週の課題はデンファレをよく見て描写しなさい、という課題。着彩の課題です。

まずは紙を水張りするところから始まります。

今日は福田先生が初めての人たち向けにやり方を実演しながら説明してくれました。

さあみんなもやってみようー!

もちろん着彩のレクチャーもありました!

お次は日本画コース。

静物着彩、牛骨と膠ですね。う〜ん骨ってやっぱりかっこいいですね・・・

先生のアドバイスもありながら、進んでいきます。

今日は百武先生のデモストも!

みんなこの進め方とか、参考にしてね◎

彫刻コースは本来の課題を急遽変更して、キャラクター粘土課題に取り組みました!

このあいだの授業では事情により1日しか制作できず作りきれなかったので、今回は時間の許す限り作ってもらうということで。

好きなキャラクター、没入できる何かがあるものを描く、作る時って普段よりも力が発揮できたりします。

今回はアニメの人物キャラクターを選択していたので、当然そこには人体の知識が必要になります。

先生のアドバイスをもらいながら、人の形としておかしくなく、かつそのキャラクターらしく見える造形を目指します。

そして油画コースは、ピカーッ!!

これは一体?!

そう、今日はこんな感じ!

日本画と同じく牛骨モチーフのセットですが、今回はこのライティングが特徴的ですね。

写真だとイマイチ伝わらないのですが壁にできた影なんかも魅力的で、画面構成に悩みますね。

なので今回ももちろん、先生とプラン出しから話をしたりしながら、絵の全体を詰めていきます。

 

と、そんな1日でした!

デザインコースと工芸コース、彫刻コースは来週また別課題となるので本日講評でした。そのほかのコースのみんなは来週また続きを制作するので、引き続き頑張れー!🔥


 2019年10月6日(日)〔基礎科

10/28-29【基礎科】ビギナー静物デッサン体験 開催のお知らせ

【 基礎科のビギナー静物体験】

静物デッサンの初歩の初歩を体験できます。

 

シンプルな静物デッサンを通して、光・陰影、空間、固有色、質感など静物デッサンの基本が学べる体験授業です。
これから美大受験勉強を始めてみようと思っている実技未経験者や初心者の方、受験科目に静物デッサンが含まれている方などなど、奮ってのご参加お待ちしております!

 

対象

高校1、2年生
※学院生および今年度の体験入学に参加した方は対象外となります。

実技

デッサン(鉛筆のみ)

開催期間

【KTBA】デッサン〔静物〕2019年 10月28日(月)ー29日(火)
【KTBB】デッサン〔静物〕2019年 12月   2日(月)ー 3日(火)

授業時間

17:30~20:30(3時間×2日)1課題につき6時間

◎参加費:無料

◎対象:高校1、2年生
※学院生は対象外となります。

◎用具は貸し出します。

◎受験・進路相談の面談も行います。なんでもご相談ください!

◎特典:この体験入学を受講した方は、2019年度各季講習会を受講申込する場合、申込料(5,000円)が全額免除されます。また、入学の際、入学金の免除特典(20,000円)を受けることができます。

 

 

 

(講師デモスト)

 

(基礎科ビギナーコース制作風景)

 

(基礎科ビギナーコース生徒作品)

 

(基礎科ビギナーコース生徒作品)


 2019年10月5日(土)〔基礎科 , 未分類 , 無料体験

女子美術大学付属高等学校文化祭のお知らせ

女子美術大学付属高等学校・中学校文化祭のお知らせが届きましたので、ご紹介いたします。

お近くの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

【会期】
10月26日(土)〜10月27日(日)
10:00〜16:30


 2019年10月5日(土)〔学院から , 中学生 , 展覧会のお知らせ

基礎科 デザインコース・工芸コースの受験科夜間部合流

基礎科です。

今週は、平日クラスのデザインコースと工芸コースのみんなは受験科夜間部に合流。高校3年生の受験生達に混じって一緒に制作、講評会を経験しました。

普段とは違う本館や4号館教室での制作です。

 

石膏デッサンで先生がデモストしてくれていました!
手順や調子の幅、光のイメージなどとっても参考になりますね。

構成デッサンでも、先生がデモストしてくれましたよ!

 

緊張の講評会。
受験科では各教室から選ばれた優秀作品を一同に集めて全体講評会を最初に行った後、各教室に分かれて全員の個別講評をします。
全体講評会では、選ばれた作品が評価されたポイントの解説などをします。

残念ながら全体講評会に基礎科生の作品は選ばれていませんでしたが、受験科のレベルを知る良い機会になったのではないでしょうか。
実は高校3年生のみんなも知った顔ばかり。
そう、昨年の基礎科生が沢山!
みんな順調にレベルアップしているなあ〜と関心しながら見ていました。
来春、期待しちゃいますよ!一号館から応援しています!

高校2年生のみんなは来年の春季講習会から受験科にステップアップします。
今回の夜間部合流体験で受験科のイメージや雰囲気を感じることができたのではないでしょうか?
この経験を今後の基礎科での過ごし方に生かして下さい。


 2019年10月4日(金)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別