ニュース

SAS最新ブログ

[デザイン科・工芸科]多摩美大・武蔵野美大 総合型選抜・学校推薦型選抜試験対策講座

この講座は、特に志願者の多い多摩美術大学のグラフィックデザイン学科と生産デザイン学科および、
武蔵野美術大学の工芸工業デザイン学科と空間演出デザイン学科の総合型選抜・学校推薦型選抜試験対策の講座です。

◆グラフィックデザイン
デッサン、色彩構成、クリエイティビティテストと合わせて3つの実技での選考となっています。本校ではその3種類バランス よく出来るかどうかが大切と考えています。 基本課題コースでは3種類の実技をひと通り行い、夜間直前コースでは強化するべき課題を選択し集中して対策をします。

◆生産デザイン学科プロダクトデザイン
アイデア・ プロセスかスケッチデッサンの選択になります。そしてプレゼンテーション必須です。

◆生産デザイン学科テキスタイルデザイン
小論文、デッサンと色彩表現、面接。または構想表現、プレゼンテーション面接の試験となります。各自選択に合った内容で対策を行います。

◆工芸工業デザイン
エントリー時にポートフォリオ提出。一次選考が行われ二次は各自がデザインした作品提出と面接があります。

◆空間演出デザイン
自己推薦書提出により一次選考が行われ二次は構想力テスト、作品提出と面接と入試要項には表記されていますが試験当日ポートフォリオ提出も必要となります。ポートフォリオ内容に関してのアドバイス、自己推薦書のアドバイスを経て提出作品制作、構想力テストの対策を行い試験に必要な準備をして行きます。

※テキスタイル、工芸工業デザイン、空間演出デザインは講習会までにある程度各自でポートフォリオや面接時の持参に必要な作品制作をしておく事が必要です。

 

どのコースも本学院に初めて通う方には面接を行いますので、試験前の不安を取り除く手がかりとしてください。
毎年多数の合格者が出るこの講座は日曜日に行うので、普段通えない遠くにお住いの方も参加ができる様にプログラムを組んでおりますので安心してご参加ください。

講習費

申込料: 5,000円

受講料:
多摩美術大学
【EAT1/EAT2/EBT1/EBT2/ECT1/ECT2】20,000円(1コースにつき)
【EAT3/EBT3/ECT3】10,000円(1コースにつき)
【EST4/ETT4/EUT4】20,000円(1コースにつき)

武蔵野美術大学
【EDM1/EDM2/EEM1/EEM2】20,000円(1コースにつき)

受付開始日

2022年6月13日(月)

会場

受講申込後、メールでお知らせします。

申込方法

インターネットによる手続きとなります。


 2022年5月24日(火)〔デザイン・工芸科

基礎科 油画コース専門課題

こんにちは、基礎科です!

今回は油画コースの専門課題になります🖌🖌

※専門実技とは藝大入試の二次試験にあたる各科専門実技(油画科は静物油彩、日本画科は静物着彩、彫刻は粘土塑造、デザイン科と工芸科は平面構成や立体構成など)、基礎科では油画科は2週間で1課題行っています。

 

まずは、初めての専門課題になるので、道具の説明などから丁寧に行っていきます!

 

 

今回の課題は静物油彩です。牛骨を中心に、質の違うモチーフや、物が映り込む鏡などを配置し、しっかりと観察して描くモチーフとなっています。

 

 

今年度初めての専門課題となりますが、とても良い作品がたくさんでました。一個一個ご紹介していきます!

物と物の境目を丁寧に描いています。映り込みの色に柘榴の赤が引き立つように緑を使っているのが上手いですね。

 

フラッシュライトを当てたような明暗構成になっています。面白いアイデアですね。描き込みも良いと思います。

 

独特な世界観の作品ですね。鮮やかな色だけでなく鈍い色も使うことで豊かな画面になっていますね。

 

思い切った力強い構成ですね。物によって描き方を変えているのも良いと思います。

 

物と物の隙間をしっかり描くことで力強くなっています。魅力的な作品になっていますね。

 

部屋の隅に置かれた鏡に注目して描いています。所々入った鮮やかな色が画面を引き立てていますね。

 

作者がモチーフを見た時どこにどう興味を持ったのかが伝わってくるようです。赤い段ボールを青に変えるなど、色彩構成もしっかりしていますね。

 

色がとても魅力的で格好良い作品ですね。写り込んでいる口の生々しさが良いですね。

 

絵の具の厚みに差をつけた表現をしています。厚く重ねた所も薄く描いたところも魅力的ですね。

 

牛骨の顎の執拗な描き込みが良いですね。台の下の箱椅子の表現といい、質感への執着と集中力が生まれています。

 

モチーフを取り囲む環境の緊張感、ストローク表現に挑戦が出てきました。雰囲気のある作品ですね。

 

最初の専門課題ですが、面白い作品が数多くでました!

この調子で頑張っていきましょう!!


 2022年5月23日(月)〔基礎科

基礎科 デザインコース・工芸コース、日本画コース専門課題

こんちには、基礎科でーーす!🤞🤞🤞🤞🤞🤞🤞🤞🤞🤞🤞

段々と梅雨が近づいてきましたね!☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️☔️🍬🍬🍬🍬🍬🍬🍬🍬🍬🍬🍬

気分はカラッとさせつつ頑張っていきましょーう✊✊✊✊✊✊✊✊✊

 

さて、今週も専門課題の週となりました。デザインコース・工芸コースは今年度2作品目の色彩構成、日本画コースは1作品目の静物着彩課題となりました。

※専門実技とは藝大入試の二次試験にあたる各科専門実技(油画科は静物油彩、日本画科は静物着彩、彫刻は粘土塑造、デザイン科と工芸科は平面構成や立体構成など)、基礎科ではデザインコース・工芸コースでは1週間で1課題、日本画コースは2週間で1課題行っています。

 

初めて専門課題に取り組んだ生徒も多い中、良い作品が出たのでご紹介していきます!

 

【デザインコース】

今回の課題は前回に引き続き、キウイをモチーフにした課題になります!

前回の描写練習で得た経験を活かし、応用した本格的な平面構成の課題です🥝🥝🥝🥝🥝🥝🥝🥝🥝🥝🥝

道具の扱いにも少しずつ慣れてきて、完成度の高い画面になってきましたね。これからがとても楽しみな作品になりました🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

 

モチーフは、キウイ、試験菅、あずきで、正円・正三角・正方形から図形を一つ選び、組み合わせるという課題でした!

 

モチーフ一つ一つの繊細な色の響き合いが綺麗ですね!

課題を上手く活かして、今回のモチーフならではの画面になっています。試験管の透明感がとてもよく出せていますね🌈🌈🌈

 

疎密を上手く利用している、とても見やすい構成ですね!

三角形の置き方で抜け感のある画面作りになっており、遊び心も感じるような作品になっています🎵🎵🎵

 

小豆の色をうまく応用していて、とてもキウイの色が鮮明に見えて良いですね!

明度計画がうまくいきました💮図形も一枚一枚距離設定をしていることで、差が増えていてとても良いです🟩🟩🟩🟩

 

構成の作り方がとてもうまいです!!

あえて図形から試験菅をずらすことで見えてくる、シルエットの変化がとても効いています👍👍👍👍👍👍👍

カラーの選定やモチーフの配置など、気が利いていて長く見ていられる作品ですね🌷

 

【日本画コース】

モチーフ(石、ミニトマト、リンゴ)を各自で組んでセットし、静物着彩しました!

講師によるデモストです。
デッサンはH先生からの着彩はN先生でした!
流石仕事早いし上手い!

 

それでは生徒作品です!

とってもよく描けていますね!

白い石のゴツゴツ感と、どっしりとした重さがリアルに表現されています。

リンゴのハリのある感じも良いですね。

空間感もあり、大変魅力的な作品です。

 

ーーーーーー

 

次課題はビギナーコース以外の全コースで石膏像に取り組みます。
墨でクロッキーを沢山します。眼を鍛えていきますよ!

 

 

 


 2022年5月23日(月)〔基礎科

中学生科です!!🌻🌻✨

今朝はかなりの暑さでしたね!?🔥制作に集中していると水を飲むのも忘れてしまいがちです、皆さんこまめな水分補給は忘れずに!!

今日は初めに構図、構成についての大切さやモチーフの観察についてレクチャーがありました✍️❗️

写真や過去の生徒の作品を例にまとめてあり、高校受験だけでなく大学受験でも大切な基礎について学べました👀✊受験絵画だけでなくみんなが学校に入ってからの制作にも為になるお話です!!しっかり吸収して、常に意識していけるといいですネ❤️‍🔥‼️‼️

レクチャー後、実際に先生がデモストをしながら説明をしてくれました👏

画面の余白が同じ面積になっていないか、モチーフの方向性が似ていないか、モチーフらしさを出す置き方など今回学んだことを復習しつつ、カッコイイクロッキーが出来あがりました😳✨✨🌞

生徒たちもクロッキーに挑戦‼️‼️みんなかなり苦戦しています、、ガンバレ❗️❗️❗️✊✊✊💪💪💪🤛🤛🤛

午後は午前に描いたクロッキーの中から好きな構図を選び2時間半でデッサンに挑戦!!

図を試行錯誤したおかげでどんどん手が入っていきます!!!!☺️👏✍️🦍

また、伸び伸びした線とゆったりした構図が組めるようになってきました👀😳

 

今回のレクチャーとクロッキーで一歩前に進めた子が沢山いました❗️❗️❗️❗️バンザイ👏👏🙌

クロッキーは視野を広くして観察する力をつける大切な描き方なので、お家でもペットのにゃんこやお庭の花など、どんどん描いてみてください!😽😸🐾🎄🍃🪴


 2022年5月23日(月)〔学院から , 中学生 , 未分類

6/26(日)【デザイン科 芸大コース】オープンデッサンコンクール

今年もやります!すいどーばた美術学院デザイン科恒例
夏に向けてのオープンデッサンコンクール!

参加費無料!
オープンデッサンコンクールとは、芸大デザインの実技試験(デッサン)に対応する、公開実技模試です。
学外生の方も参加可能です。
夏を前に力試しをしませんか?

実施日

2022年 6月26日(日)

対象

学外生(受験生であること)・学院生(昼間部、夜間部)

内容

石膏デッサン・構成デッサン(申込時に選択して下さい)

スケジュール(予定)

◾️芸大デザイン対応 6h
10:00~10:30   座席抽選
10:30~13:30  デッサン
13:30~14:30  1時間休憩 (制作可)
14:30~17:30  デッサン
17:45~19:15  採点
19:30~21:00  講評会
※時間帯により変更になる可能性があります。

持参するもの

鉛筆デッサン用具一式、芸大サイズパネル
※用紙は当日支給します。
当日は昼食を用意してください。

会場

本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)

お申込

下記フォームよりお申込みください。
申込期限:2022年6月23日(木)18:30まで
【デザイン科 芸大コース】オープンデッサンコンクール 申込フォーム


 2022年5月23日(月)〔学院から , デザイン・工芸科

[デザイン科 芸大コース・工芸科] オープンデッサンコンクール受付中!

今年もやります!

すいどーばた美術学院 デザイン科・工芸科恒例
夏に向けてのオープンデッサンコンクール!

参加費無料!
芸大デザイン・芸大工芸の実技試験に対応する、公開実技模試です。

学外生の方も参加可能です!
夏を前に力試しをしませんか?

↓↓詳しくは以下よりご確認ください

デザイン科 芸大コースはこちら

工芸科はこちら


 2022年5月23日(月)〔募集中 , 学院から , デザイン・工芸科

7/3(日)【工芸科】 オープンデッサンコンクール

今年もやります!すいどーばた美術学院工芸科恒例
夏に向けてのオープンデッサンコンクール!

参加費無料!
芸大工芸の実技試験(石膏デッサン)に対応する、公開実技模試です。
学外生の方も参加可能です!
夏を前に力試しをしませんか?

実施日

2022年 7月3日(日)

対象

学外生(受験生であること)・学院生(昼間部、夜間部)

内容

芸大工芸対応…石膏デッサン

スケジュール(予定)

◾️芸大工芸対応 6h
10:00~10:30   座席抽選
10:30~13:30  デッサン
13:30~14:30  1時間休憩 (制作可)
14:30~17:30  デッサン
17:45~19:15  採点
19:30~21:00  講評会
※時間帯により変更になる可能性があります。

持参するもの

鉛筆デッサン用具一式、木炭紙大サイズパネルor木炭紙大サイズベニヤ板
※用紙は当日支給します。
当日は昼食を用意してください。

会場

本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)

お申込

下記フォームよりお申込みください。
申込期限:2022年6月30日(木)18:30まで
【工芸科】オープンデッサンコンクール 申込フォーム


 2022年5月23日(月)〔学院から , デザイン・工芸科

基礎科 デザインコース・工芸コース 専門課題始まりました!

こんにちは、基礎科です。

今年度初めての専門課題週間に入っています。

※専門実技とは藝大入試の二次試験にあたる各科専門実技(油画科は静物油彩、日本画科は静物着彩、彫刻は粘土塑造、デザイン科と工芸科は平面構成や立体構成など)

デザインコース・工芸コースでは、色彩表現に取り組んでいます。
両コースの色彩の入試実技ではアクリルガッシュ絵具を使うのが近年の主流になっています。
ガッシュは元々色面を均一にムラなく塗ることに向いている絵の具ですが、水分をコントロールして水彩表現などもできます。またアクリル系は乾燥すると耐水性になるので重ね塗りなどもできます。

今回は最初の課題なので、まずは画材の使い方を知り、慣れることを目的としています。
そのため基本的な技術や描写表現など、東京芸大デザイン科在学中の講師がデモスト交えて解説しました。


色彩課題の時は、パネルに画用紙を水張りし画面とします。
そのため最初は水張り講習です!
焦らず丁寧な作業が大事ですね。
本番の入試はボードですが、高価なので普段の制作ではB3サイズの木製パネルに画用紙を水張りをしています。

今回はモチーフ「キウイ、アクリル棒」をアクリルガッシュで彩色描写します。
まずは観察が大事!

 

下描きをしてからそこに彩色します。

混色方法なども参考になりますね!
当然、描き手によっていろいろな流儀があります。その違いも面白いですよ。
今回のT先生は、果物なので鮮やかに美味しそうに見せる混色の工夫をされていました。

 

さすがですね、キウイ美味しそうです! アクリル棒も現象がきれいですね。

 

 

 

 

では生徒作品をご紹介しましょう。


沢山入れたアクリル棒の現象が全て異なり、大きくいれたキウイのシルエットを崩したりと、シンプルな課題ですが見どころ満載です、

 

アクリル棒と自然物であるキウイの対比が良いですね、背景色の彩度を下げているので、対比でキウイがより鮮やかに見えます。

 

キウイのカットが面白いですね。光の設定も明快です。天気の良い日のよう!

 


キウイの丁寧な観察に基づく描写に説得力があります。キウイの皮側もリアル!!

シンプルな画面ですが、モチーフがとても自然に素直に表現できています。

 

 

次週はモチーフが増え構成課題にステップアップします。
今回の経験を活かしていきましょう!


 2022年5月19日(木)〔基礎科

2022年度 東京藝術大学の入試説明会が受付中です!

東京藝術大学美術学部の入試説明会がオンラインで開催されます。

実施日時は専攻により異なりますので、詳細・お申し込みは東京藝術大学のHPをご確認ください。

 

各科ごとに定員がありますので、早めの確認をおすすめします。

 


 2022年5月17日(火)〔ニュース , 学院から , 油画科 , 日本画科 , 彫刻科 , デザイン・工芸科 , 建築科 , 芸術学 , 先端芸術

こんにちは!!!!!中学生科です!!

今日はなんと!今年総合芸術高校に推薦入試で合格した先輩2名がデッサンのデモストをしにきてくれました🌸🌸✍️👀受験コースの生徒たちに混ざって描いてくれています!

こうして実際に受かった先輩の制作過程や腕の動きを近くで見られるのは勉強になりますね!!!

 

受験コースの子達だけでなくベーシックコースの子達も見学しに来ていました👏

また、質問などもしていて生徒たちのやる気が溢れていました🔥🔥🔥❗️❗️

手元をモニターの大画面に映し、遠くからでも見やすいようにしています!!

現役総芸一年生の手の速さや的確さに講師たちも驚きを隠せません…💦❗️❓

制作開始から約2時間の様子がこちら!

2枚ともすでにしっかりと一番目立つ暗さや細かいところの描き込みに入っていて、全体の印象を捉えられています👍

完成がこちら!

3時間という限られた時間でモチーフの固有色から質感の差まで綺麗に描き分けられています!まじまじと見てしまいますね…流石先輩たち😳✍️❤️‍🔥

受験コースのみんなも魅力的な絵が描けるよう一緒に頑張りましょう❗️❗️❤️‍🔥🔥❤️‍🔥✍️✍️

講評には先輩2人も参加してアドバイスをくれました!

一日の最後に一年生の2人に総合芸術高校や受験についてお話ししてもらう座談会がありました🌸

受験期の講評ノートのまとめ方や専攻している科について、学校の雰囲気、受験本番のことまでたくさんお話してくれました!これから受験を控えている子たちには非常に為になるお話でした…😳💦

 

今回のイベントで受験コースの子達もまだ受験を控えていない子達もやる気に火が付いたのではないでしょうか❗️❓🔥❤️‍🔥❤️‍🔥

大切な機会をありがとうございました!!


 2022年5月16日(月)〔学院から , 中学生 , 未分類

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別