ニュース

SAS最新ブログ

基礎科 デザインコース・工芸コース 花札の平面構成

こんにちは、基礎科デザインコース、工芸コースです。

2学期最後の色彩構成課題に取り組みました。
花札から抽出した要素と、与えられたモチーフ(ススキ・和紙・鈴・試験管・マッチ・小袋アラレ菓子から任意に2種類以上を選択)にて平面構成をする課題でした。

今回も沢山の優秀作品が出来上がりました!早速紹介していきましょう〜

 

最初はお魚が印象的なこの作品。

全てイラスト表現で統一させていますが、情報量が多く、描写を用いた作品に負けないくらい見栄えがあります。線画と塗りのズレもそれっぽくて可愛いですよね。花札特有の鮮やかな色味なども良く活かせているのではないでしょうか。イラスト表現は描写と比べて描くのが簡単な分情報量が増やせるので、こういったストーリー性のある作品は作りやすいのかなと思います。

 

 

続いてはこの作品。

描写が沢山あって大変そうでしたが、しっかり時間内に完成させることができました。和紙の透けた色味は特によく表現できています。他の人よりも早いペースで画面を仕上げ、余った時間で色味や粗密の調整をするという模範的な制作プロセスだったと思います。基礎科からこのようなペースが作れていると、受験科に行った時に強いかもしれません…。

 

 

続いてはこちら。

モチーフが置かれている場所の設定が他の作品にはないので、目を引く作品に仕上げられています。箱に立てかけてあるマッチの床に落ちる影が、より一層状況を面白くさせていると思います。基礎科だとモチーフの影を描き忘れる人が一定数いますが、ここまでしっかり描けるといいと思います。もう少し時間があったら、煮干しや雲の後ろの情景まで描きたいですね!

 

 

続いてはこちらの作品。

背景のイラストの完成度が高いです。花札特有の手書き感がよく観察できていると思います。藤の花、おかき、点描、鈴といった丸いモチーフでリンクさせて、統一感を出しているのも良いですね。

 

 

続いてはこちら。

本人曰くまだ途中とのことですが、魚の描写がよく描けているため未完成感なく仕上がっています。イラストの魚とリアルな描写の魚の対比をきかせ、面白い画面にできていますよね。左上のイラストの下にマッチ棒を潜り込ませているところなど、遊び心があっていいと思います。

 

 

続いてはこちら。

マッチの赤い部分が重なって面白いシルエットになることを発見することができました。それを画面に大きく配置することで、シュールで目を引く作品に仕上げられています。目立つ作品って、描写が上手だったり色が綺麗だったり色々な要因があると思いますが、この作品のように着眼点が要因になっているのは珍しいと思います。今後もオリジナリティーのある観察に磨きをかけて行って欲しいですね。

 

 

続いてはこちら。

月の中にモチーフたちを覗かせることで、明度計画的にもよく目立つ作品になっています。イラストのシャープな線と、描写の柔らかな筆のタッチにギャプがあって面白いですね。平面構成では、ただ背景の上にモチーフを置くのではなく、何重にもレイヤーを作ると面白くなります。この作品は、その面白さに気づくきっかけになったのではないでしょうか。

 

 

続いてはこちらの作品。

モチーフが床に落とす影がリアルに描けているため、画面の設定がよく伝わります。影色のチョイスも良いですね。ただのグレーを使う人が多いですが、少し寒色系の絵具を混ぜているため、雰囲気のある描写に仕上がっています。

 

 

続いてはこちらの作品。

なんといっても描写の上手さが目立ちます。特に鈴は、その重みまで伝わってくるようです。桐の花の下に隠れた鈴が2個ありますが、メインよりもヘルシーに描くことで、うまく時間短縮しながらも画面を寂しくさせない工夫をしてあります。

 

 

続いてはこちら。

画面の構成や、描写など、色々な部分がよく考えられていると思います。和紙や、背景の白、イラストの部分の面積が全て違っているため自然な画面になっています。差を意識しながら画面を作っていくのはなかなか難易度が高いと思いますが、基礎科でここまでできるなんてすごいですね!

 

 

最後はこの作品。

試験管は背景を歪ませるのによく利用するモチーフですが、それが活かせています。ガラスの中央に比べサイドは歪みがキツくなりますが、その表情もよく観察できていると思います。背景の青もチューブから出したままの色ではなく、しっかりと混色して作っているのも良いですね。

 

色彩構成では、丁寧な観察から発見したモチーフの魅力を伝えたい、魅せたい気持ちが大事ですね!
技術的にはまだまだ未熟なところはありますが、このまま今後も経験を重ねていけばより作品のクオリティも上がっていきますので、冬季講習会も頑張っていきましょう!

 

__________

 

基礎科の冬季講習会

冬季講習会 基礎科


 2021年12月1日(水)〔基礎科

基礎科油画コースの石膏デッサンです!

今回は石膏デッサンでした。
「二つ以上の視点を画面に入れて描きなさい」

油画コースでは石膏デッサンもこうなります。
それぞれのアイデアと工夫が光る作品が出たので紹介します。


二つの世界がパーテーションによって明確に分けられている、不思議な世界観の絵です。グレー調が綺麗に表現されていて、隅々までダークな空気感がきちんと作り込まれています!


ヘルメスをモノクロの図のように捉えた作品です。画面いっぱいに面白い形を描いていて思い切りが良いですね。顔のようにも見えます。シンメトリーに取られた構図と反転した色味がバッチリはまっていて、かっこいい画面の作品になりましたね!


モチーフがある場所の観察、描写がしっかりできていますね!画面に入る図の構成もレベルが高いです。ヘルメスのドラマチックな在り方もいいですね。強い黒から明るさの白まで色味をしっかり感じ、リアリティのある作品になっています。


鏡の中に焦点を当てた思い切りの良い構図の作品です。コントラストのある鏡の世界と、繊細な調子で描かれた外の世界を丁寧に描き分けたのが伝わってきます。シンプルな構図と丁寧な描写の組み合わせで、見所ある作品になりましたね!


手前にある得体の知れない物体が絶妙なバランスで画面に入り込んでいます。紙や木、遠目で見ると液体のようにも見える、不思議な質感を感じます。地のグレー調がしっかりと画面についていて、ヘルメスは必要最低限の作業できっちりえがけています。

培ってきたデッサン力を活かして自分の世界を作り始めていますね!
これからが楽しみです!!


 2021年12月1日(水)〔基礎科

[油画科]2021冬季講習会カリキュラムAorB お知らせページ

冬季講習会 油画科コース

[AA1]東京芸大前期・[AA2]東京芸大中期のカリキュラム内容につきまして

 

2022年度 東京藝術大学 学生募集要項の内容に従い、

カリキュラムBに決定しました。

 


 2021年11月30日(火)〔学院から , 油画科

2022年度入試 東京藝術大学 学生募集要項が公表されました

広報です。

 

2022年度入試 東京藝術大学の学生募集要項が東京芸大のHPにて公開されました。
昨年と変更した点などがありますので、受験する学部の要項を必ず確認してください。

WEB掲載のみとなりますので、各自ご確認ください。

 

東京藝術大学 美術学部・一般選抜・私費留学生入試

東京藝術大学 美術学部 帰国子女入試

東京藝術大学のHPはこちら


 2021年11月30日(火)〔ニュース , 学院から , 油画科 , 日本画科 , 彫刻科 , デザイン・工芸科 , 映像 , 建築科 , 芸術学 , 先端芸術

基礎科 ビギナーデッサンコース11月後半の優秀作品

こんにちは基礎科ビギナーデッサンコースです。

いよいよ2学期も残りわずか。もうすっかり冬ですね。
寒くなってきましたがアトリエの中はみんな集中してデッサンに取り組んでいます!
それでは11月中盤以降に出ました優秀作品をご紹介しましょう。

「リンゴと発泡スチロール立方体」。画用紙のザラザラの目を押さえ込んだ鉛筆の調子(トーン)にとても拘りを感じます。

鮮やかな鉛筆の調子で力強い作品になっています、玉ネギの細部の描写も良いですね。

自宅から各自持参したモチーフを描く課題。
ウイスキー空き瓶のガラスの質感表現やラベル、キャンバススニーカーのゴムや生地、紐の質感などにも丁寧な観察を感じます。
しっかりと時間をかけて説得力のある作品に仕上がりました。力作です!

 

グレー紙に白と黒の描画材でデッサンをする課題。
カントリーマアムの包装の質感がとてもよく表現できていますね。モチーフそれぞれの対比がよく出ています。

 

栄螺の描写が力強いですね!柔らかいカントリーマアムとの対比もでています。

______

 

「ホールデッサン」

各自、三種のモチーフを選び卓上に配置した後に、円形に切り抜かれた紙(窓)を任意の場所に置き、その中をデッサンする課題です。
構図選びの面白さの発見や、モチーフそれぞれの質感の対比など、画面枠が普段より限定されている分、集中して細密に入り込むことができる課題です。

 

 

 

 

 

 

 

同じ条件の窓でもそこに見える景色がそれぞれで面白いですね!

 

—————

ビギナーデッサンコースは、毎年3学期にも沢山の入学があります。
藝大・美大に進学したいものの、実技の経験がほとんど無い人や、初心者の人にぴったりの入門コースになります。

はじめての基礎 ビギナーデッサンコース

 

冬季講習会でもビギナーデッサンコースを開講します。
初めての人にも丁寧に実技導入しております、是非ご参加ください!

冬季講習会 基礎科


 2021年11月30日(火)〔基礎科

基礎科 日本画コース 石膏デッサン!

こんにちは、基礎科日本画コースです!

基礎科では受験科の彫刻講師を招聘して「二学期は立体意識を学ぼう!」というコンセプトで今学期は実技に取り組んできました。
その流れの中で日本画コース生から良い石膏デッサンが出てきています!

今回は石膏ガッタメラータのデッサンに取り組みました。

いつものように講師も一緒にデッサンしています。

 

東京藝大日本画専攻在学中のKaito先生、3.5時間の仕事です。

間近でハイレベルな実技を観れるのはとても贅沢!
どんどん吸収していきましょう。

 

 

では生徒の作品を見ていきましょう。

光の設定など明快なデッサンです。明るい領域の表現が意識されています。

力強いデッサン。時間をかけてここまで描けたことは今後への自信に繋がりますね。

 

ガッタメらしい動きを感じます。石膏を取り巻く空間への意識もされています。

 

石膏像の印象が良いですね!細部の追い方、描き込みなども臨場感がある力作です。

 

東京藝大日本画専攻の入試一次試験では例年石膏デッサンの出題が多く制作時間も12時間でハイレベルな戦いとなります。
一次突破するためにもしっかりと実力をつけていきたいところです。
次のデッサンは冬季講習会、この集中力でさらにレベルアップを図っていきましょう!

基礎科の冬季講習会

冬季講習会 基礎科

 

 


 2021年11月29日(月)〔基礎科

札幌大谷高等学校 美術科 第33回卒業制作展のお知らせ

北海道 札幌大谷高等学校 美術科 第33回卒業制作展のお知らせが届きましたので、ご紹介いたします。

お近くの方は、是非力作をご覧になってはいかがでしょうか。

会期:12月14日(火)〜19日(日) 10:00〜19:00(最終日16:00まで)
会場:大丸藤井セントラル 7階スカイホール

札幌大谷高等学校のホームページはこちら

展覧会の成功を祈っています!


 2021年11月29日(月)〔学院から , 中学生 , 展覧会のお知らせ

🌞11月28日 中学生科です🌞

こんにちは🌞中学生科の杉山です。今日は11月最後の授業です。私は本日をもって退職の為、最後の指導&授業となります🥲

さてさて、本日のモチーフは、、、

 

 

こちら💪☺️☝️

紅茶缶と木材角棒、ビニール袋に水

謎に中村先生が持ってくれました。ビー玉と紙テープ、サザエ、立方体(発泡スチロール)

なかなか難易度が高めですね。水の現象やサザエの質感が今回の課題の肝。

 

 

サザエの質感追うばかりで立体感無くなってないか、水が入ってるように見えるか、よく観察して見ましょう!

 

 

 

本日の優秀作品

 

 

 

続いて、、、

 

こちらは女子美対策勢

みんなこれでもか!?というほど加筆してます。色を大切に思いながら筆を走らせてみよう。

 

来月で2021年も終わりますね、、、年末から冬季講習が始まります。

まだ時間はあります、気を引き締めて行きましょう!


 2021年11月29日(月)〔中学生

2021年度 冬季講習会・入試直前講座 申し込み状況

定員になりました

定員残りわずか

冬季講習会

【油画科】
・前期 AA1『東京芸大 前期』
・中期 AA2『東京芸大 中期』
・中期 AB2『高校生のための私立美大 中期』
・後期 AB3『高校生のための私立美大 後期』

【日本画科】
・中期 BB2『国公立美大・私立美大中期』
・後期 BB3『芸大着彩写生 後期[一人一卓] 』

【デザイン科 芸大コース】
・前期 DB1A『芸大デザイン総合 前期 石膏デッサン』
・前期 DB1B『芸大デザイン総合 前期 構成デッサン』
・中期 DB2A『芸大デザイン総合 中期 石膏デッサン』
・中期 DB2B『芸大デザイン総合 中期 構成デッサン』

【デザイン科 私大コース】

・前期 DW1『夜間武蔵美大・多摩大 立体・空間系 前期』
・後期 DD3『多摩美大 グラフィック 後期』

【基礎科】
・中期 TI4『デッサン 中期Ⅱ』
・中期 TC4『彫刻 デッサン強化 中期Ⅱ』
・中期 TE4『工芸 デッサン強化 中期Ⅱ』

※ 定員に達した時点で締め切る場合があります。お早めのお申し込みをお勧めします。


 2021年11月27日(土)〔ニュース , 学院から , 講習会 , ■告知

基礎科 2学期後半の専門課題_彫刻コース・油画コース篇

こんにちは基礎科です。

2学期最後の専門課題週間が始まりました。
専門課題とは、各専攻コース独自の課題のことです。
(油画コースは静物油彩、彫刻コースは粘土塑造、日本画コースは水彩による静物着彩、デザインコースと工芸コースは平面構成や立体構成など。すいどーばた基礎科では、高校1、2年生のうちから本格的な専門課題に取り組んでいくことができます!)

では各コースの様子をご紹介しましょう!

◯彫刻コース
石膏ジョルジョの頭部の水粘土による模刻に取り組んでいます!

先ずは芯棒制作から始まります。

彫刻コースでは粘土の塑造や模刻では基本的に芯棒をいれるそうです。
(デザインや工芸の立体構成では滅多に入れません)
芯棒があることによってより空間構成の可能性が広がりますね

芯棒は、塑造板にビス留めした金属製アングルに木材(垂木や小割り)をシュロ縄で巻いて締めて作っています。
ノコギリで木材を切ったり簡単なホゾを組んだり、、木工作業ですね。

シュロ縄は濡らしておいてしっかり締めておかないと制作中に緩んだり粘土の重さで落っこちてしまっては大変!

ジョルジョは首の出かたの傾きや動きが結構ありますので、垂直の芯棒をどこに通すのか難易度高しですね〜
芯棒の段階でもデッサン力が要求されます。

最初は隙間が無いようにしっかり粘土を芯棒につけていかないといけません。

実際に模刻をしてみると、傾きや動き、面や量、陰影(凹凸)の深さなど実感できますね。
この経験はデッサンする上でも絶対に役に立つはずです!

 

◯油画コース

アトリエに行くと何やら、何かが走るモーターの音が。。。

 

課題「旅をテーマに描きなさい」

油彩で画面サイズはF20号です。

この課題では、構図や演出について考えたり、各自で撮影した写真や資料などを用意して場所の設定などにも拘り制作します。

制作時間中、列車はずっと走って旅をしています。

この課題は2週間の制作です。
講評会にはどんな景色が出てくるのでしょうか?
作品が楽しみですね。

今週も頑張って行きましょう!


 2021年11月22日(月)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別