ニュース

SAS最新ブログ

<台風14号への対応について>

<台風14号への対応について> 

 

9月18日(土)の授業は平常通り実施する予定となっております。

お住まいの地域や通学路線によって状況が異なりますので、情報を確認し、各自の判断で無理をせず安全を優先した登校をお願いします。

変更となった場合は学院ホームページにてお知らせいたします。

尚、台風、地震などの天災による休講の場合、原則として補講や振替授業は行いません。

ご了承ください。


 2021年9月18日(土)〔■緊急告知(トップスライド上) , ニュース , 学院から

基礎科 細密デッサン!

こんにちは、基礎科です。
2学期2週目、専攻コースでは細密デッサンに取り組みました。

モチーフ「栄螺とビー玉」


栄螺は表面の質感の描きごたえあるモチーフです。
ついつい表面に目が行きますが螺旋構造の軸や成り立ちなども意識もしたいところです。
対照的にビー玉は光の屈折による独特の影やツルッとしたガラスの質感など、栄螺との対比を意識しながら描けたら良いですね。

 

藝大日本画専攻在籍中のH先生が、質問に答えながらデモストをしてくれました!

ソーシャルディスタンスを保ちつつもデモストをライブで見ることができます!
「今はどんな作業をしているのですか?」などと質問も出ました。

固有色に惑わされすぎずに面の向きの違いに合わせて明暗の調子をつけていっています。

 

 

 

生徒の制作時間の半分の約3時間で描いてくれました!流石です!

 

生徒の優秀作品をご紹介しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現物は1号館エントランスギャラリーで展示してます!
学内生は見に来てね!

 


 2021年9月17日(金)〔基礎科

基礎科  〜ジョルジョと共に見ていこう〜 各コースデッサン課題もスタート!

やあみんな!おれは素晴らしい彫刻が故に複製され沢山存在するジョルジョ像の中のひとつだ。

今日は基礎科のモチーフとして過ごさせてもらってるぜ。

しかし、涼しかったり暑かったりと気温の安定しないこの頃ですね。

洗濯物も乾かない日があったりして・・・て違う!!

そんなこと言いたいんじゃないんだろう?

2学期が始まってビギナーコースは昨日ブログが上がったから、今日はそのほかの授業風景をお届けするんだ。

お、お前は素晴らしい彫刻が故に複製され沢山存在するジョルジョ像の中のひとつその2!!

そうだ目的を忘れてはいけない。今日は短い制作時間の中健闘した作品も紹介するのだ。

素晴らしい彫刻が故に複製され沢山存在するジョルジョ像の中のひとつその3!!

早速見ていこうじゃないか。

その4!!こっち向いてくれ!!!

というわけで2学期最初の課題は我々ジョルジョ像のデッサンだ。

1週課題だったので潤沢な時間のあった夏季講習と比較するとなかなかタイトな制作期間だったが、

故に描き出しの仕事、大きな明暗やシルエットの印象などを重点的に見ようという目的で臨んだのだ。

自分で言うのもなんだけどドナテルロの名作だね。みんなニンジャター◯ルズ見てた?

(※石膏像ドットコムさんのブログ記事なんかを読むと参考になるよ!)

これは先生が指導してるところ。

我々ジョルジョは全身像が存在しているのでそれを知っていると動きや傾きがわかりやすかったりするな。

角度によって傾きの印象が絶妙に変わって見えたりするからな。

 

さあここからは健闘したデッサンをいくつか見ていこう!

凛々しい表情と形の目立たせ方がジョルジョらしく空間に馴染んできているね!

悩ましげにも見える表情と首のシルエットがらしさを感じさせるな。

繊細なタッチの石膏らしい形態感が神経質にも見える我々の印象とマッチしているぞ。

奥行きやシルエットに対するしっかりした意識を感じるね!

ふんわりしたタッチで光の状況、空間を感じさせられる一枚だな。

 

全体に少し制作時間に対して急いで描きに行った感はあるからその辺りはもっと落ち着いて描き出しの仕事に集中していけるとよいが、

短い時間でここまで組み上げられるようになったのは2学期までの取り組みの成果だな。

そして平日5日クラスは月、火曜×2週でマルスと黒ビニールのT.M.◯evolutionみたいな課題に取り組んだよ!

顔が見えない分バランスよく全体の印象を追いやすいというのと、色味の大きく違う組み合わせで色幅も出しやすいね。

こちらからも健闘作品が!

首がまっすぐ立っちゃった感はあれど、黒ビニールが落とす影を拾って首周りの空間が生まれていていいね!

ビニールのハリ、反射感がよく捉えられているな。

腕の断面の影の黒さとビニールの固有色がもつ黒さもきちんと差が出ていてるね!

固有色の差が一番はっきりと表現されている一枚だな。奥行きも出ていて空間性があるな。

 

というわけで2学期スタートの各デッサン課題でした!

5日クラスは日数も多いが課題数もその分多くこなせるのが魅力的だな。

しかし日数には差があれど取り組む姿勢に差はないぞ。

そうだそうだ!結局最後は本人次第だね!

引き続き皆の頑張りに期待しているぞ!

その4は最後までこっち向いてくれなかったけどみんなまたね〜!


 2021年9月15日(水)〔基礎科

基礎科 2学期スタートしています!!ビギナーコース、いいアジ出てます

こんばんは、基礎科です!
皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしたか?
9月に入って、だんだんと涼しくなってきましたね。秋の訪れを感じます。

さて、基礎科も夏休みが明け2学期が始まっています。
今回は、ビギナーコースの今週の課題と、本日の優秀作品をご紹介します。

今週の課題のモチーフは、アジの開きとガラスのキューブです。

これらを机上にセットしたり、構成デッサンのように配置したり、自由に扱って描いていきます。
この時のポイントとして、最初に行うエスキースがとっても重要になります!
画面内にモチーフを構成して描く場合、モチーフと背景の隙間の大きさや、白と黒の色味のバランスなど最初のうちにしっかり決めておくと描きやすくなります。
また、モチーフを見たときに魅力的に感じたところや、描きたい!と思ったところをスケッチしたり写真を撮ったりするのもおススメです!

アジとガラス、それぞれのモチーフの特徴をじっくり見たり触ったりして確認しましょう!

次に、今日出た優秀作品を見ていきましょう。


↑発泡スチロールの立方体の細かい傷やりんごの模様など、しっかり観察して描かれています。奥に向かってふわっと消えていく感じが、モチーフのまわりの空気感を演出してますね!


↑レンガに立てかけられているスコップ、というモチーフ同士の関係性がうまく描けていて良いですね!モチーフそれぞれの固さも伝わってきて、気持ちのいいデッサンになってます。

2点とも質感や固有色の描きわけがうまくできていて、デッサンの基本的なポイントはばっちり押さえられています!

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気候の変化に気をつけて2学期もモリモリ頑張っていきましょう!!


 2021年9月14日(火)〔基礎科

武蔵野美大 映像学科 感覚テスト対策SP(オンライン)

武蔵野美大映像学科の「一般選抜・感覚テスト」の対策を行います。

11月の3週に渡り、試験科目となる感覚テストで求められているポイントと具体的な実践法を学んでいきます。オンライン授業となりますのでどなたでも受講できます。

 

「感覚テスト」とは...

一般選抜において必須科目となる、絵と言葉を用いて作る表現課題です。感覚テストでは絵や文章の巧拙以上に、課題から独自の映像イメージを想起する力とそれを魅力的に伝えるための演出力が問われています。また、感覚テストの得点が合否の鍵となっており、すいどーばたの映像科から21年度入試で合格した生徒の全員が80% (120点) 以上をとっています。

この講座では経験者から未経験者までを対象として、感覚テストの基本から一層のレベルアップに向けたピンポイントな指導が受けられます。

日程

Ⅰ期:11月9日(火)・10日(水)・11日(木)
Ⅱ期:11月16日(火)・17日(水)・18日(木)
Ⅲ期:11月23日(火)・24日(水)・25日(木)
全3期 18:00 - 21:00(オンライン)

受講料

16,000円/期
*1期から受講可能

用意するもの

鉛筆、色鉛筆、パステル、B3画用紙、エスキース帳、定規

参加方法

参加日の7日前までにHPから申込みを行う。※google meetを使用します。

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、変更・中止をする場合があります。

▼ 重要事項です。
受講される方は必ずご確認ください ▼

受講のための条件

  1. スマートフォンに加え、タブレットあるいはパソコン(カメラ・マイク・スピーカー付き)を持っている。
  2. メールでのやり取りが可能である。
  3. Googleのアカウントを新規取得することが可能である。(無料・取得方法はメールで送られる)
  4. 通信制限を気にしなくて良い環境がある。

 

授業では主にGoogle meet、Google Classroom、Google Driveを使います。インターネットを使って遠隔地にいる相手と映像と音声でコミュニケーションをし、データの共有が可能なGoogle社が提供しているアプリケーションです。各自が持っている端末にアプリケーションをダウンロード(無料)されていれば、簡単に相互通信が可能となります。
App store・Google playからダウンロードできます。

受講までの手順

~7日前
すいどーばたHPから申し込みを行う。(申し込みはWEBからのみです)
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を入力してください。
※申し込みは準備の都合上、受講コース初日の7日前までとします。
※定員になり次第募集を締め切ります。
申込後
申し込みフォームに記載されたメールアドレスに「オンライン授業の手引き」が送信されるので、よく読み準備をする。
※メールはeizou_online@suidobata.netから送信されます。必ず受信できるようにしてください。
~受講コース初日の開始10分前
受講コース初日の開始10分前までにガイダンス参加用のGoogle meetのURLが送られる。

 2021年9月14日(火)〔募集中 , ニュース , 学院から , 映像

2021年 全国公開実技コンクール 申込み受付中!

1985年から続いている「すいどーばた」の全国公開実技コンクールです。
30余年の伝統に裏打ちされた信頼性の高いコンクールは、
毎年多くの受験生にとって合格レベルの把握に大変役立っています。

実施期間


油画:    10月17日(日)
日本画:   11月13日(土)・14日(日)
彫刻:    10月16日(土)・17日(日)
工芸:    10月30日(土)・31日(日)
デザイン:  10月24日(日)/11月6日(土)・11月7日(日)
映像:    10月24日(日)
建築:    10月31日(日)/11月3日(水・祝)
       ※建築科 実施要項についてはこちらをご覧ください
先端芸術表現:11月6日(土)

会場

本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)
※先端芸術表現科は目白アトリエ(住所:東京都 豊島区 目白 3-16-16)

*新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、政府および東京都の要請に従い変更・中止をする場合があります。
*当日ご参加いただく際のお願いがございます。必ずこちらをお読みください。

申込方法

申込書に必要事項を記入の上、参加費用を添えて受付窓口に提出してください。手続き後、受講証をお送りいたします。

申込用紙(印刷用PDF)
■ パンフレット(PDF)を見る

■彫刻科特別リモート講演会チラシ(PDF) 

WEB申込みはこちら


 2021年9月13日(月)〔募集中 , ニュース

中学生科も後期が始まりました!

久々の授業ですね✊

自主練していた子はさらなる高みへ🥺❗️

久しぶりの子は感覚を取り戻す🥺❗️

そんな1日になったかと思います🥺‼️

本日はS先生による、素晴らしいデモンストレーションがありました👍❗️(しかも2枚)↓

デモスト①
デモスト②

皆さん力作揃いでよく頑張りましたね✊

それでは今日の秀作を紹介します↓

生徒の作品です!

構図を組む段階から計画的でよく描けましたね❗️

後期も頑張って行きましょう❗️


 2021年9月12日(日)〔中学生 , 未分類

髙澤学園: 2回目新型コロナワクチン集団接種を行いました。

8/30(月)にすいどーばた美術学院と姉妹校である創形美術学校の教職員希望者全員を対象にした新型コロナワクチン学園接種の二回目を実施し今回の学園接種を無事終了することができました。

髙澤学園では今後も引き続き感染症対策に努めてまいります。

 

当日の様子


 2021年9月6日(月)〔ニュース , 学院から

[デザイン科・工芸科]土曜構成講座・日曜デッサン講座 受付中!

工芸科・デザイン科 土曜構成講座

土曜構成講座は、普段昼間部に通えない現役生や、外部の学生の皆さんに門戸を開いた講座です。
昼間部の土曜日の授業(1日完結)に一緒に参加し、実技の技術や知識を身につけていく講座になっています。

期間

▶︎料金やお申し込み方法はこちらをご覧ください。

 

工芸科・デザイン科 日曜デッサン講座

[東京芸大工芸科・デザイン科/私立美大デザイン科対策]
日曜デッサン講座では、芸大デザイン科一次試験(石膏デッサン選択者)、工芸科の一次試験で出題されている石膏デッサン、芸大デザイン科の一次試験(構成デッサン選択者)、多摩美グラフィックや多摩美プロダクト、武蔵美視覚伝達をはじめ多くの私立美大で出題されている、手を中心にした想定デッサンの両方に対応した講座です。

期間

内容

石膏デッサン または構成デッサン

▶︎料金やお申し込み方法はこちらをご覧ください。


 2021年9月6日(月)〔募集中 , デザイン・工芸科

基礎科 夏季講習会最終課題_優秀作品

こんにちは、基礎科です!

今日が夏季講習の最終日でした。

夏の暑さやコロナの感染者が急増する中で色々と大変だったと思いますが、皆さんは大変良く頑張ったと思います。お疲れ様です!

沢山学んで、刺激的な夏休みになれたのではないでしょうか。

これから夏季講習最後の優秀作品を紹介していきます!

 

 

日本画コース 静物着彩

土の描写の描き分けで手前奥の空間が出ているのが良いですね〜。

全体感、その中でも平面がきちんとつながっている感じがとても良いと思います!

モチーフ全体にさす光と個々の質感の描き分けが魅力的です!

 

 

油画コース 静物油彩

次に油画コースの優秀作品を紹介します!

油画コースでは石膏(ラボルト)×2、F15の木枠、サテンとパプリカ(赤と黄色)がモチーフで、「遠近をテーマに描きなさい」がテーマでした。

光が綺麗な作品ですね。ライティングを上手く工夫することでダイナミックな絵になっています。

また、寒色を利用したパプリカの暖色とのコントラストが素晴らしいです。

遠近もアトリエの天井や床を描くことで表現されていて、空間が広く感じる作品です。

 

不思議な雰囲気が印象的な作品です。寒色と暖色のコントラストが自然に表現されていて、

全体的に色彩のトーンに温かみがあります。またパプリカの影の形が工夫されているところがポイントですね!

空間もアトリエを描くことや、奥を強く描くことで表現されていていいですね。

背景を黒で埋めて、モチーフを絞ったシンプルな作品です。色や構図のバランスが取れていて、安心して見れる作品ですね。

また、石膏を顎下から描くことで石膏の正体が曖昧になり、不思議な雰囲気になりますね。写真では見えにくいが、

背景の黒を砂で質感を変えたことで画面を複雑にしたことがポイントですね!

 

画面をグレーとカラフルの二つの世界に分けたことが印象的な作品です。イーゼルや木枠、または机の線の入りかたが工夫されていて面白いですね。

また、右下のパプリカの分けて描くことで画面が複雑に見えています!

木枠と石膏のシルエットが綺麗な作品です。遠近は左上に吊らされているパプリカや奥に見える木枠で表現されていますね。

また、パプリカのツルんとした質感やリアリティがある色も素晴らしいです。背景の色をグレーにすることでパプリカの色

を目立たせるこだわりがあっていいですね。

石膏を一直線状に並べることで遠近を表現している作品です。赤の補色である緑をメインの色にしたことで奥の

赤いパプリカを目立たせ、見る側の目を奥に誘導する工夫があって素晴らしいです!また緑を薄く溶き、筆跡を

残すことで、質感を増やしているところも味があって良いですね。

 

デザインコース・工芸コース

次にデザインコースの優秀作品を紹介します!

デザインコースではサザエ、瓶ラムネ、麻紐がモチーフで、「与えられたモチーフを用いて、色彩構成をしなさい。」がテーマでした。

瓶ラムネのガラスの質感やサザエのラフな表面の書き分けがポイントですね!

サザエの思い切った単純化と徹底的な描写の対比がいいですね! ラムネのロゴが効いてる!!

リズミカルな構成が気持ちいいです!麻ひもから落ちる影を絶妙に拾っているのもいいですね!

にじみを使ったサザエの表現が夏の思い出っぽくて、切ない気持ちになります。構成で冒険して描写で回収する良い仕事ですね。

シルエットをうまく使って構成の粗密を作れていますね!

思い切った単純化で、作品が並んだ時に目立っていました!

ダイナミックな構図と清涼感のある描写が気持ちいいですね!

液体ラムネの描写を敢えて平面的にして、サザエの立体的な描写と対比させています!

 

 

デッサンコース

次にデッサンコースの優秀作品を紹介します!

デッサンコースでは、薪束、花器、ハス、石膏(弥勒)、綿がモチーフでした。質感や色の違いを表現することがポイントですね!

下よりの構図と、弥勒の顔の向きを利用して目を綿やハスに誘導させる工夫があっていいですね。

花器や薪束などの質感の違いもよく表現できていますね。全体的に安定感のある見やすい作品です。

黒がしっかり入った、コントラスト強めな作品ですね。モチーフの色の描き分けも上手くできていて、画面にメリハリがあります。

また、縦構図により綿花がのびのびと見えるところも素敵です!

質感を隅々まで追えていて素晴らしいです。石膏の硬さや、南瓜の凸凹な表面に加え、

花器のガラスの質感や透明感が細かく描かき分けられています。また、大きくモチーフ

を入れることで、堂々とした構図になっています。

 

 

ビギナーデッサンコース

次にビギナーデッサンコースの優秀作品を紹介します!

ビギナーデッサンでは蓋付きガラス瓶、リンゴ×3とレモン×3がモチーフでした。

基礎課題のモチーフでリンゴとレモンはよく出されますが、意外と難易度が高いです。そのため、リンゴの模様やレモンの表面の質感の観察が重要です!

全体感をゆったりと捉えているので、空間に柔らかさがあります。りんごの描写も良いですね。

モチーフひとつひとつをシャープに描ききろうという意思を感じます。粘り強く描いていますね。

空間と質感のバランスのよいデッサンです。モチーフ板の微妙な反射もよく捉えて描いています。

 

彫刻コース ヴィクトル・ユーゴーのマスクと布の構成でした。
2つのものの構成でマスクは固く、布は柔らかく変形するので、この2つを組み合わせることで色々な関係を生み出すことが出来ます。
空間、流れ、質感、いろいろな視点で観察してみましょう!

ヴィクトル・ユーゴーのマスクの視線と日よけのように配置した布の関係が面白いですね!

マスクと台の接点をしっかりと追い込むことで構成全体に緊張感が出ました!

布の質感表現にこだわりを感じます。石膏との質感対比も面白いですね!

 

 

夏の講習会おつかれさまでした〜


 2021年8月21日(土)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別