ニュース

SAS最新ブログ

建築・芸術学・映像・先端芸術表現 秋季体験入学を行いました!

 

本日はすいどーばたの建築科、芸術学科、映像科、先端芸術表現科の秋季体験入学がありました!

それぞれの科で何をやっているのかご紹介しますよ〜!

まずは建築科にお邪魔します。何やら光が漏れてる…!

こ、これは…!
アトリエに入ると大きな直方体のオブジェが置かれていました!

普段どばたに通っている生徒はB2サイズの画用紙にデッサン中。鉛筆及び色鉛筆を用いてオブジェを含めた部屋全体の空間を描くとともに、1つだけガラス素材を好きに画面に配置して空間演出せよ、という課題だそうです。
生徒がアトリエの隅っこに寄っていたのはそういう理由なんですね〜!

体験入学者は作品の中間講評兼、建築科の説明中でした。

 

お次は芸術学科です。

あ、ちょっと学校っぽい!

講師による講義の後、筑波大学の過去問に挑戦していました。
「美術作品と物語性について具体的な例を挙げてあなたの考えを述べなさい」

例として「ユダの接吻」などが取り上げられていました。

(これを書いているブロガーももっと講義聴きたかった〜!)

続いては出来立てほやほやの新3号館へGO!
(どばた、広いな〜!)

映像科のアトリエへお邪魔します。

講師の熱心なアドバイス中でした。

武蔵野美術大学の「感覚テスト」に近い課題をやっていましたよ。
絵や文章の上手さより「世界観をどれだけ具体性をもって他者に伝えられるか」を評価される、と仰っていました。

ラストは先端芸術表現科です。

一昨年の芸大の過去問に挑戦していました。
「ある対象を自分で決めて、その対象との関係がより良くなる1、道具 か 2、場を想定しなさい。」
芸大先端ではポートフォリオの提出が重視されますが、その答え合わせ的な要素として入試が課されるそうです。

また、体験入学に来てくれた方には一人ひとり大学や進路全般について個別面談を行いますよ〜!
不安な事があったら何でも聞いてくださいね!

 

今回の秋季体験に参加できなかった方も、すいどーばたでは各科で随時面談、体験を受け付けていますよ。

詳しくはこちらから。

また、冬季講習会の申し込みも受け付け中です。

美術の世界に興味はあるけどよく分からない、というそこのあなた!

まずは体験入学から一歩踏み出してみませんか?

 


 2018年11月18日(日)〔学院から , 建築 , 芸術学 , 先端芸術 , 映像 , 基礎科

基礎科です 専門自由課題講評会をおこないました!

先週から専門自由課題と称して「いきもの」をテーマに自由に制作に取り組んでいます。
11月3日文化の日には上野動物園へ取材をしに行きました。
その時のブログはこちらから↓

基礎科 上野動物園へスケッチ遠足!

毎年恒例となってきているこの課題。普段からそれぞれの科が入り混じって制作を行っている基礎科ですが、今回は画材・素材共に自由ということで更に盛り上がりを見せてくれました。

日本画コースでは通常使う画材は透明水彩絵の具ですが、今回はなんと本物の日本画材、岩絵の具を使っていきます。講師が丁寧に扱い方をレクチャーしました。

大学に入る前からこういったことが出来るのはなかなかないのでとっても良い機会ですね。

他にも様々。工芸コースの生徒が油絵を描いたり、

素材選びによってこんな見え方の作品も。

慣れ親しんだ画材で新しい表現を探って行くのも良いですね。

最後には作品を展示し、みんなで鑑賞しました。

色々な作品が完成しアトリエの中は普段とは違うとても魅力的な空間となりました。

今の時期から自分なりの表現の仕方や作品の見せ方について考えていけるのは素敵なことです。今後の制作にも活かしていけると良いですね!


 2018年11月16日(金)〔基礎科

基礎科講師レクチャー第1弾 吉田朗レクチャーを行いました!

こんばんは、基礎科です。

先日、11/7(水)に基礎科講師レクチャー第1弾として、吉田朗レクチャーを行いました。

基礎科の生徒だけでなく、彫刻受験科の学生も集まってくれました(感謝!)。

30分と限られた時間でしたので、今回は影響を受けた作家等の自作以外のスライドは全てカットして、学生時代の作品から先日撮影した作品まで20年分の作品スライド340枚を一気に紹介しました。

初めてのデッサン。うん、上手くない!!

浪人終盤。まあまあ描けてきたね!!

↓↓ 学生時代の作品 ↓↓

↓↓ 卒業後いろいろ ↓↓

いろいろな時期に考えていたことなど、もっと話したかったのですが時間も限られていて、画像の猛ラッシュとなってしまいました。
作品を通じて自己紹介できたので良かったです。

今後も他の先生方にバトンタッチして続きます!乞うご期待!

 


 2018年11月14日(水)〔基礎科

芸術の秋です!中学生科

こんにちは、中学生科です。

いつのまにか11月、すっかり秋ですね。

今日(11月11日、そういえばポッキー&プリッツの日ですね)も、生徒はモリモリ頑張っていました。

その様子をお届けします!

まずは受験コース。
今回のモチーフは黒が多め。
画面上で強い色になる黒と、透明なビールジョッキの表現のバランスが大事です。質感を手がかりにして描き込んでいきます…

だんだんと、絵を離れて客観的に見る習慣がついてきた生徒が増えてきました。とっても良いことです!

そして女子美対策。
こちらはカラフルなモチーフです。

女子美は短時間で描きあげる課題なので、ポイントをおさえて手際良く進めることが大事です!

見ているとお腹がすいてきそう…

さらに、ベーシックコースではこんな大きなモチーフに挑戦しています!

じゃじゃーん!

ちょっとメキシカン(?)
牛骨がかっこいい!

紫バージョンもあります。
たくさんのモチーフが入り組んでいてなかなか手強いですね〜

千里先生のデモスト姿を撮影したところ、手際が良すぎてブレました。

モチーフのボリューム感を捉えるような描き出し、見習ってみてくださいね〜!

以上、中学生科でした!


 2018年11月11日(日)〔中学生

基礎科 上野動物園へスケッチ遠足!

11月3日「文化の日」来週から始まる自由制作のための取材を兼ねて、上野動物園にスケッチ遠足に行ってきました!

秋晴れに恵まれ、遠足日和。

 

上野の不忍池もすっかり秋模様。

11月ですが、日中は暑くて浅井先生は半袖!

ポカポカ日和で、動物達も気持ち良さそう!

人気のハシビロコウ。カメラに囲まれても動じない強さは見習いたいですね〜

秋の行楽シーズン大変な混みようでしたが、生徒たちはその中でもスケッチに励んでいました!
なかなかこういう機会がないと、本物の動物を見てスケッチをすることがないですね。

我々スタッフも生徒を探して動物園じゅうを歩き回りヘトヘト。
その合間に動物達をパシャり

来週から始まる自由制作はテーマが「いきもの」です。
どんな作品が出てくるかスタッフ一同楽しみにしております!!!

_______________

[ 講師レクチャーのお知らせ ]

基礎科担当の指導スタッフは、各個人でも制作や作家活動を行っています。そんなスタッフの自己紹介・制作紹介を兼ねたミニゼミを時折開催しています。

吉田 朗 (基礎科主任講師)レクチャー
(日時)
11月7日(水)の制作後
PM8:00〜8:30

お楽しみに!


 2018年11月4日(日)〔基礎科

基礎科 平成最後の人物着衣クロッキー

こんばんは!基礎科です。
この3日間基礎科では人物着衣クロッキーを行いました。

実はこの課題昨年も同時期にやっているのですが、昨年の「人物ドローイング」とは違い今年は「人物クロッキー」なんです。
ドローイングとクロッキーの元の意味はなんだ?!と思い英語訳を探すとドローイングは「drawing」クロッキーは「a sketch/a rough draft」となるみたい。なんか日本の美術予備校や大学で使われているドローイングとクロッキーの意味・感覚とは違うように感じます…
少なくとも今回のブログ筆者である油画講師の李の中では、ドローイングは様々な描画材料を用いて実験的に楽しく縛りのない落書き的感覚で取り組めるもので、クロッキーは短時間で対象物の特徴(構造、量感、明暗、流れやねじれ、重心の置かれ方などを含む)を捉えそれをデッサンのように時間をかけて描くのではなく単発的に表すものだと考えています。

授業開始からしばらくして、油画夜間部担当の沼田先生がクロッキーについてレクチャーをして下さいました。

人間の骨格がどのようになっているのかとてもわかりやすく説明して下さっています。

対象物が目の前にいないのにも関わらずすいすいと人物を描いていく沼田先生。やはり多少の知識があるとないのとでは形の説得力が違いますわ!

間違えてみることについてもお話をしていました。実際に描いてみて「なんか違う。」と思ったらどんどん直す。直すときに知識があれば骨の構造とと照らし合わせて間違いを見抜きやすいですが、目の前のものをしっかり観察し構造を理解しようとする姿勢があれば知識がなくとも間違いを正せるはず!

明暗だけを捉えて表してみたクロッキーもあります。

体の構造を理解すれば洋服のシワもなんとなくで描くことはなくなりそうですね◎

基礎科油画出身の奥村先生も参加し生徒と共にクロッキーしています!

モデルさんの休憩時間を利用してそれぞれが描いたクロッキーを壁にどんどん貼っていきました。皆それぞれ引く線の具合も違ければ着目している点も違う。科を越えて互いのクロッキーを鑑賞出来るのは基礎科ならではのことです!受験科に進んだら他科のクロッキーやドローイングを見る機会なんて早々ないですから…なので生徒の皆さん専攻を越えて基礎科内でもっと交流を深めるべき!

そして今回の講評会はいつもとは違い少し特殊なやり方で行いました。

皆アトリエにこの3日間描いたクロッキーを壁に貼って、

先生たちが自分の中のベスト1を選び、

全体の講評で良いと思った点に触れていく!科も違うと気になるポイントも変わってきます。計8人の先生の意見を聞くことで作品の見方も広がるとイイナ!☆

 

 

 

 

 

V(^^)VV(^^)V

そしてそして来週からは、「いきもの」をテーマとした自由制作です!動物園スケッチ遠足に行く人は特に今回のクロッキー課題で培った洞察力を活かしてばんばん情報収集してきましょう!

 

 

 

そして皆さん、島田先生の個展が今原宿のTHE blank GALLERYにて開かれていますよ!こちらも要チェック!
ちなみにレセプションは明日です〜!


 2018年11月2日(金)〔基礎科

避難訓練をしました

こんにちは、広報です。

 

今日は避難訓練をしました。

お天気に恵まれたので、火災時の避難場所に指定している上り屋敷公園までみんなで避難しました。

今日は石膏室から出火の想定で訓練をしました。

 

年に一度の避難訓練ですが、災害はいつ起きるかわからないので、

防災や避難について考える良い機会になったらいいなと思います。

 

みなさんお疲れさまでした!

 


 2018年10月30日(火)〔学院から

基礎科 年に一度のビッグイベント、基礎科デッサンコンクール!!

これ、全員基礎科の先生です。


今回は基礎科一年に一度の特別プログラム、デッサンコンクールです。
専攻、平日&土日など関係なく生徒全員が同じモチーフ課題に取り組み、それを基礎の講師たちが採点し順位がでます。
受験科へ進むと頻繁にコンクールがありますが、試験する緊張感や先生がいない空間で制作を進める空気感を基礎科のうちも体験しておこうということでの今日です。

しかし、先生が・・・


多い。

はじめにも書いたように基礎科のデッサンコンクールは専攻に関係なく取り組みます。
なので先生たちも当然基礎科講師全員が集まります(+受験科からの助っ人先生も!)
もうインフィニティ・ウ◯ー状態ですよ。
何人いるのこれ??

採点表もご覧の多さ。急遽参加決定の先生などもいて、更に採点者増えました。
様々な科の先生たちが採点をしていくのも基礎科ならではですが、これだけの人がジャッジするコンクールもそうそうないと思います。


みんなのためにしっかりジャッジしろよな

しっかりしますよヘルメスさん!!そう今回のモチーフはヘルメス
ざっくりと全員で上位〜下位と振り分けて、そこから各自が持っている持ち点を良いと思うデッサンに投票、採点終了後点数で順位が決まり、同点はそこから先生たちの多数決で決められていきます。
助手さんがしっかりと準備してくれたモチーフ環境、みんなが精一杯取り組んだ実技。我々でダラつくわけにゃーいきません精一杯採点しましたよ!



そんなこんなでみんなが今日までに制作したデッサンを採点し、全体講評。
各科ごとの視点の違いを説明したのち上位者5名のデッサンをみんなの前で講評します。
良いところ、もう少し頑張りたいところ、上位者でもしっかりと講評します。試験はまだまだ先ですからね。
そんな今日の上位デッサンはこちら!

みんな先生のいない状況で自分とモチーフの距離感や魅せ方、頑張って詰めましたね。
ですが、うまいこと実技をまとめてこれた人たち、うまく実技がいかなかった人たちみんな、
本番の試験はまだ先だし、これからもどんどん人それぞれに深まっていくと思います。
コンクールで点数や順位が出ることは「君のクオリティはそんなもんだワッハッハ」と突きつけられる、なんて酷いことじゃなくてあくまで客観的に取り組んでいくためのひとつの要素です。
普段の実技同様、試験の日にいい取り組みができるための段取りのひとつに過ぎません。
更に言うと、この経験を自分でどう活かしていけるかは、ほんとに自分次第です。
コンクールに参加したみんなが今回の機会をいいきっかけにしていってもらえるといいなと思います!

ではでは、引き続き頑張っていきましょー!!


 2018年10月28日(日)〔基礎科

人物画から静物画まで☆中学生科

こんにちは、中学生科です。
先週の人物課題から今週の静物画まで、10月は幅広い課題が目白押しでした。

普段見慣れた先生方をモデルさんとして描きます!

先生も、みんなに見られてるせいか表情が固いですね〜😊

いつも指導してもらっている先生達ですから、よく似せてね!雰囲気も出せるかな…?✨

ベーシックコースでは、『自分の手足を描きなさい』という課題が出ました!

手足は、普段見慣れているだけに、すぐに形の狂いがばれてしまう難しいモチーフなのですが…

なんのその、どんどん手が入って完成度が上がっていきます!

す、すごい迫力ですね…!

みんなの集中力と熱量に、先生も圧倒されています🤣

こちらの受験コースでは、ギラッギラのアルミホイルが出題されました🔥 こんなの描けないよ…と思うものほど、描かないと絵にならないんです!!
みんな頑張って!!

毎週出される色々な課題で、どんどん実力がついてきていますね!いい感じです!✨


 2018年10月28日(日)〔中学生

【どばた彫刻OB.OGの方々へ】

【どばた彫刻OB.OGの方々へ】

この度、彫刻家 中瀬康志氏の講演会を開催します。
この講演会は全国公開実技コンクールの一環として、受験生対象に企画されたものですが、中瀬さんがすいどーばたの主任をされていたこともあり、OB.OGの皆さまに限り開放する運びとなりました。
中瀬さんの講演会を聞ける機会はそう多くはないと思いますので、是非お越しください。

【期日】10月28日(日)13:30〜15:30
【開場】13:15〜(コンクール中のためこの時間より早いご来場はご遠慮ください)

講演会参加希望の方は、必ず下記アドレスまで参加希望の旨、10/27までにメールにてお知らせください。
※座席の都合上、当日参加はお断りします。

info.dobachou@gmail.com

お誘い合わせの上ご来場ください。

すいどーばた美術学院 彫刻科

 


 2018年10月16日(火)〔彫刻科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別