ニュース

SAS最新ブログ

東京藝大の出願がはじまりました!!

こんにちは広報です!
本日1月27日(月)10:00より、東京藝術大学の出願が始まりました!

 

昨年に引き続きすいどーばたでは、学院生・入直生に向けて、PC・プリンターを使用出来るように、ご用意しております。
寮に下宿していたり自宅にPCやプリンターがない方など、是非使ってください。

本館1階事務室に用意してありますので、受付に声をかけてくださいね。

 

お昼休みや放課後は混み合うことが多いですので、少しお待たせしてしまうかもしれません。
なお出願には、センター試験の受験票や、顔写真、メールアドレスなど、各自で予め用意して頂くものも多いです。
まずは募集要項をよく読んで、余裕をもって出願しましょう!

 

出願は2月5日(水)までですよ…!

東京藝術大学WEB出願サイトはこちら

 


 2020年1月27日(月)〔学院から , 未分類

こんばんは。中学生科です!
さてさて、先輩たちが総芸推薦入試中にベーシックコースは模刻をしていました!


むむっ、、、今年はお菓子だけでなく、マスコットやぬいぐるみなどもありますね。来週は、色をつけて完成です!どう変身するのでしょうか!楽しみです😬


女子美チームは1日水彩2枚描きに慣れてきた頃でしょうか、メキメキ描くスピードがはやくなってきてます!


デッサンチームもどんどん腕を上げています…!

明日で都立高校の推薦入試が終わります。本当にお疲れ様でした。
しかしながら、まだ受験は完全に終わっていません🙄最後まで気を抜かず、健康に気をつけて頑張りましょう!


 2020年1月26日(日)〔中学生

総芸推薦入試まで、あと2日‼️

2020年1月24日

総芸推薦入試前にすいどーばたで対策できるのは今日が最後です‼️
試験当日に向けての先生たちからのアドバイスを一部紹介しちゃいます‼️‼️‼️

木藤先生より
なによりも離れて確認‼️
離れて確認しすぎて絵が悪くなったなんて話は聞いたことがないよ❗️

山崎先生より
もう一人の自分になって構図の確認❗️
構図が悪いとどんなに上手でも絵がよく見えないよ❗️
書き出しは心を鬼にして構図を直そう‼️

杉山先生より
トイレにって一呼吸!落ち着いて❗️
一旦目を離して客観的に確認しよう❗️

古谷先生より
緊張するのは悪いことじゃないよ❗️緊張をうまく利用すればいつも以上の力が出せる❗️
ただ、焦りは禁物‼️‼️

吉田先生より
逆境やピンチの時こそ、チャンスだ❗️
そこをどう攻略したかの努力が、絵に深みを与え、唯一無二の作品になるぞ‼️

関口先生より
先生たちだって受験の時は緊張したんだ❗️緊張をうまく利用しよう❗️
みんなここまで頑張ったんだ‼️力はついてる、自分を信じて描いてこい‼️‼️

よーしみんな、頑張ってくるんだぞ‼️‼️‼️‼️
いってらっしゃい👋


 2020年1月26日(日)〔中学生

基礎科 東京藝術大学の卒業・修了制作展が始まるよ!基礎科の先生たちの作品も要チェック!

こんにちは!基礎科です。

今日は以前の展示案内ブログでもお知らせした東京藝大の卒業・修了制作展(クリックでリンク先へ飛びます)が迫ってきているので、改めてそのお知らせです。

基礎科からは今回なんと6人もの学部・大学院の卒業・修了生がいます!

基礎科生で卒制を観に行こう!と思っている人はもれなく全員ぜひ先生の作品も観て欲しいところ・・・なんだけど!

色々な科の作品を一気に見るのって案外一苦労で、まず、東京藝大の卒業制作展では基本的に

卒業生(大学4年生)が東京都美術館で、修了生(大学院2年生)が東京藝術大学の上野校舎内にて展示を行なっています。

美術館も上野校舎も距離は近いので電車を乗り継いで移動、とかはしなくて大丈夫ですが、

美術館の中の地下、一階など各フロアごとに各科の卒業作品たちが、そして大学内の美術館や各アトリエなどを展示スペースとして利用し各科の修了生たちが展示をしているのでこれが結構、本当に幅広く展示を見ようと思うとかなりヘヴィーです。これは頭入れておくといいと思いますポイントですよ!

 

その辺りも頭に入れてもらいつつ、ここからは基礎科各コースで卒業&修了となる先生たちをおさらいしておきましょう◎

まずは油画コースから、こちらは卒業生で李睿智先生と五十嵐大地先生が東京都美術館油画ブースにて展示をしています。

 

画像は五十嵐先生の作品!

続いては日本画コース、こちらは卒業生で杉山花先生が東京都美術館日本画ブースにて展示を、そして修了生の齋藤愛未先生が東京藝大上野校舎内にある大学美術館にて展示をしています。

杉山先生はとびらプロジェクトのインタビューも受けているのでそれもチェック!

とびらプロジェクトは東京藝術大学と東京都美術館がアートを介してコミュニティを育むソーシャルデザインプロジェクトとのこと。

様々な科の生徒のインタビューも掲載されているので、そちらも目を通してみるといいかも!🦆

 

続いては彫刻コース、こちらは修了生で笹野井もも先生が彫刻棟3F 3-310,3-311にて展示をしています。

彫刻棟は上野校舎を入って右手の一番奥の方にアトリエがあります。ここ展示中は基本エレベーターが使えないのではじめの方に行けるといいと思います、結構疲れます 笑

 

最後にデザインコースから学部4年で鈴木笑理先生が東京藝術大学内、総合工房棟3F プレゼンテーションルームで展示をしています。

基本的に学部生は東京都美術館にて展示ですが、鈴木先生は素材の都合上修了生と共に大学内での展示になっているとのこと(美術館は展示に於ける規定をクリアしないと作品設置ができなかったりします)。

というわけなのでお見逃しないようにー!

 

ハイ!以上基礎科スタッフ総勢6人の卒業、修了生がいる東京藝術大学卒業・修了制作案内でした!

展示期間は1月28日(火)〜2月2日(日)までの6日間、

時間は9:30 – 17:30(入場は 17:00 まで)ですが 最終日は 9:30 – 12:30(入場は 12:00 まで)となります。

日曜日に行こう〜と思ってるとお昼で終わってしまうので要注意ですよー!💥

 


 2020年1月26日(日)〔基礎科 , 展覧会のお知らせ

石川県立金沢辰巳丘高等学校 卒業作品展のお知らせ

石川県立金沢辰巳丘高等学校の卒展の案内が届きましたので、ご紹介いたします。

どの作品も、この日のために研鑚してきた力作揃だと思います。

足をお運び頂き、力作をご覧になってはいかがでしょうか。
展覧会の成功を祈っています!

金沢辰巳丘高校のホームページはこちらから。

会期:2月28日(金)~3月2日(月)


 2020年1月25日(土)〔学院から , 中学生 , 展覧会のお知らせ

基礎科 手のデッサンやりましたー!

こんにちは!基礎科です。

今回は手と荒縄を組み合わせた構成デッサンでした。

いつもは鉛筆(とか)を持ち様々実技を生み出していく手ですが、今回はモチーフになります。

で、手って描くのよくよく考えるとけっこー難しいですよね。

マンガとか読んでいてもやっぱり手が上手に描けているイラストを見ると「うまいなー!」て思います。

というわけではじめにプリントも配布して手のレクチャーを行いました。

せっかくなのではじめに吉田先生が見に行った展示の紹介なんかもありました。人の感想を聞くのもまた面白い視点ですよね。

そういうわけで手のレクチャーをして・・・

みんなも観察して・・・

って、面白いですよねいっつも一緒にいるというか、自分の一部なのに改めて見るとたくさんの発見があるわけですから。

まあ言ってしまえばそれは他のものでもそうですが・・・改めて絵を描くって単純ですけど、世界を広く知覚できる一つのツールでもあるわけですね。

 

というわけで今日の優秀作品!

大迫力の構図に負けない大迫力の描写で手という形の持つ魅力が溢れていますね!

生命感溢れる一枚です。

講評前に聞いたら描き込みまで間に合わないと心配していましたが、絵として構図や空間の魅力があって手の表情も無理のない鉛筆運びなので、

そういう意味ではちゃんと出来上がっている一枚だと思います!

このカッコイイ言い切りができていれば、あとは時間が許す限り描き込みしていけばいいわけですもんね。

荒縄の先端部分を活かした立体的な見せ方や手と荒縄の画面へのいれ方などかなりうまいこといっていますね。

実力十分見応え十分です!

ここからは土日クラスからもでた追加作品です!

各指の表情がリアリティあっていいですね!小指の手前から奥の立体感、そして手のひらの皺などの表情がとっても魅力的です。

シンプルながら面白い構図で荒縄もうまく使って一見手に見えないシルエット感が魅力的ですね。

炭が中心に集まっていくコントロールも効いてます。

そしてこちらは少し久々に油画受験科から沼田先生が来てくれて一発描いてくれました!

巨匠たちのような見事な情報量と印象質感の一枚、カッコイイ!!!

 

今回は紹介できなかった多くの作品もかなりイイ感じでした!手のデッサン自体は機会が少なかったはずですけど、

みんなしっかり一つ一つの実技から吸収して観察力と描写力を高めているという証拠ですね。

この調子で頑張っていこう!🔥


 2020年1月24日(金)〔基礎科

東京都立大泉桜高等学校 卒業制作展

大泉桜高校から卒業制作展の案内が届きましたので、ご紹介いたします。

どの作品も、この日のために研鑚してきた力作揃だと思います。

足をお運び頂き、力作をご覧になってはいかがでしょうか。

 

展覧会の成功を祈っています!

 大泉桜高校のホームページはこちらから。

会期:2月7日(金)~2月13日(木)

 

  


 2020年1月21日(火)〔学院から , 展覧会のお知らせ

2020年1月19日、こんばんは、どばた中学生科です

今日は総芸推薦入試前最後の通常授業でした!


1日2枚も描きましたが、いつも以上に気合入ってる様子でした

入門課題の講評風景

大泉、埼玉の対策の講評風景

女子美対策

ベーシックコースは2週にわたり囲み課題

講評会では、講師のみなさん試験にむけてのためになるアドバイスをたくさんしてくれましたね。そのことを試験当日思い出しましょう!
今日が試験前最後だった生徒のみなさん、試験がんばってね〜 すいどーばた中学生科講師一同、応援してま〜す📯


 2020年1月19日(日)〔中学生

入試直前講座四日目

年が明けて十八日。センター試験が始まり、中学生もいよいよ試験シーズン到来です。

この試験前の夜間での授業は日曜日の通常授業より時間が短いのが特徴です。
四日目にもなると時間にも慣れ、クォリティーの面でも時間配分もとてもよくなってきています。ですが最初の時間帯で床の面、パース、構図などが疎かになると後半どれだけクォリティーをあげても違和感が目立ち、とても残念な事になるので、いつも言われている事を思い出して実践してください。(離れること。客観的になること。)

毎年この時期になると絵は格段に良くなります。それは今までの日曜日や講習会で沢山描いてきたからです。枚数にしてみればこんなものかと思うかもしれません。たかが枚数、されど枚数です。そしてもっと大切なのは試験本番の一枚です。今まで描いてきた事に自信を持ってください。

明日は日曜、朝から授業です。


 2020年1月18日(土)〔中学生

基礎科 3学期最初の課題は2週続きで静物デッサン+先端・建築・映像科の説明会!

今週の基礎科は盛りだくさんの内容でした!
課題は前科合同で静物デッサン。その後、先端、建築、映像科の先生を招いて説明会が開かれました👨🏻‍🏫

まずは静物の課題。
お面が印象的ですね🐭

量も多く、白いものから黒いものまで、質感もそれぞれ違う、、と難しいモチーフでしたが、よく食らいついて描けていました!よかった作品をいくつか紹介したいと思います。

↑とても雰囲気のある絵です。空気感が良いですね。

↑ 力強く描いています。壺の存在感が良いですね。

↑それぞれの質感の描き分けがきっちりできています。ブロックの描きこみが良いですね。

↑木炭のざらつきを活かして描いています。光が綺麗です。

 

ビギナーコースからもいい作品出てます!

 

土日・日曜クラスからもよい作品が出ました!

 

 

 

 

 

 

課題の講評が終わると、先端芸術表現、建築、映像科の説明会です!

・先端芸術表現科
受験の話、卒業後の話はもちろん、おすすめの作家や作品の紹介まで、幅広く先端について聞くことが出来ました。

・建築科

建築は工学系の大学でも専攻がありますが、美大の建築ならではの強みなど、深い話も聞くことが出来ました。

・映像科
大学の紹介から、興味深い映像作品の紹介まで、
映像科を身近に感じられる機会になったと思います。

知ることは、必ずしも直結はせずとも、周り巡って自分の力になります。
専攻が決まっている生徒もそうでない生徒も、視野を広げることができたのではないでしょうか。

基礎科では定期的に各科の先生を呼んでレクチャーを行なっています。

なんでも参考にしてみんなも良い時間にしていきましょう!


 2020年1月17日(金)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別