ニュース

SAS最新ブログ

基礎科_各科紹介【工芸編】

こんにちは、基礎科です!

先日行われた東京藝大の彫刻科と工芸科の紹介レクチャーのブログ第二弾です。

前回は彫刻科レクチャーの様子でしたが、今回は工芸科のレクチャーの様子を一部お届けします!

 

 

 

みなさんは工芸科の学生がどんなことを学んでいるか知っていますか!?

「工芸科って聞いたことあるけど、具体的にはどんなことをしているの?」

と疑問に思っている人も少なくないと思います。

工芸科とは、一つの素材を極めていく専攻だと個人的には思っています。

では、藝大の工芸科では具体的にどんな素材を学ぶことができるのか見ていきましょう!

 

 

現在、藝大工芸科では上記の8つの専攻に分かれており、それぞれの研究室で学生たちは日々素材と向き合って過ごしています。

「え!?いきなり専攻にわかれるの!?まだ自分の学びたい専攻なんで決まってないよー😭」という心配は無用です!

学部一年生の間にそれぞれの専攻の素材に触れることができる“ドサまわり”があります。

去年ドサまわりを経験した学生の作品を一部紹介します。

 

 

これはK先生の漆芸のドサまわりの作品です。

流石の模刻力です🍓🍰・・・!!!

 

 

こちらはH先生の木工のドサまわりの作品です。

座面も一から編んで作られているそうです!座ってみたくなる素敵な椅子ですね☺️

 

レクチャー内で紹介したたくさんの作品の中から一部を抜粋してのご紹介でした。

 

このように一年生のうちはいろんな専攻に触れつつ自分の学びたい素材を絞っていく期間になります。

そして二年生から選んだ専攻で素材を扱う基礎を学んでいきます!

 

 

筆者(M)の所属する鋳金専攻では、土間(どま)という広い空間があり、そこで鋳型(いがた:金属を流すための型)を制作し、“吹き”(金属を型に流し入れる工程のこと)を行なっています。

 

 

土間です。土での鋳型制作は子供の頃の砂遊びのようで楽しいです。

 

 

土に埋まっているのは鋳型です。(かわいいですよね✌︎)

こちらはもう吹き終わった状態で、よく見ると金属か冷えて固まっているのが分かるかと思います。

 

 

お次は木工専攻の様子です。

 

 

これはH先生が二年生の時に制作した木工で使用する道具です!(左上)

右の写真は制作中の道具箱がガチガチに固定されている・・・

完成した道具箱がこちら💖

 

 

道具だけでなく、道具箱まで作るとは・・・!驚きです!

 

そして、ガラス専攻二年生のK先生はキルンワーク(窯で型に入れたガラスを溶かす技法)やホットワーク(吹きガラス)の基本を学んでいます🐣

 

 

 

すごく綺麗ですね💙ずっと眺めていたくなります。

 

 

そしてこちらは鍛金専攻のS先生の制作風景。

鍛金専攻では金属板を金槌で叩いて絞っていく技法や、棒材を叩いて制作する鍛造の技法を学んだりします。

 

 

 

 

左はS先生が金属板を絞っているところです。大きい金槌で熱して熱くなった金属板を叩いています!

かっこよすぎる・・・!!!

右は金属を絞る時に使うあてがねの写真です。

S先生の卒業制作がこちら。

 

 

 

生き物たちの表情がキュートですね🐟🐁🦜

 

 

このように工芸科では素材を探求しながら制作できます!

少しでも興味を持ってもらえると嬉しいです。

 

実際のレクチャーでは、専攻ごとの話の他に工芸科で行われている行事などにも触れました。

現役藝大生の制作の様子を知ることができる貴重な時間になったと思います。

 

もっと工芸科について知りたい方は、藝大のホームページや藝大工芸科のインスタグラム等でもたくさんの制作風景が見られますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

レクチャーにご協力いただいた皆様、ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!

 


 2024年5月27日(月)〔基礎科

基礎科_基礎油画コースで昼間部講師によるレクチャーが行われました⭐️

こんにちは、基礎科でっす!

先日、基礎科油画コースにて油画科昼間部の講師によるアートレクチャーが行われました。

今回のレクチャーは、毎日基礎科で行っているようなデッサン力/技術にアプローチする物ではなく、発想力や世界観をどう養うか/資料を自作に取り込む参考例/アートの情報収集の仕方/おすすめサイトの紹介/現在活躍されているどばた出身アーティストの方の1日の生活ルーティーンなどなど、、

受験の枠を飛び越えて(まだ受験生でさえないけれど・・汗汗)、創作活動について幅広く講義していただきました。

 

 

窓に映る皆の眼差しから、真剣さが伺えました。

 

様々なアーティストの作品制作プロセスを紹介したり、映像を見せたり。

 

皆の興味津々な視線に、思わずY田先生の説明にも熱が籠っていきます。

 

ところで、今年度から基礎科の玄関入り口に書籍コーナーができました〜📖

美大・芸大の各科の入学案内や、大学卒業後のキャリアガイド、どばた講師の出版しているデッサンの書籍なんかもあります。

これからまだまだ美術系の書籍を増やしていきますので、学内生の方は休み時間にぜひ利用してくださいね⭐️

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

基礎科では、全コースで初めて実技を取り組む方や初心者に向けて丁寧に画材説明含めた導入を行なっています。
興味はあるのに実技未経験で及び腰になってしまっている方、迷っている方、この春から新たな一歩を踏み出してみませんか?

↓ 詳しくは下記よりご覧ください!

 


 2024年5月27日(月)〔基礎科

基礎科_石膏アラカルト〜優秀作品紹介

こんにちは、基礎科です!

今日は石膏デッサンの優秀作品を紹介します🌞🍊🌞🍊🌞🍊

単体の石膏像だけでなく、組みモチーフや全身像の石膏像などバリエーション豊かなモチーフでしたが、それぞれ食らいつきの良いデッサンが並びました!

 

それでは見ていきましょう👀🌱

 

手前と奥の差がよく表現できています!迫力がありますね👀❗️❗️

細部まで描き込まれていて素晴らしいです🌟

 

陰影の強弱を強く表現することで、色によるエリア分けを上手く使った画面構成ができています👏

作業が丁寧で、光や影を感じられる美しい作品になりました!

 

グレーの色調の中で複雑な変化をつけられています👏  観察も丁寧で、空間を感じられる綺麗な作品です🪞✨

 

陰影の変化をよく観察できていて好印象です🌸🫧  体の動きも大きく捉えられていて迫力があります!!

 

強い暗さを扱えていて、締まりのある良いデッサンです🐟  大きな動きや量感を捉えていてカッコイイ💪✨

 

炭の扱いが上手い!!柔らかく扱いながら、細部の描写も丁寧です🌟  像の動きもバッチリですね👌

 

白くて綺麗な石膏像が描けています🦢✨光が上から下にかけて徐々に弱くなる表現が目を引きます!

 

難しい動きですが、よく捉えられています🙌  鮮やかで強い炭と淡くて鈍い炭の使い分けが潔く、明快なデッサンです✨

 

迫力があり、今にも動き出しそうに見えます❗️❗️

質感もなめらかでありながら、石膏独特のかたさの表現までできていて良いですね👍

 

 

みなさんそれぞれ良い集中力です!!!この調子で駆け抜けましょう🏃🏃💨

 

🌞🍊🌞🍊🌞🍊🌞🍊🌞🍊🌞

 

 

基礎科では、全コースで初めて実技を取り組む方や初心者に向けて丁寧に画材説明含めた導入を行なっています。
興味はあるのに実技未経験で及び腰になってしまっている方、迷っている方、この春から新たな一歩を踏み出してみませんか?

↓ 詳しくは下記よりご覧ください!


 2024年5月26日(日)〔基礎科

基礎科_各科紹介【彫刻編】

こんにちは、基礎科です!

基礎科の高校1年生、2年生を対象に東京藝大の彫刻科と工芸科に関する紹介レクチャーを行いました!

美術系大学に進学したいけど、まだ専攻は決まっていないという生徒の参考になれば嬉しいです!

 

 

 

今日は彫刻科のレクチャーを一部ご紹介👐

 

※本レクチャーの内容は、現役の芸大彫刻科学生と、OBの個人的な経験を元にしたものです!

東京藝大彫刻科による公式の情報は東京藝大のHPをご確認ください👇
https://www.geidai.ac.jp/department/fine_arts/sculpture

 

 

それではいきます!まずは学部4年間の大まかなカリキュラム。

1、2年生で様々な素材、概念に触れる実習を行い、3、4年生では自由に制作をします。

 

 

2019年に卒業した僕(F)が在籍していた頃にはなかった、「概念彫刻」という授業が数年前から追加されたようです!!

ただ物を作るだけが「彫刻」ではないということですね!

 

 

こちらは、現役藝大生のS先生(現3年生)が1年生の木彫実習の際の制作の様子。

 

 

これが完成した作品。スカジャンの虎がモチーフになっているとのこと。

カッコイイ、、、

 

 

同じく1年次のテラコッタ実習でO先生(現2年生)が制作した作品。油絵具や銀箔などで彩色したようです!

 

 

2年次で行う「概念彫刻」の授業では、「彫刻」の概念を拡張して、レディメイド、アクション、インスタレーションの実習を行うようです。

それぞれ現役で活躍されているアーティストなどがゲスト講師として招かれレクチャーしてもれえるとのこと。羨ましい!!

 

 

こちらは3年生の時のY先生(現4年生)のテラコッタ作品の制作途中。ドローイングが壁に貼ってあったり、アトリエ感がありますね〜!

 

 

実際のレクチャーではもっともっと、制作途中の様子や、卒業制作展の作品なども紹介していました!

インターネットで調べても出てこない、現役藝大生目線の情報が知れるのも、講師の数が多いすいどーばた基礎科の魅力です✨

レクチャー資料の作成に作品画像を提供してくれたS先生、Y先生、O先生ありがとうございました!

 

次回、各科紹介【工芸編】もお楽しみに〜


 2024年5月24日(金)〔基礎科

基礎科_石膏アラカルト〜授業風景📷🫧

こんにちは、基礎科です🌟

今日は3日クラスの石膏デッサンの様子をちょっと覗き見しちゃいます!

アトリエ内には、大小様々な石膏が設置してあって、お気に召した石膏を選んで描きます。

 

 

初日は毎度おなじみ講師によるデモンストレーション👏

鉛筆デッサンコーナーは、日本画コースのN先生。

「このおじさんのマスクは、ここで面が切り替わります!」🧑‍🏫

 

エスキースの構図取りも重要ですね❗️❗️

 

 

開始30分時点での画面です!さすが👏👏 すでに全体が見えています!

 

 

こちらは木炭デッサンのデモストの様子。

彫刻コースの講師が  測りながら、説明しながら、 どんどん描いていきます。

 

おぉ〜〜!!

もはやデモストは、どばた基礎科のお家芸と言っても良いのではないでしょうか!?

 

 

 

アトリエには参考作品も置いてあります!

構図や描き込みなど、どんどん参考にしてください!🏃‍♀️🏃‍♀️💨

 

優秀作品紹介はまた後日掲載します!どんな作品が出るか楽しみです!💫💫💫

 

 

 

基礎科では、全コースで初めて実技を取り組む方や初心者に向けて丁寧に画材説明含めた導入を行なっています。
興味はあるのに実技未経験で及び腰になってしまっている方、迷っている方、この春から新たな一歩を踏み出してみませんか?

↓ 詳しくは下記よりご覧ください!


 2024年5月24日(金)〔基礎科

建築科の体験入学 2024年6月

建築科 夏の体験入学 2024年6月16日

体験入学のテーマ

建築科 日曜コースの一日体験

 

体験入学の内容

当科は学齢と志望校によって受講コースを分けており、下記の4コースがあります。
・藝大受験コース(毎週金・土・日 15時間/週)高3以上の藝大志願者向け
・藝大基礎コース:金土クラス・日曜クラス(毎週金土または日曜 7.5時間/週)高2〜1年の藝大志願者向け
・私立美大受験コース(毎週火水木:9時間/週)高3以上の武蔵野美大・多摩美大志願者向け
・私立美大基礎コース(毎週火水木:9時間/週)高2〜1年の武蔵野美大・多摩美大志願者向け

東京藝大の試験対策には比較的多くの時間を割く必要がありますので、高校3年に上がったらすぐに金土日の週三日を実技習得の時間にあてることをお勧めしています。志望校決定は、遅くなればなるほど不利になりますが、部活動や学科対策を優先したいといった事情のある方は、当面、金土や日曜だけでもよいでしょう。まずは実技のトレーニングを始めることが肝心です。

今回の体験入学予定日、6月16日は日曜日ですので、藝大受験コースと藝大基礎コース日曜クラスの受講生が制作をしています。
これを機に私たちの授業に加わり、藝大建築科の受験対策をスタートしてみることをお勧めします。初心者の方も受講できますので、ぜひご参加ください。

当日は、まず、課題の意図や制作手順を説明したのち、課題制作に入ります。おおよそのタイムスケジュールは以下の通りです。

10:00     開場・受付開始
10:30〜 オリエンテーション・課題説明・制作開始
13:00    休憩開始
14:00    制作再開
16:30〜 制作終了・講評(講評後、少し休憩を挟みます)
17:00〜18:30 藝大受験コース/藝大基礎コースの講評会の聴講(正規受講生の日曜の授業時間は10:00〜18:30です)

なお、当日の天候によっては授業内容を変更する可能性があります。お申し込みされたすべての方に、お電話にて、個別にご連絡を差し上げます。

 

体験入学の対象者

高校1年生以上で、東京藝術大学美術学部建築科への進学をご検討中の方でしたら、どなたでもご参加できます。申し込みフォームには「高校生の体験入学」と書かれていますが、既卒者、実技経験者、他の予備校に通学した経験のある方も参加可能です。

なお、以下の大学を志望する方は今回の体験入学をご遠慮いただき、「私立美大受験コース」「私立美大基礎コース」や夏期講習・特別講座をご検討ください(私立美大受験コース・私立美大基礎コースの体験入学についてはこちらからお問い合わせください)。

・横浜国立大学
・武蔵野美術大学
・多摩美術大学

 

当日の持ち物

・昼食(学院の近所にはコンビニエンスストアなどもあります)。
・制作に必要な道具:こちらを参照し、可能な範囲でご持参ください。初心者には、適切に感染症対策を施した上で道具を貸し出します。経験者にも道具の貸し出しをいたしますが、感染症予防の観点から、できるだけご持参いただくのがよいと思います。
・実技の制作経験がある方については、過去に制作したもの(または作品写真)をお持ちいただければ、少し指導を行うことも可能です。当日朝、講師までお申し出ください。
・画用紙:当学院が支給します。
(ご注意ください)当日の天候によっては授業内容を変更する可能性があります。授業内容が変わると持ち物も変わりますので、お申し込みされたすべての方に、お電話にて、個別にご連絡を差し上げます。

 

建築科の進学相談【随時開催】

下記4大学4学科を対象とした進学相談を承ります。受験を検討中の方だけでなく、そのご親族や高校教諭の先生方などもご利用いただけます。
個別にご対応いたしますので、こちらからお申し込みください。

・東京藝術大学 美術学部 建築科
・横浜国立大学 都市科学部 建築学科(総合型選抜)
・武蔵野美術大学 造形学部 建築学科
・多摩美術大学 美術学部 建築・環境デザイン学科

(ご注意ください)今回の体験入学は平常授業に合流していただく形で実施するため、常時、正規受講生への指導が行われており、体験入学参加者への個別相談の時間を設けることができません。個別相談は別の日に設けますので、お手数ですがこちらからお申し込みください。


 2024年5月18日(土)〔建築科

建築系総合型選抜 特別講座 2024年6月

2024年度 建築科 特別講座
総合型選抜・学校推薦の実技試験に完全対応

建築系総合型選抜 特別講座

建築学科の特別選抜には、各校ごとに独特な内容をもった実技試験が課せられています。また、実技試験の対策だけでなく、志望理由書・自己推薦書などの資料作りや、面接試験の対策も欠かせません。本気で合格したいなら、この入試直前講座を受講して万全の態勢で挑もう!

講座の概要

以下の大学の特別選抜の実技試験対策を行います。ご希望があれば、願書添付書類や面接のアドバイスも行います。
① 横浜国立大学 建築学科 総合型選抜「造形に関する思考力・表現力の検査」
② 武蔵野美術大学 建築学科 総合型選抜「表現力テスト」
③ 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 学校推薦型選抜「空間デザイン」
(注)上記以外の大学の対策指導は行いません。多摩美大学校推薦の「企画デザイン」は当講座の指導対象外です。

受講資格

下記大学・下記選抜制度の2025年度入試(2024年秋〜冬実施)の受験資格を持つ方。
① 横浜国立大学 建築学科 総合型選抜
② 武蔵野美術大学 建築学科 総合型選抜
③ 多摩美術大学 建築・環境デザイン学科 学校推薦型選抜(試験科目は「空間デザイン」に限る)

講習期間

2024年 6月4日(火)〜 6月27日(木)毎週火曜・水曜・木曜 18:00〜21:00[3h/日]

 

(注)申し込み期日を過ぎると受付できません。ご注意ください。

カリキュラム

受講生を、立体課題系(横国・多摩美大)と描写課題系(武蔵野美大)の2グループに分けて指導を行います。講座1コースあたり三日間連続の授業です。三日間で、立体課題系は2課題、描写課題系は3課題を実施します。制作後、志望校ごとに60分程度の合同講評を行います。全4回の講座を通して受講すると、立体課題系は8課題、描写課題系は12課題の制作となります。初心者の方には、4回通しての受講をお勧めします。

講習費

申込料 5,000円(申込料には免除特典があります。詳しくは下記「特典」欄をご参照ください)
受講料
① 横浜国立大対策コース(GY1〜4)28,000円 /各1回(3日間)
② 武蔵野美大対策コース(GM1〜4) 24,000円 /各1回(3日間)
③ 多摩美大対策コース(GT1〜4) 28,000円 /各1回(3日間)

特典

下記に該当する方は、申込料5,000円が免除となります。

推薦書を必要とされる方は、右のリンクボタンから[推薦書の書式]をダウンロードし、お手元で印刷してご利用ください。推薦書には所属する高校の教諭や画塾の講師の方の直筆サインと捺印が必要です。

申込

この特別講座にお申し込みされる場合は、下記リンクボタンをクリック/タップして手続きを進めてください。

お申込みはマイページから

持ち物・画材について

画材や授業準備品などに関しては、以下のリンクからご確認ください。
[授業準備品について]

お問い合わせ

授業内容や志望校・出願校に関するご相談は、以下のリンクからお問い合わせください。当科講師からお電話を差し上げます。
[すいどーばた美術学院 建築科 問い合わせフォーム]


 2024年5月18日(土)〔募集中 , 建築科

建築科 受験コース・建築科 基礎コースお申し込み

建築科の受験コースや基礎コースの受講をご希望される方は、以下のリンクからお申し込みください。
【インターネットによるお申し込み】

【ご注意ください】
(1)受験コースは高校3年生以上が対象です。高2生・高1生は基礎コースにお申し込みください。
(2)基礎コースは高校1年生以上が対象です。高3以上の方が基礎コースに申し込むことも可能ですので、週3日間の受講が難しい方は、基礎コースの金土クラスまたは日曜クラスにお申し込みください。基礎コースは高校1年生以上が対象です。高3以上の方が基礎コースに申し込むことも可能です。
(3)受験コースも基礎コースも、一年中いつでも入学が可能です。
(4)入学後にコース変更やクラス変更をおこなうことも可能です。コース変更やクラス変更をおこなう際には授業料の差額納入が必要となります。詳しくは募集要項をご覧ください。
【すいどーばた美術学院の募集要項】
【学費・入学金・授業料など】

部活動などの理由で、いつから受講を開始するべきかをお悩みの方は、建築科までお問い合わせください。
【すいどーばた美術学院 建築科 お問い合わせフォーム】


 2024年5月18日(土)〔建築科

[2024年度夏季体験入学]申し込み受付中!

2024年度夏季体験入学を開催します!

美術、デザインの世界に触れてみたい。
将来はアートの分野で仕事をしてみたい。
でも、どうやって最初の一歩を踏み出したらいいのかわからない。
すいどーばた美術学院は、そんな皆様の「はじめて」を応援、お手伝いさせていただきます。
未経験の皆様。これから美術の世界に進もうとお考えの皆様。

この機会にぜひ、「すいどーばた美術学院」の初心者体験入学にお気軽にご参加ください!

体験の詳細はこちら>


 2024年5月18日(土)〔募集中 , 学院から , 油画科 , 日本画科 , 彫刻科 , 工芸科 , 私大デザイン科 , デザイン科 , 映像 , 建築科 , 芸術学 , 先端芸術 , 中学生 , 基礎科 , 無料体験 , 未分類

基礎科_GW明けは・・・🌷

基礎科です!GWが明けてすっかり通常モードの基礎科アトリエです。休み明けはデッサンからスタート!

5月入学の学生さんはこのタイミングから登校する人が多く、また少しずつアトリエが賑やかになってきました。

 

 

 

5日クラスのモチーフは傘とシャツでした☂️👔

課題初日は構図について説明。とりあえず出されたモチーフを全部画面に収めて描く、は❌🙅‍♀️!!!

まずはモチーフの描きたい場所・表情・状況など、描く狙いを明確にすることが大切です。“なにを描きたいか?”、ではなく“どう描きたいか?”をよく考えること。そういった狙いを表現するにはどうトリミングするのが最善なのか。鑑賞者がその絵を見て何を感じてほしいかを予め考えてから構図を決めましょう。

 

そして完成した絵がこちら!

傘の頭上の“空(くう)”を魅せるための構図。画面の下にシャツが続いてくのが連想できるところで巧みに構図を切っています。

パンっと張ったビニール傘のヴォリューム感もGOOD!

 

 

遮られたビニール傘からクリアに見えるシャツとパイプ椅子が、まるで人の顔を隠すようで良い雰囲気を漂わせていますね。

思わず傘の中を覗き込みたくなる衝動に狩られる絵です。

 

 

 

 

 

🍎🧅ビギナーデッサンコースは実技未経験や初心者向けの入門コースです。画面サイズは専攻コースの約半分B3サイズの画面で鉛筆デッサンをしています。個人のペースで納得がいくまで時間をかけて描けるのもこのコースの良いところ。

休み明けは自然物&人工物の組み合わせの格好良い絵が上がってきていました。

 

 

 

硬質な瓶の質感、ラベルの描写も説得力があります。

玉ねぎの光沢もよく描けていますね!

 

美しい!

発泡スチロールとりんごの固有色がよく表現できています。

 

 

 

パキッとクリアに描けました。床に落ちる幾重かの影のまでよく観察が行き届いていますね✌️

 

 

 

そして突然のイベント。制作の合間にて、芸大デザイン科2年在籍の講師に自身の作品紹介をして頂きました〜。

芸大デザイン科の課題や授業内容についても少しお話いただき、基礎科生は将来、大学でどのようにデザインを学んでいくのかイメージすることができたのではないでしょうか。

どばた基礎科には、様々な科の講師が世代を超えて多く揃っていますから、受験はもちろんのこと、大学生活について、卒業後の生活についてなど幅広く学生に伝えることができます。

受験は決してゴールではありません。むしろそこからがSTART。

 

今年も学生の参考になる楽しいレクチャーやイベントをたくさん行っていきますよ❣️❣️❣️❣️

 

 

 

 

 

 

基礎科では、全コースで初めて実技を取り組む方や初心者に向けて丁寧に画材説明含めた導入を行なっています。
興味はあるのに実技未経験で及び腰になってしまっている方、迷っている方、この春から新たな一歩を踏み出してみませんか?

↓ 詳しくは下記よりご覧ください!


 2024年5月15日(水)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別