ニュース

SAS最新ブログ

中学生科です 後期2日目

沢山の講師に指導されて、中学生のみんなはスクスクと成長しています。

すいどーばたは多くの講師がいて、色々アドバイスを貰えると思いますが…
逆を言えば、講師によって言う事が異なります。

しかし指導の核にあるのは、「絵の描き方には、色々なアプローチがある!」と言う事です❗️
現役芸大生の講師達も、自分なりの方法で壁を突破してきた百戦錬磨のつわもの達です。
みんなにも様々なアプローチ(提案)をして来ますので、是非ピン!と来たアドバイスをやってみてくださいね✒️

今日の生徒作品です


床が安定してますねー


蛇のおもちゃへの愛着を、感じますね


構成へのこだわりを感じます



千里先生が午前午後でデモストをしてくれました
勉強になりますね〜

みんな離れて確認していますね!
どんどん客観的に見れるよう、離れて見てね!

明日からは、これを着彩です🎨↓
ルービックキューブは、こんなに描かないから安心してね☺️

水巻先生とカエル。。。。

授業のあとは、次の授業の準備に励んでおります!

今日もお疲れ様でした!


 2019年8月20日(火)〔中学生

基礎科 夏季講習会後期がスタートしました!

こんにちは☀️いよいよ夏季講習会最後の週がスタートしました!基礎科は今日から2日間石膏デッサンです。
基礎科では夏季講習の間、初めて石膏デッサンを描く生徒や石膏像の見方を確認したい生徒に向けて、毎回デッサンを描き始める前にレクチャーを行なっています。

今日は田所先生が分かりやすく熱いレクチャーをしてくれました!

石膏デッサンでまず大切な構図の取り方や光の捉え方…

ディティールの見方まで…

デッサンを描く上で今後ずっと必要になる意識について詳しく説明してくれました!
是非今日のレクチャーの内容を実践して身につけてくださいね💪

そして杖谷先生が油画科の木炭デッサンの構図をどう考えるか教えてくれました!
まずは基本的な構図の取り方を知った上で、自分ならではの視点や意図を見せる構図を 考えるというステップアップが出来るといいですね!

レクチャーの後は…

木炭と鉛筆それぞれに分かれてデモストをしましたよ〜!

道具の使い方や描き出しで意識することを話しながら描き進めていきます…

島田先生の作品!!👀木炭の色が綺麗…!
闘士のダイナミックな動きがかっこいいですね〜!

 

 

 

夏季講習会ラストのデッサン!
みんなも完成のイメージをもって進めていきましょう!


 2019年8月19日(月)〔基礎科

休校のおしらせ【8月26日(月)〜9月4日(水)】

☆★学院から夏期休校についてのお知らせです。☆★

学院は、8月26日(月)から9月4日(水)の間、休校となります。
(注意)
8月25日(日)PM5:30から9月5日(木)AM8:30までは
学院内への立ち入りができません。

◆受付業務の休業期間
8月26日(月)から9月4日(水)の間
※資料請求および基礎科体験入学は申込フォームより承ります。

◆画材あ~るの休業期間
8月26日(月)から9月4日(水)の間

よろしくお願いします。


 2019年8月19日(月)〔ニュース , 学院から , ■告知

中学生科です!夏季講習の後期が始まりましたー!

こんにちは!皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

後期からは3時間デッサン課題が連続で続きます!!速描きに慣れていこう!
どうすれば、効率よく絵を進められるかな?この夏で絶対ヒントを得られます!!
実際、全日の子達は午後の「描き出し」が明らかに変わってきましたね‼️
いい感じですー。

着彩課題は2日描きです。二日間作品と向き合って、水彩絵の具に慣れていこう。
どんな大作に仕上がるかな! 楽しみだね〜

くれぐれも集中しすぎて水分補給を忘れないようにね。

ビギナーコースも、初日から頑張ってます!


木藤先生がデモストしてくれています!

印象的なところ(光が当たるところハイライトなど)を描くためにはベースになる暗さが必要だ、という事を教えてくれました。
みんなもいっぱい観察して、木藤先生のテクニック盗んでね!

今日から1週間、いい作品が出来るように頑張ろう🍉


 2019年8月19日(月)〔中学生

夏季講習会 後期の始まりです!

こんにちは、広報です!

本日から夏季講習会 後期が始まります。
長いようであっという間の夏季講習会、ラストスパートです!

まずは油画科のアトリエに。
みるみる作品が出来上がってきました。客観視したり、画材を変えたり、積極的に取り組んでいます。

 

続いて、彫刻科はデッサン!
後期もしっかり基本を固めていきます。描いているのはヘルメスですね。

 

日本画科の課題は、ひとりひとりに卓上のモチーフを描いてもらいます。構成も大切になってきます。

 

創形学校で行われているデザイン科(私大)も、負けてません!
熱気に満ちた空間で、平面構成の制作です。

 

そして、中学生コースも難しいモチーフに挑戦していますね!

 

…ということで、すいどーばたでは夏季講習会 後期がついに始まりました!
学生全員が飛躍できる、良い講習会になりますように!

夏期講習会が終了すると、2019年公開コンクールが始まります。
こちらも是非チェックしてみてくださいね!


 2019年8月19日(月)〔学院から , 油画科 , 日本画科 , 彫刻科 , デザイン・工芸科 , 中学生 , 未分類 , 講習会

基礎科 夏季講習中期Ⅱおわりました!!!!

みなさんおつかれさまです。今週は台風🌪の影響で、一瞬暑さが和らいだりもしたけど、基礎科は今週も熱かったですね〜〜🔥

中期Ⅱの後半は各コース、専門課題に取り組みました。

(専門課題とは、各専攻コース独自の課題のことです。)
油画コースは静物油彩、彫刻コースは粘土塑造、日本画コースは静物着彩、デザインコースと工芸コースは立体や色彩に取り組んでいます。すいどーばた基礎科では、高校1、2年生のうちから本格的な専門課題に取り組んでいくことができます。

デザインコース・工芸コースは色彩構成と立体構成に取り組みました。
色彩も立体も、初心者の人がはじめやすいように、学生講師によるデモストとレクチャーがありました〜


色彩ではデザインコース 福田先生と佐々木先生が、イラスト表現と描写のデモストをやってくれました!


点描すごかったよ〜〜〜〜


たかし先生たのしそ〜〜

 


立体のレクチャーもやってくれた〜やった〜〜

工芸コースの坂井先生もサザエの模刻のデモストやったよ〜〜〜〜
サザエは表面の作り込みも大切だけど、軸や構造がなにより大切!!🐚🐚🐚

油画コースは油彩の静物油彩です。


油画コースのモチーフはゴ〜ジャスでたのしそ〜💃🕺


カラフル不思議空間でいいな〜🧚‍♀️


レインボー杖谷先生だ〜似合ってますね🌈🐴

日本画コースも静物着彩です。

高橋先生と川口先生が、参考作品を見せながらレクチャーしてくれました!


川口先生がデモストしてくれました!やった!👊


うますぎてびっくりしちゃうな…

うわーすごーい!お花同士の空間が出てて気持ちいいな〜〜🌷🌹

彫刻コースは白菜とヤシの実の塑造。2課題目はモデルさんのアヒルちゃんが来て、みんなでつくってましたね🐥

お野菜はどんどんシオシオになっちゃうし、葉脈は面の移り変わり、影の入り方とか色の違いが難しいよ〜

アヒルちゃんの塑造!浅井先生が心棒のレクチャーしてました〜

みんながアヒルちゃんをよく観察してるように、アヒルちゃんもこちらを観察しているのだ…

重心の位置をしっかり見極めてこ!

 

今週の夏季講習中期2の専門課題ででた優秀作品をご紹介します。

油画コース

 

 

 

 

 

 

彫刻コース

 

 

デザインコース
テーマ「旅」

 

 

 

 

 

工芸コース
任意の6面体、サザエ、荒縄

 

ここからは今日でた夜間デッサンの優秀作品です。

 

 


 

夏季講習もあと一週間で終わりますね!遠方から来てた人もそうじゃない人も、地元に帰って頑張っていきましょう!!
最後まで講習会をとってる人はあと一息頑張っていきやしょう💪


 2019年8月17日(土)〔基礎科

基礎科 夏季講習会_デッサンコース

基礎科の夏季講習会では全期間にわたって[デッサンコース]があります。
初心者でデッサンから始めてみようと思っている人、将来の専攻を迷っている人、基礎力強化でデッサンを集中的に取り組みたい人など、全国から沢山の講習会生が参加しています。
毎タームの最初に、初めての人や不安な人に向けて構図レクチャーを行い、鉛筆や木炭の削り方から画材の使い方、最初の描き出し方の説明をデモストを交えて行なっています。

 

そんなデッサンコースの様子の一部をご紹介します。

(7/22夏季講習前期1、初日の様子)

木炭デッサンの導入は彫刻コース担当の浅井先生でした。

油画科や彫刻科に興味のある人は、木炭デッサンを選択しています。木炭は描画用に加工された木の枝の炭です。
カッターで削り、種類によっては専用の道具で芯を抜いて使います。紙も木炭紙という専門紙を使います。
消し具は、練りゴムや食パンを使ったりします。先ずは画材に慣れることが大事ですね。

 

木炭の芯を抜く浅井先生

道具説明の後は、実制作の説明です。デスケル(デッサンスケール)や測り棒の使い方も実演しながら解説します。

 

(7/29夏季講習前期2、初日の様子)

この日の木炭デッサン導入は油画コース担当の島田先生

油画コース担当の先生は背景も一緒に描き進めていきます。

皆さん、熱心に制作を見つめています!
どんどん吸収して欲しいと思います。

 

(8/5夏季講習中期1、初日の様子)

東京藝大日本画専攻在学中の高橋先生は、この日の鉛筆デッサン導入担当でした。

デスケル(デッサンスケール)の使い方を説明する高橋先生
デスケルは視線に対して直角に構えます。角度に注意ですね。視点とデスケルを固定して厳密に運用する訳では無いので構図のイメージの確認や目安程度に使うと良いと思います。

 

高橋先生のデモスト。陰影の調子がとても綺麗ですね!ハイレベルな実技を間近で見れるのは大変良い経験になリます。

 

 

(8/7夏季講習中期1、2課題目初日の様子)

夏季講習会から基礎科講師になった新人、東京藝大油画在学中の神垣先生が木炭デッサンを描いてくれました!

 

 

 

木炭は本当に黒が綺麗な描画材ですね!石膏の淡いハーフトーンと背景の黒の対比が美しいです!

 

 

(8/9夏季講習中期1、3課題目初日の様子)

夏らしいモチーフです。でも浮輪に沢山の模様とビニールの質感の現象が複雑だったりと初心者には難易度高いセットです。
そんなモチーフを生徒と一緒に東京藝大日本画在学中の川口先生が描いてくれました!

 

さすがです。光や空間の印象、モノとモノの関係など、皆さんにも大事なポイントやイメージが伝わったかと思います。

 

 

(8/13夏季講習中期2、2課題目初日の様子)

モチーフは剥製のキジでした。
導入は東京藝大日本画専攻出身の大ベテラン、松橋先生が担当でした!!!

学院には様々な参考作品がありますが、進め方の参考になるものを選んで大事なポイントを解説してくれました。

デッサンの描き出しは、経験が少ないと最初は輪郭線を単調にひいてしまいがちです。
芯が柔らかめのB系の鉛筆を選んで芯を長く削り、寝かして丁寧に柔らかく…
最初の描き出しで画面上に「あたり」を置いていき方などを実演をしながら解説。言葉だけだとなかなかイメージが持てませんが、実演しながらの説明は具体的で理解しやすいと思います。

 

ベテランの安心感!!!

 

この課題では良い作品が出ましたのでご紹介します!

この3点は丁寧な観察による羽毛の質感や模様、そして立体感、取り巻く空間がとても良く表現されています。
また作者の視点も感じられますね。この調子で今後もデッサンに取り組んで欲しいと思います。

 

夏季講習会では毎課題丁寧に導入をしています!初心者の人も安心ですよ!
いよいよ来週8/19~24が夏季講習最後のターム[後期]になります。これからのお申し込みでも参加できます!

夏季講習会 基礎科

ーーーーーーーーーーー

 

基礎科では9月5日から平常授業(二学期)が再開されます。
殆ど実技経験がなくデッサンを初歩からしっかり取り組みたい人や、まだ将来の専攻が決まっていない人向けには、[ビギナーコース][デッサンコース]があります。

通える曜日や日数など、高校生活と両立できるコースを選んでください。

 

 

 

 

 


 2019年8月16日(金)〔基礎科

基礎科 夏季講習会中期2 石膏デッサン優秀作品の紹介と2学期の特別授業宣伝ほか!

こんにちは!基礎科です。

前回のブログでもお伝えしたように夏季講習会中期2がスタートしました、今までに続き今回も石膏デッサンで優秀作品が出ましたよー!

ホーマーを正面から堂々と描いた一枚です。

鉛筆の濃淡のメリハリがしっかり遠近感に繋がっていてカッコイイですね。

ヘルメスのゆとりある大きなスケール感が無理なく画面に入っていて、嫌味のない迫力を感じさせますね。

光の調子が綺麗ですね!石膏らしい質感が印象の良さをまた底上げして見せてくれています。

逆光位置の空間や光を抜群に感じる画面です。丁寧に画面全体を見て仕事している証拠ですね。

見えている現象、状況を素直に追っていることが伝わる画面です。しっかりと冷静な仕事を積み重ねたんだな、と感じられる一枚ですね。

マルスの正中線をよく追えてきているので、頭の先から首元までの流れがマルスらしくてイイですね。

メキメキと力をつけている学生です。描き出しから順調に進んで、最後までしっかりと目的意識を持って制作できていることがわかります。さらに成長していくのが楽しみです!

 

そして今回も先生たちの描きだしデモスト。

描きだしなので完成度はこれからの仕事ですがどちらもこの出だしの時点で明確にどういう画面にしたいか、どう景色を捉えているか、が見えてきますね。

基礎科アトリエの1号館入ってすぐに展示してあるので、気になる人は参考にしてみてくださーい◎

 

そして今日は2学期の特別授業の紹介もしておきます!もうちょっとスクロールして読んでほしいー!

まずはこちら!そっくり模刻!

その名の通りですがお菓子を石粉粘土と絵の具を用いて本物そっくりに作ります。

どれが本物かこの画像見てわかりますか?!

絵の具が必要になるので基本的に道具を持っているひとが対象の授業になります。

そしてそっくり模刻と同時進行の授業がこちらのキャラクター粘土課題

基本的に2次元のキャラクター画像を元に立体へ起こす、というこれが実際やってみると結構難しくて楽しい課題です。(画像は浅井先生が自分で描いた怪獣を作ったもの)

立体制作に触れることのないひともいるかと思うので、貴重な機会になると思います。

 

そして一学期に合格者座談会としてレクチャーを開きましたが、とりあえず2学期スタートあたりでは

●基礎科の各コース学生講師の先生が大学での生活や制作について話してくれる東京藝大の暮らしレクチャー

●社会人講師たちがどういった経緯で美大を目指し今それぞれ活動しているのかを話す講師レクチャー

を予定しています!

大学でどんなことをするの?どんな風に過ごしているの?大学を出たらどう過ごしているの?有名なアーティストとかは知ってるけど他にも作家活動をしている人っているの?

そんな疑問に答えるような時間になるよう今回も質疑応答時間も設ける予定なので、ぜひ聴講してみてね!

 

美術予備校にきてすることは当然受験のための勉強ですから、対策として石膏デッサンは勿論様々な課題に取り組んでいきますし、勿論基礎科もそのための授業が出来るように年間のスケジュールを組んでしっかり対応しています。

でも難しいのが、美大へ行きたい何かをしたいというはじめの欲求が、反復の多い受験勉強の中で薄れてしまうこともあるということ。いつの間にか石膏デッサンをすることがゴールになってしまって、苦しい、てことも起きてしまったりもするんですね。

あくまで受験勉強は受験勉強です。いつかは終わりがきて次のステージで本当の意味での自分の真価を問う時間が始まります。

そのためにも受験勉強と同じ要素を持ってるけどアプローチが違う課題や、先の景色について一つの側面を紹介出来る時間を設けてあります。

あと今年から一号館の階段に毎月一つずつ、講師のオススメ紹介として各自好きなものを張り紙で紹介してもらっています。(いろんなアレで見せられないので変な画像になっちゃってますけど

展示案内の掲示もあるし今後も階段をちょっとそういうスペースとして充実させていきたいですね、みんなもちょくちょくみてくれているので!


 2019年8月15日(木)〔基礎科

2019 中学生デッサンコンクール(予告)

中学生デッサンコンクール

[都立総合芸術高校 ほか 美術系高校 公開実技模試]

年々高まる都立総合芸術高校の入試レベル。
そのレベルを把握することで、これからの学び方を明確にすることができます。
毎年多くの合格者を輩出してきたすいどーばた美術学院の講師が、
入試で何を問われているのか的確に判断し、予想問題を出します。

採点では、これからの成長を加味しながら丁寧に採点します。

講評会では、作品の良いところや伸ばしていく要素、問題などを明確に伝え、
これからの勉強方法をわかり易くアドバイスします。

また、保護者の方への個別進路相談を行います。

<実施日時>:2019年10月14日(祝)・12月8日(日)
<会場>:創形美術学校(すいどーばた美術学院 姉妹校)
<集合場所>:創形美術学校 ガレリア・プント(1F ギャラリー)
<持参物>:デッサンコンクール受講証、鉛筆デッサン用具一式(描画用紙は当日支給します)、昼食(お弁当など)
◎創形美術学校では画材の販売を行なっておりませんので、事前に画材あ〜るでご準備ください。

中学生保護者のための個別進学相談会

<実施日時>:2019年10月14日(祝)・12月8日(日)
<会場>:創形美術学校(すいどーばた美術学院 姉妹校)

中学3年生受験生対象 模試フォローアップ講座

12/8(日)の中学生デッサンコンクール[第2回]を受講した中学3年生を対象としたフォローアップ講座です。
構図や構成、実践的な描写力を身に付けたい受験生を人数限定で指導します。(先着順)

<実施日時>:2019年12月18日(水)-12月21日(土)
<会場>:創形美術学校(すいどーばた美術学院 姉妹校)
<持参物>:鉛筆デッサン用具一式
◎創形美術学校では画材の販売を行なっておりませんので、事前に画材あ〜るでご準備ください。

お申込方法

受験料

【HHA】
中学生デッサンコンクール[第1回]… 3,000円

【HHB】
中学生デッサンコンクール[第2回]… 3,000円

【HHC】
中学生デッサンコンクール[第1回]+[第2回]… 6,000円

【HHD】
中学生デッサンコンクール[第2回]+フォローアップ講座… 18,000円

【HHD】
中学生デッサンコンクール[第1回]+[第2回]+フォローアップ講座… 21,000円

申し込みは9月頃より開始します。


 2019年8月13日(火)〔ニュース , 学院から , 中学生

基礎科 中期IIコースがはじまりました!

課題は、石膏デッサン!ということで、今回も石膏レクチャーをおこないました!
構図の取り方や観察の仕方、進め方など、大事な情報が目白押しです😆

レクチャーの後は、講師陣によるデモンストレーションがありました!実際に描いているところを見ると、鉛筆や木炭の動かし方など、説明だけじゃわからないところまで、よくわかります❗️❗️
みんな、食い入るように見ています、、、

木炭や鉛筆の削り方から教えているので、未経験の人も安心です!

レクチャーやデモストの後は、みんなどしどし手を動かしてデッサンしていました。

↓授業風景…

すいどーばたには、参考作品と呼ばれる、歴代の先輩たちの優秀作品がたくさん残っています✨✨
よく見たり自分のデッサンと比べたりすると、新たな発見があるかも…⁉︎

なんと本館には参考作品専用の部屋も。受講生は自由に閲覧できるので、いっぱい見て、自分の制作に生かしてね!

毎日暑いですが、暑さに負けずどしどし描いて!たくさん考えて!どんどん吸収しましょう!
きっと今週末には更にレベルアップした自分に出会えるはず…

今週も頑張りましょう❗️💪💪🔥🔥

夏季講習の申し込みはまだまだ受付中です!絵を描くのが好きな人、美大に興味がある人、すいどーばたで、充実した夏を過ごしてみませんか?

夏季講習会 基礎科


 2019年8月12日(月)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別