映像科

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、授業時間の変更(オフピーク通学)を行なっております。詳しくはこちらでご確認ください。

金・土・日コース 金・土曜日 17:30~20:30 日曜日 9:30~16:30
※終業日 2023年2月5日(日)

オンライン講座年2回(6・9~11月)

通信教育 映像

基礎 映像コース(対象:高校1・2年生以上)

学科

広がる世界に踏み出す準備を。

映像による表現は今、かつてない広がりを見せています。それは写真、映画、アニメーション、メディアアートといったジャンルのみでなく、映画館やテレビ、インターネット、ゲーム、美術館、公共空間にまで及ぶ、発表の場の広がりを含みます。
その中で活躍する人材を輩出するために、大学はそれぞれの特色を打ち出し、様々な入試形態でその資質を見ています。
すいどーばたの映像科では、多様化する入試に対応することを通じて「日常における観察に裏付けされた豊かな想像力」と「物事を多角的に捉える思考力」を身につけ、映像に携わる作家としての基礎を学ぶための教育を行ないます。

すいどーばたの無料体験をしてみよう!

Twitter

すいどーばた美術学院 映像学科特設サイト

選べる授業スタイル

映像科では以下の3つの受講スタイルを推奨しています。

①金・土・日コース + 講習会
②金・土・日コース + オンライン講座(年2回)+ 講習会
③通信教育 + オンライン講座(年2回)+ 講習会

①は金土日コースと春・夏・冬季講習会と入試直前講座を組み合わせた基本となるスタイルです。
②は①に加え、ピンポイントに実技や推薦入試対策を強化する年二回開催の講座を加えたスタイルです。推薦対策など、入念な準備で受験に臨むことができます。
③は遠方在住、あるいはやむを得ない事情により通学ができない場合におすすめです。通信教育の詳細はこちらをご覧ください。
オンライン講座では、武蔵野美大映像学科の感覚テスト・クリエイション資質重視方式の他、多摩美大情報デザイン学科メディア芸術コースの対策を行います。

映像科のオンライン授業

Google Workspace(Googleの教育機関向けサービス)を使用し、一人ひとつのアカウントを発行し、通年で利用します。授業ではそのアカウントを使って、classroom、meet、driveといったGoogleのアプリケーションを使用し、オンライン通話での指導を受けながら制作します。講評はアトリエから中継配信するため、在籍する全生徒の作品の閲覧、講評が受けられます。カメラ、マイク付きのPC、タブレット、スマートフォンのいずれか(PC or タブレットを推奨)とwifi環境があればどなたでも受講できます。

どばた映像科の授業内容

すいどーばた美術学院映像科では「作ること」「思考すること」「観ること」を3つの柱として授業を行います。自身が将来的にやりたいこととの関係の中で受験対策を行うことでモチベーションを高く維持し、オリジナルな発想や思考法、表現方法を身に着けていくことができます。

イメージ表現

武蔵野美術大学映像学科の感覚テストなどの実技課題に対応した課題です。絵と文章を用いて、課題文から想起した映像イメージや企画を表現していきます。与えられたテーマを掘り下げ、自身の体感や経験と結びつけながら、映像作品としてのビジョンを固めていきます。

イメージ表現

小論文

武蔵野美術大学映像学科、日本大学芸術学部、東京造形大学などで出題される小論文では、モチーフの観察や文章の読解を経て、テーマに従い600~800字での論文を書きます。出題された課題を普段の生活にフィードバックしながら観察力を高め、明解な文章を書くことを目指します。

小論文

デッサン

表現の基礎となる観察力を培うために、年数回カリキュラムに組み込んでいます。
人物や静物をモチーフとして、鉛筆での表現に慣れていきます。武蔵野美術大学映像学科、東京造形大学の入試ではデッサンを選択することができます。デッサン受験志望者には別途課題が出題されます。

作品研究

映画、アニメーション、現代美術…。世界は未だ見ぬ映像作品で溢れています。毎回のテーマに沿ってセレクトされた映像作品を鑑賞します。様々な映像制作の技法や作り手の個性に触れ、知識を深めつつ刺激を受けて感性を高めます。

作品研究

映像実習 ・ 写真実習

写真作品やショートムービーなどの映像作品を制作し、基礎的な映像制作の過程を経験します。ここで作った作品や培った経験は普段の制作にフィードバックできるのみならず、各大学の推薦入試の対策としても活かすことができます。

映像実習

推薦入試対策

ポートフォリオ、ディスカッション、プレゼンテーション、小論文、面接など、志望する大学の入試に対応した対策を行います。

留学生入試対策

近年の競争率上昇に伴い、日本人と同レベルでの作品制作を目指した指導を行います。武蔵野美術大学映像学科、日本大学芸術学部、東京工芸大学などに対応します。

学生作品

感覚テスト ¦ 作品解説

課題

下記の文章から想起する場所のイメージ、あるいは出来事のイメージを解答欄に絵と文章で表現しなさい。

はるか遠くを見つめて
(2021年度武蔵野美術大学映像学科入試再現作品)

感覚テストのポイント

感覚テストは絵と言葉の組み合わせによって映像的なイメージを表現する課題です。ある眼差し(カメラ)によって映像における時間と空間を表現します。
起承転結を含んだ壮大な物語を想定する必要はなく、あるワンシーンを切り取り、そのイメージを具体的な形で伝えることが大事です。そのためにまずは、いつ/だれが/どこで/なにを/なぜ/どのようにしているのかといった設定を明確にします。
次に、その場に流れる音、風、匂いや温度などの体感を想像し、適切なアングルの絵と言葉で世界観を映像的に表現していくことがポイントです。
近年の入試では短文が与えられます。課題の文章をどう解釈していくかということもまた重要になります。そこから思い出す自身の経験や、短文そのものを観察して定義付けをし、様々な角度から発想することが独自の作品につながります。

解説

A
感覚テスト

Aの作品は引っ越しの前日、慣れ親しんだ地元の河川敷が舞台です。「私」がそこに生えている一本のシラカシの木を見つめ、不確かな記憶を抱えたまま後ろ向きに歩き出すシーンから始まります。主人公の視線の先にある葉の隙間から見える空や、川の反射を受ける葉、向こうに伸びる山の輪郭などの猫写があり、中盤の風が大きく吹くシーンでテンションが加速します。そこからすでに見えるはずのない木の幹に幼い頃に付けた傷を見出し、その脇で座り込む幼い私の目が光として現在の私に届く光景が散文的に描かれます。
この作品は「離れていく」という物理的および心理的な関係を「私」という主体と「シラカシの木」という客体に重ね合わせ、周囲の空間や曖昧な記憶を切り取りながら時間を描き出していている点が秀逸です。その構造を後ろ歩き=ズームアウトという視点の移動によってシンプルに映像化することが出来ています。

B
感覚テスト

Bの作品は、博物館で一角の骨格標本に魅せられた主人公が、もう一度その標本を見るために出口付近から入り口近くまで会場を逆行していく時間を描いています。
この作品では課題である「はるか遠くを見つめて」という言葉に対する応答が重層的になされている点がポイントです。まず骨格が展示されている会場内の入口を示す光。
次に一角という半ば伝説のような海の生物の角の先を見つめるような造形です。さらに博物館という施設自体が歴史をアーカイブする空間であり、今現在=近くから過去=遠くを見つめるという行為を内在化していると言えます。
実在の空間、そこにある物の造形、場所の持っている性質と、3つのポイントを主人公である私の胸の高鳴りと共に体感することができる良作です。

C
感覚テスト

Cの作品は雨の日の横浜の大観覧車の一席から見た時間が描かれています。観覧車が持つ回転運動とそれに伴う視点の移動を利用し、遠くのビル群や空、大通りを走る車や歩く人々の動きを滑らかな流れで描き出しています。
そのように様々な「遠く」を見せていますが、決して見通しのよいものとして扱っていない点が独特な解答となっています。限られた車内、曇天の中での不明瞭な視界、観覧車の窓ガラスを伝う水滴、窓に映る自分の顔、あるいは父との記憶。それらは常に動き過ぎ去っていくものとして扱われ、現在から過去へとフレームアウトしていくのです。
絵では車内から通りを見下ろすアングルで描かれていますが、ここでも観覧車の窓と車内を区切るフレームが画面を斜めに切る大胆なレイアウトが採用されています。光景と出来事を切り取りながら時間を紡いでいく演出が秀逸です。

感覚テスト
感覚テスト 「はっきりと重なる」上記の文章から想像した場所や出来事のイメージを絵と文章で表現しなさい。

感覚テスト
感覚テスト 「影が来る」「影に立つ」「影を視る」上記の言葉から想像した場所や出来事のイメージを、絵と文章で表現しなさい。

感覚テスト 感覚テスト B3画用紙を2回手で破りなさい。その行為や現象、物質性から想像した場所や出来事のイメージを絵と文章で表現しなさい。

デッサン デッサン 配布したモチーフを観察して描写しなさい。( モチーフ: ポンポン)

小論文
小論文 配布したモチーフを観察し、文章によって描写しなさい。
(600 字、モチーフ: たわし・2021 年度武蔵野美術大学映像学科合格作品)

感覚テスト
映像実習 スマホやタブレット端末を使用し「魅力的な動き」をテーマに撮影、編集しなさい。

写真実習 写真実習 レクチャーを踏まえ各自のテーマに基づき写真集を作りなさい。

年間スケジュール

映像科2022年度スケジュール

春季講習会&1学期

まず、映像に多く触れ、楽しみながら理解を深めることから始めます。自分の撮影した素材を編集して写真集を作る写真実習、映像の基礎的な仕組みや技術を学ぶ映像実習、多様な表現方法を知る作品研究など、イメーシ表現、文章、デッサンといった実技の基礎と並行して映像表現について学びます。

夏季講習会

夏季講習では表現のベースとなる力を身に付けることを目指します。映像実習をカリキュラムに取り入れ、実際の映像表現と受験対策として行うイメージ表現や小論文との関係を学びます。その過程で自身が作りたい映像作品のイメージを模索しながら、課題制作にフィードバックしていくことを繰り返し行います。また、文章やビジュアル表現に特化したコースで表現の基礎力を身に付けます。

2学期・冬季講習会

徐々に実践的な課題へとシフトしていきます。そのなかで、「なに」を「どう」表現するのかという、自身のテーマと方法論を探ります。公開コンクールや合格者座談会、武蔵野美大教授による講評会などのイベントを経験することで、受験に対するモチベーションを高めていきます。

入試直前講座

これまでの基礎を土台に、ひとつの成果を上げることを目的としたカリキュラムを経験します。感覚テスト、小論文、デッサンなど、高いレベルの作品作りをするための柔軟な発想力と思考法、描写力を身につけます。各志望校に合わせ、バリエーションに富んだ課題を繰り返し、万全の準備で入試に向かいます。

推薦入試対策

各大学の推薦入試対策を1学期、あるいは夏季講習会から継続して行います。ポートフォリオ制作に向けた作品作り、プレゼンやディスカッションの練習、文章や面接対策など、推薦入試に必要なあらゆる指導を行います。

オンライン授業

年2回のオンライン講座と、各講習会においてもオンライン授業で受講することが可能です。
講習会では、アトリエと同じ課題を同じ時間で制作し、ミーティングアプリを用いたリモートによる指導が受けられます。
講評はアトリエからの配信によって行うため、受講生全員の作品とそれに対するアドバイスを聞くことができ、アトリエと近い雰囲気の中で受けることができます。

選べる授業スタイル

映像科では以下の3つの受講スタイルを推奨しています。

①金・土・日コース + 講習会
②金・土・日コース + オンライン講座(年2回)+ 講習会
③通信教育 + オンライン講座(年2回)+ 講習会

①は金土日コースと春・夏・冬季講習会と入試直前講座を組み合わせた基本となるスタイルです。
②は①に加え、ピンポイントに実技や推薦入試対策を強化する年二回開催の講座を加えたスタイルです。推薦対策など、入念な準備で受験に臨むことができます。
③は遠方在住、あるいはやむを得ない事情により通学ができない場合におすすめです。通信教育の詳細はこちらをご覧ください。
オンライン講座では、武蔵野美大映像学科の感覚テスト・クリエイション資質重視方式の他、多摩美大情報デザイン学科メディア芸術コースの対策を行います。

映像科のオンライン授業

Google Workspace(Googleの教育機関向けサービス)を使用し、一人ひとつのアカウントを発行し、通年で利用します。授業ではそのアカウントを使って、classroom、meet、driveといったGoogleのアプリケーションを使用し、オンライン通話での指導を受けながら制作します。講評はアトリエから中継配信するため、在籍する全生徒の作品の閲覧、講評が受けられます。カメラ、マイク付きのPC、タブレット、スマートフォンのいずれか(PC or タブレットを推奨)とwifi環境があればどなたでも受講できます。