映像科

金・土17:30 - 20:30

日曜日9:30 - 16:30(対象:高校3年生以上)※終業日 2020年2月2日(日)

基礎 映像コース(対象:高校1・2年生以上)

通信教育科 映像専攻

学科

金・土17:30 - 20:30

日曜日9:30 - 16:30(対象:高校3年生以上)※終業日 2020年2月2日(日)

基礎科 映像コース(対象:高校1・2年生以上)

通信教育科 映像専攻

学科

広がる世界に踏み出す準備を。

映像による表現は今、かつてない広がりを見せています。それは写真、映画、アニメーション、メディアアートといったジャンルのみでなく、映画館やテレビ、インターネット、ゲーム、美術館、公共空間にまで及ぶ、発表の場の広がりを含みます。
その中で活躍する人材を輩出するために、大学はそれぞれの特色を打ち出し、様々な入試形態でその資質を見ています。
すいどーばた美術学院映像科では、多様化する入試に対応することを通じて「日常における観察に裏付けされた豊かな想像力」と「物事を多角的に捉える思考力」を身につけ、映像に携わる作家としての基礎を学ぶための教育を行ないます。

細分化する映像のジャンルと発表の場の関係

授業内容

イメージ表現

武蔵野美術大学映像学科の感覚テスト、東京造形大学の構想表現などの実技課題に対応した課題です。絵と文章を用いて、課題文から想起した映像イメージや企画を表現していきます。個人の経験や体感を掘り下げ、映像作品として作りたいもののビジョンを固めていきます。

イメージ表現

作品研究

映画、アニメーション、現代美術…。世界は未だ見ぬ映像作品で溢れています。
毎回のテーマに従いセレクトされた映像作品を鑑賞します。様々な映像制作の技法や作り手の個性に触れ、知識を深めつつ刺激を受けて感性を高めます。

作品研究

デッサン

表現の基礎となる観察力を培うために、年数回カリキュラムに組み込んでいます。
人物や静物をモチーフとして、鉛筆での表現に慣れていきます。武蔵野美術大学映像学科、東京造形大学の入試ではデッサンを選択することができます。デッサン受験志望者には別途課題が出題されます。

小論文

武蔵野美術大学映像学科、日本大学芸術学部、東京造形大学などで出題される小論文では、モチーフの観察や文章の読解を経て、テーマに従い600~800 字での論文を書きます。出題された課題を普段の生活にフィードバックしながら観察力を高め、明解な文章を書くことを目指します。

小論文

映像実習

写真集やショートムービーなどの映像作品を制作し、基礎的な映像制作の過程を経験します。「写真集制作ワークショップ」では若手写真家をゲストに迎え、「どばたムービーフェスティバル」では活躍中の映像作家たちから自作に対する講評を受けることができます。ここで作った作品や培った経験は、各大学の推薦入試やAO入試の対策としても役立ちます。

映像実習

AO・推薦入試対策

小論文、ポートフォリオ、ディスカッション、プレゼンテーション、面接など、志望する大学の入試に対応した対策を行います。

留学生入試対策

近年の競争率上昇に伴い、日本人と同レベルでの作品制作を目指した指導を行います。武蔵野美術大学映像学科、日本大学芸術学部、東京工芸大学などに対応します。

年間カリキュラム

春季講習会&1学期

まず、映像に多く触れ、理解を深めることから始めます。
実際にカメラを持ち、自分の撮影した素材を編集して写真集を作る写真実習、ムービーの基礎的な仕組みやカメラアングルなどを学ぶ映像実習、優れた映像作品を鑑賞し多様な表現方法を知る作品研究など、それぞれ楽しみながら映像による表現を経験していきます。
同時に、イメーシ表現、文章、デッサンといった実技の基礎を学びます。

ei_2015_01

2学期

徐々に実践的な課題へとシフトしていきます。
そのなかで、「なに」を「どう」表現するのかという、自身のテーマと方法論を探ります。
公開コンクールや合格者座談会などのイベントを経験することで、受験に対するモチベーションを高めていきます。
また、各大学の推薦入試、AO入試、留学生試験、編入試験などの対策を行うのもこの時期です。

ei_2015_03

夏季講習会

夏季講習では表現の底力を付けることを目指します。
前期はグループワークによる映像実習を行います。制作スタッフとなる学生の人数も多く、より本格的な映像制作を経験することで、自分の考えを明確にすることができるようになります。
後期は各大学の入試形式を踏襲した入門的な課題をこなし、傾向を把握します。
夜間では画力と文章力を高めるコースを、それぞれ前後期に用意しています。

ei_2015_02

冬季講習会

これまでの基礎を土台に、ひとつの成果を上げることを目的としたカリキュラムを経験します。
実技、小論文、デッサン共に高いレベルの作品作りをするための柔軟な発想力と思考法、描写力を身につけます。
また、例年年末に武蔵野美術大学映像学科の教授が来校し、説明会と合同講評会を実施しています。自分の作品がどう評価されるのかを量る貴重な機会です。

ei_2015_04

年間スケジュール

映像科2020年度スケジュール

学生作品

イメージ表現( 感覚テスト) 作品解説

イメージ表現( 感覚テスト) 作品解説

課題

下記の文章から想起する場所のイメージ、あるいは出来事のイメージを解答欄に絵と文章で表現しなさい。

間に身を置いて
(2019年度武蔵野美術大学映像学科入試再現作品)

感覚テストのポイント

感覚テストは絵と言葉の組み合わせによってイメージを表現する課題です。そのイメージは映像的である必要があり、ある眼差し(カメラ)によって時間と空間を表現するものです。
起承転結を含む壮大な物語を想定する必要はなく、あるワンシーンを切り取り、それを具体的に描きイメージを伝えることが大事です。そのためにまずは、いつ/だれが/どこで/なにを/なぜ/どのようにしているのかといった設定を明確にしてあげます。
次に、その場に流れる音、風、匂いや温度などの体感を想像し、適切なアングルの絵と言葉で世界観を映像的に表現していくことがポイントです。
入試では近年短文が与えられます。課題の文章をどう解釈していくかということもまた重要になります。そこから思い出す自身の経験と、短文の言葉そのものを観察し定義することが、独自の発想につながります。

解説

この作品の舞台は雪の積もる冬のキャンプ場です。作品を特徴づけているのは、その場所を訪れたある人物=私の視点で書かれているのに対し、絵はその空間をドローンで空撮したかのような俯瞰のアングルで描かれているということです。

文章では新雪を歩く足元のシーンから始まります。そこから雪の質感や、空気の冷たさ、太陽の光、息の白さなど体感的な描写を挟み、そこがキャンプ場であること、様々な色のテントが建っていることがわかります。そして茶色のテントの前で除雪機が通過するのを待った後に再び歩き始め、入口の開いた数々のテントの中の様子を垣間見つつ、自分のテントに入るシーンで終わります。
叙情的な描写を一切省き、あくまで淡々と歩く行為とそこで見える光景を描写することに終始した、映像的な文章に仕上がっています。
絵では、白い色面の中に彩度の高いカラフルなテントが点在するレイアウトをとっています。白の面の中にも微かな起伏が見えたり、画用紙の上から白い色を重ねているあたりに作者の配慮が伺えます。また、文章中に記されている「茶色いテント」や「貸し出し用の」テント(おそらく黄色と緑の)がどこになるのか、主体である私はどこにいるのか、といったことを探す楽しみもあります。


雪といういずれ溶けて無くなる状態の物質の上での、一時的な仮住まいであり半公共的なキャンプという状況設定が、課題である「間に身を置いて」という言葉を適切に捉えています。
また、一人称の視点で書かれた文章と上空から撮られた三人称の視点のビジュアルから、鑑賞者がその「間 (の視点) に身を置く」ことになるという体験を呈示しています。これは絵と文章を用い、相互の関係によって構造を持つことでなし得ることです。作品自体が「視点の装置」となる点が、意欲作として評価できます。

イメージ表現( 感覚テスト) 作品解説

感覚テスト
感覚テスト 「反復・残響・調律」上記の単語から2つを選び、そこから想起した場所や出来事のイメージを絵と文章で表現しなさい。

感覚テスト
感覚テスト 「速い・遅い」上記の言葉から想起するイメージを2つの画面にそれぞれ描きなさい。

感覚テスト 小論文 配布したモチーフを観察し、文章によって描写しなさい。
(600字、モチーフ: オーナメント)
(2019年度武蔵野美術大学映像学科合格作品)

感覚テスト
感覚テスト 「輪郭を持ち始めた」上記の文章から想像した場所や出来事のイメージを絵と文章で表現しなさい。

感覚テスト
感覚テスト 「徐々に鮮明になる」上記の文章から想像した場所や出来事のイメージを絵と文章で表現しなさい。

感覚テスト
デッサン配布したモチーフを卓上に設置し、デッサンしなさい。(モチーフ:綿、ビニール袋、編み棒、ガラスコップ)

感覚テスト
映像実習 配布した詩をよく読み、言葉のひとつひとつやその連なりからイメージをし、5分以内のショートムービーを作りなさい。