ニュース

SAS最新ブログ

基礎科 今年度最初の専門課題 

こんにちは、基礎科です。

初めて専門課題に取り組む生徒さんに向けて、それぞれのコースでは導入の説明や、デモストレーションが先週に続き今週も行われました。

デザインコース、工芸コースでは今週は水粘土による立体構成に取り組みました。デモストレーションを行いながら粘土の扱いや用具説明をしました。

平日コースでは、K先生と高橋先生。

 

土日コースでは、橋本先生と田所先生。

 

いよいよ制作開始です!

 

初めて立体構成をする人も多くいましたが‥‥

 

みんな集中して制作しています!

 

 

日本画は静物着彩です。

 

丁寧に鉛筆で下書きをして‥

 

 

モチーフの固有色や質感をしっかりと観察しながら透明水彩絵具で表現していきます。

 

 

 

モチーフを取り巻く綺麗な空間も感じながら、いい雰囲気に進めてますね。

 

講評会では自分の作品だけではなく、他の人の作品からも学べることは多いんです!

 

 

彫刻科は人頭骨の塑像です。

浅井先生、林先生も生徒に交じって制作!

 

 

 

 

 

油絵科も下地の作り方、道具の使い方など デモンストレーションしながらわかりやすく説明してましたよ!

 

 

すごい種類の色!!

 

 

それぞれ、こだわりを持って作品を仕上げられたかな?

 

 

今回、初めて専門課題を制作した人は、どうだったかな?

次回につなげていけるといいですね!

 

 

 

 

 

来週のデッサンに備えてパースのレクチャーもやりました。

これからの制作に役立つと良いですね。

 

来週からも、盛り上がっていきましょう!!


 2017年5月21日(日)〔基礎科

中学生コース 粘土での動物制作も最終日!

今日は、中学生コースです。
先週から続いてました、ウサギさんも本日が最終日となりました。

先週と同じ6羽も、見慣れたものでもはや家族のようです…
そんなウサギさんをカッコ良く、可愛く作ってあげよう!とみんな朝から頑張っておりました。

まずは、ライトコースの講評です!

みんな違うウサギの表情は、性格おも写し取っているからか?
はたまた、制作者に似てきたか?

目が飛び出すぎると宇宙人になる?!

ラストスパート!!ウサギ達も見守ってるよ〜。

凄く真剣な表情!この表情だけで感動ものです!

色々な方向から形を捉える事って彫刻だけでは無く、デッサンや着彩でも大切だからね〜。
ぐるぐるまわして〜。

長い時間同じ物を見続ける、描き続ける、作り続けるという事は大変集中力のいることです。
自ら間違えや誤差を見つけたり、自ら課題を作ったりしていきます。
時には細かい部分を作ったり、大きく形を見直したり…

自分で時間を使っていく能力!
これ大事ナリ❗️

おまけ♡お尻コレクション♡

おしりだけでもこんなに表情が変わってくるんですね〜〜 フムフム

少しだけですがみんなの作品をアップ!

それぞれみんなの個性が溢れんばかり、いい作品が出来ました。

今日はみんな動きが静かなウサギさんを作っている人が多かったけど、ウサギは走ったり、振り返ったり、立ち上がったりと様々な動きをします。

粘土に慣れて構成で遊べるようになると、またいろんな楽しさが出てきます。
いろんなことに挑戦してみましょう〜〜!!

来週は動物園クロッキーの講評と鉛筆デッサンです!
今回の塑造体験で学んだ彫刻的見方を思い出して、今までとはまた違った見方でデッサンしてみるのもいいかも?!

いろんな目線でモチーフを捉えてみて下さい。

それではまた来週〜〜〜〜 ・×・


 2017年5月21日(日)〔中学生

5月28日(日)進学相談会(秋葉原)

学院よりお知らせです。☆

美術・デザイン進学相談会に参加します。

●5月28日(日) 12:30~16:30 [入退場自由]

場所:秋葉原UDX2階アキバスクェア

企画: ライオン企画(株)

詳しくはこちらをご覧ください。

当日は総合受験相談コーナーとデッサン基礎講習を担当します。
デッサン基礎講習は中学生でも高校生でもご参加頂けます。
初心者の方大歓迎!ためになる講座ですよ!
また、作品を本学院ブースに持参すれば、講師がミニ講評いたします。





 2017年5月20日(土)〔学院から

2017年6月18日(日) 保護者のための進学説明会

※参加費は無料です。
同日に行われる体験入学の申込用紙またはフォームから、参加のお申込をしてください。

 

6月18日(日)14:00-16:30

■高校生以上対象(芸大・美大受験)
芸大・美大受験とは、どういうものなのか。
これからの心構えや事前準備はどうすればよいのか。
藝大・美大入試の現状、傾向、対策を中心に受験のエキスパートが判りやすく説明します。
ナマの受験現況をお伝えいたします。

 

6月18日(日)10:30‐11:30

■中学生対象(芸術・美術系高校受験)
芸術・美術系高校で、実技試験を課す受験について、入試の現状、傾向、対策をお話します。
特に高倍率の都立・総合芸術高校入試を中心に、担当講師が解説します。

 

 


 2017年5月19日(金)〔募集中 , 学院から , 無料体験

基礎科 5日クラスの月火も熱い!静物細密着彩デモスト

こんにちは、基礎科平日クラスです。
平日クラスには、3日(水〜金)クラスと、5日(月〜金)クラスがあります。
5日クラスでは、月火で特別強化課題やデッサンで早く形が取れるようクロッキー特訓などに取り組んだりします。

今週の5日クラス日本画コースの月火では、細密着彩に取り組みました!
東京藝大日本画科に在学中の花ちゃん先生が、生徒と一緒にデモストで描いてくれましたよ!!

 

下描きはどの程度すればよいの?
鉛筆の選択は?
最初はどれくらいの太さの筆で塗り始めればよいの?
絵の具の濃度はどれくらい?
固有色を鮮やかに表現するにはどうすればいいの?
色で陰影はどうやって表現すればよいの?

実際に描いてみると様々な疑問が出てきます。
そんな時に、すぐ隣で一緒に描いている先生の制作をじっくり観察してください。
実作業ですから具体的でとっても参考になりますね!

 

 

他コースの人も希望すれば日本画の課題を体験することができます(もちろん他の科も)。今回もまだ進路の科が決まっていない生徒さんが参加していました。(画材を貸し出しますので道具の心配はいりません)いろいろ経験してみて将来の科や専攻を選ぶ参考にしてください。

高校の授業や日程に都合のつきそうな人、どっぷり実技に浸かりたい人、ぜひ5日クラスに参加してください!


 2017年5月19日(金)〔基礎科

第12回高校生デッサンコンクール

参加費無料!
高校生対象のデッサンコンクールです!
現在の実力を知りたい人。競いたい人。
みんな集まれ!
2016年度 申込者914名の高校生が参加しました!
このコンクール参加者から、4年連続、東京芸大現役合格者が出ました!

特典

成績優秀者には、学院から、
◎【最優秀賞】 夏季講習会 1コース分の受講料を無料
◎【優秀賞】 夏季講習会 1コース分の受講料を半額
体験入学を申込みされた方は、2017年度各季講習会を受講する場合、申込料(5,000円)が全額免除されます。
また画材あ〜るや協賛画材各社から多数の豪華な賞品を用意しています。

対象

高校1・2・3年生

実技

デッサン(木炭または鉛筆デッサン)

持参するもの

木炭紙判パネルまたはカルトン、鉛筆または木炭デッサンの用具一式。(用紙は支給します)

申込方法(定員になり次第締切ります。早めにお申し込みください。)

申込用紙に必要事項を記入のうえ、下記のいずれかの方法で申し込んでください。
申込期限:2017年7月14日(金)17:00まで ※前日および当日受付はいたしません。

①[インターネット]すいどーばたホームページから申込
申込フォーム
②[FAX]申込用紙をFAXで送信 03-3971-3238
③[郵送]申込用紙を「〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15 すいどーばた美術学院」まで郵送。
④[窓口]申込用紙を直接すいどーばた美術学院事務受付に提出。
申込用紙PDF

会場

本学院内(教室は当日、本館入口前に掲示します。)

◎主催者は作品の紹介、宣伝、印刷物、インターネット等の掲載のために無償で展示及び複写をする権利を
有します。


 2017年5月19日(金)〔募集中

中学生コース 校外授業・動物園と彫刻体験!続き!!

動物園でのクロッキー後、どばたに戻って今週、来週は彫刻体験、ウサギの粘土塑造!

生きているウサギを観察しながら粘土で立体を制作します。

普段はどばた彫刻科が使っている本Bアトリエを貸し切っての制作です。
壁には工具や石膏像がずらり。

ヤギさんもいるよ!

うさぎ、勢揃い!


粘土の中には…

こんな感じの「心棒」が入っています。今回は心棒を立てる所から制作しました。


「アングル」を塑造板にネジで止め止め。


そこに「小割」という木をザラザラとしたしゅろ縄をきつく巻きつけます。


作りたい物に合わせて適度な大きさの心棒が組めました!
粘土の脱落防止にもなります。

あとはデッサンのように…

こんなイメージで作っていきますよ!

アイザック先生も一緒に作ってくれました。
わずか15分でこの見え方!さすが現役芸大生!

「ウサギはおしりの張りがポイントだよね!」

ドキドキ…

彫刻は色々な方向から観察、デッサン、粘土のやりとりをすることで「らしさ」が出て来ます。膝が真っ白になるまで色々な方向から観察しましょう。

いい調子!

キュるリン♡可愛すぎる。

初めての作業でしたが、集中してじっくり取り組めました!

みんな初めての子も多い筈なのにとってもいい調子です。
フワフワの毛の中にどんな骨格が入っているのか?どんな筋肉が発達しているのか?しっかり観察していきましょう!


授業の最後には、ウサギ頭部のとらえかたのポイントを図解。目は上向きで作ると宇宙人になっちゃうよー。

来週の講評が楽しみ!動物園クロッキーも一緒に講評しますよ。
動物園で鍛えた観察力を生かして、ウサギらしさをどんどん捕まえていきましょう(^o^)!


 2017年5月16日(火)〔中学生

中学生コース 校外授業・動物園と彫刻体験!

こんにちは!中学生コースです。

中学生コースでは、先週の日曜日に上野動物園でのクロッキー実習を行いました!
普段のアトリエでは剥製や小動物などの制作が限界ですが、太陽光の下実際に生きている動物を間近に見る事で掴める事は沢山あります。

こんな動物や…

こんな動物が描けるのも校外学習ならでは。
大きな量感や息づかいなども説得力を持って表現出来ますね。

水辺の動物も間近で観察できるね!

画材は自由!普段使用している鉛筆以外にも色々使ってみましょう!

コンテを使って。

天気に恵まれ、気温が上がり動物たちもまったりする中、みんなとても集中して描いていました。

谷津先生はインクを使って。

構想を練るアイザック先生。

描き描き…

ツチブタ。

当たり前ですが、動物たちはよく動きます。ゆっくりとは描けません。
そんな環境で素早くその動物らしさを素早く掴むことは、デッサン力の向上にとても役に立ちます。

お気に入りの一枚が出来たでしょうか?

つづく


 2017年5月15日(月)〔中学生

基礎科 土日・日曜クラスも専門課題、始まりました!

こんにちは基礎科です。

平日クラスに続き、土日クラスも今年一発目の専門課題がスタートしましたよー!!

各専門課題には色々と下準備があって、初めて取り組むには分からない事が沢山。。。。

そんな不安で一杯な君たち!基礎科なら安心!!

なんと専門課題の初日には、各専攻コースに分かれてのレクチャーがあるのです!!!

(でも、聞き逃すと分からなくなっちゃうから、早く来てね♫)

。。。。。。。。。。

 

デザインや工芸の色彩課題や日本画の着彩課題には事前に、紙を『水張り』をしておく事が必要になります。

特に日本画は特殊な張り方があったりします。

今回は東京藝大デザイン科在学中の新人先生、田所先生に導入のデモンストレーションをしてもらいました。

まずは、水張りテープを用意して、

端っこに向かって、グッ!と。

これやらないと、絵の具で色を着けた時に紙がふにゃふにゃになっちゃうよ×

さっすが手慣れたもの。

デザインの今回の課題ではキウイフルーツがモチーフの一つとして登場してましたので、少し描いてもらいました◎

まず鉛筆で描いて・・・

色をつけて・・・

ハイッ出来た!(おォー!)

野菜や果物は、ナイフで切ったりするとモチーフの特徴が捉えやすくなりますね。

他にも基本的なテクニックを披露してくれましたよ。

 

。。。。。。。。。。

彫刻チームの課題は、塑造での頭蓋骨の模刻です。

今後、人の頭部を作ったり、デッサンをする時に参考になることが沢山あるので、良く観察して作ってみましょう。

塑造は粘土での制作前に『芯棒』を立てておく事が必要です。

こちらもフレッシュな東京藝大彫刻科在学中の新人先生、林先生にデモンストレーションをお願いしました◎

ネジをしっかり止めてッと。

今後、石膏像の模刻や大きめの塑造をする時には、さらに複雑で頑丈に作る事が必要になってきますので、しっかりと作って、覚えておきましょう◎

曇り無き眼で見つめる熱い眼差し。

雰囲気でてるー♪

作り始めのポイントがしっかりと押さえられてますね!

さっすがー☆

 

来週も、続きを作ってくれるので経過をお楽しみに☆


 2017年5月14日(日)〔基礎科

最近の投稿

カテゴリー一覧

月別