基礎科 特別体験・預かり紹介・自由制作・展示案内おまとめブログ!

投稿日: カテゴリー: 基礎科, 展覧会のお知らせ

こんにちは、基礎科です。

今日は人体クロッキー体験イベント最近の預かり作品自由制作課題の様子展示案内、の4本でお送りします!

まずは11/3(日)に開催された人体クロッキー体験から。お陰様で早々と定員に達してしまった本イベント、こんな感じでモデルさんを囲んでクロッキーを一日していきました。

過去の授業はこちらになります。人体を描けるようになればデッサンなどにもイラストやフィギュアにも活かせますよね。

1日の短い時間ではありますがそういった勉強の入り口、一歩として企画した内容になります。

モデルさんをヌード・着衣とクロッキーしていきその合間(ずっとポーズを固定しているのってとても体力がいることなので、モデルさんが来るときは休憩を挟みながら制作をしていきます)に人体についての知識などのレクチャーを挟み込んでいきます。

こういった場所でクロッキーができることの一番の利点は何といっても様々な人と同じ空間で目の前の本物の姿・形を観察をし描くことができることに尽きます。

自画像や手、動物モデルさんを描いたり作ったりすることもそうですが生命感やここはこうなっているという理屈だとか、やはり頭と体のダブルで実感していけると最大効率で吸収していけるんじゃないかなと思います。

今回体験授業として開催してみてこうするともっといいな!とかの実感も得たので次回開催する時はより良い内容にしていきたいと思います。

こちらも本日ブログが更新されたスプーン体験なども最近行われましたが様々企画を通して基礎科の魅力を届けていけたらなーと思います、次回開催をお楽しみに!

 

続いては最近の預かり作品紹介です、まずは以前の基礎科デッサンコンクールの時にトップ4以外で預かりされたブルータスのデッサンをご紹介。

画面全体が作り出している今っぽさ、今日的空気感の描写が若い先生の票を集めたりしているかな、とコンクールの日に沼田先生が仰っていたのが印象的でした。

ブルータス自体も頭部と体のバランスなどが気になったりとかのポイントはありますが個々の描写にハッとさせられるものがあり、魅力的な一枚になっていますね。

続いてはこちら。

白黒の扱いがさりげなく大胆に行われている点が目を引きます(実際の背景はもっと明るい状況でした)。

ブルータスも大きなシルエット感など違和感がないように気を使って仕事を進めている意識を感じますね。

ここからは卓上のビギナーデッサン課題から。

木の乾いた質感がしっかりと伝わってくる一枚ですね。繊維質な構造感も見えます。

「私のお気に入りのモチーフを持参し描きなさい」という課題の一枚。字面通りに捉えてもいいし、要は自分でモチーフを選べる課題です。

すごいふたモチーフをチョイスしています。そしてそれを描ききりにいっているそのスピリットにまずは感服しますね。

時計の金属、プラスチックの透明な質感、本の紙束感、栞の微妙な厚みなど、細部まで気を配っているさまも伝わってきます。

 

そしてここからは動物園に取材にも行った自由制作課題の様子をお届け!

日本画コース生徒の希望者は実際に膠や岩絵の具を使用した日本画制作の体験をしています。

様々な準備が必要になるので基礎科日本画スタッフの熱意のおかげで実現している内容なんですけど、大学へ入る前にこういう経験が出来るのは超レアです!

いつも使っているものの応用もあれば様々な素材を使った制作もあり、よく見ていくとみんなバラエティに富んでいます。

こういった時間を過ごすことって受験勉強と関係ない、と思う人もいるかと思うんですが日本の美大受験はデッサン対策に代表される反復が大きな要素を占める部分があるのでよく言えば頑張った分だけ成果は出る、悪くいうとその範囲内での努力や視野しか見えなくなってしまう、という部分、可能性は否定できません。

もちろん科によってのバランスの差や個々人での意識の違いはあるわけですが、こういった一見受験課題と繋がらないように見える制作の中にも自分を見つめ直す機会はいっぱい詰まっているんです。

どういうサイズで、どういうものを、どういった形で作るか、普段は指定がされているその時点から自己判断を積み重ねて物を作る自由制作はこの時だからこそ学べるものがたくさんあります。

そんなこの自由制作は2週課題なので結構時間あるじゃ〜ん、とか思いきやこれが案外時間足りないもの。

明日が講評日、というか作品鑑賞日になるので出来るところまでみんな頑張ってー!

 

じゃー最後に基礎科スタッフの展覧会案内

まずは日本画コースから杉山先生!

日本画受験科スタッフの安原、河辺、水島先生らも参加されていますね。

藝大日本画出身の作家14名と造形作家Tokyo Modelingによる恐竜をテーマにしたグループ展とのこと、恐竜!!🦖

日本画恐竜展

会期︰11/12(火)-11/17(日)

時間︰11:00~18:00

場所︰〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目15-3アートギャラリー道玄坂

詳しくはこちらの公式ツイッターアカウントから。

 

続いては前回もお知らせしましたが日が近づいてきたので改めて、同じく日本画コースの髙橋先生の初個展です!

髙橋健太 個展 ” SAVE NOW “

2019年11月23日(土)〜11月28日(木) 12:00~19:00(最終日17時まで) 会期中無休

東京九段耀画廊

〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1朝日三番町プラザ105(大妻通り沿い)

 

そして最後に油画コースから橘先生が国立新美術館にて開催されている日展に参加されてます!

改組 新 第6回日展

2009年11月1日(金)〜11月24日(日) 10:00~18:00(入場17:30まで) 毎週火曜休み、11/15(金)は入場無料

国立新美術館

東京都港区六本木 7-22-2

 

気になった人は足を運んで見よう〜!

2019年11月14日(木)〔基礎科 , 展覧会のお知らせ