基礎科 春季講習最初の専門課題!

投稿日: カテゴリー: 基礎科


「みなさんこんにちは、グデアです。2018年、基礎科の春季講習始まったわけだけど、デッサン課題が終わって今日からは専門課題がはじまるようですよ。」

 


「春はあけぼの・・・」

 





「日本画は静物着彩、デザインと工芸科は色彩構成。蓄積がものをいう豊富な参考作品と、もちろん初めての人のためのレクチャーもやっていますね・・・素敵。」

 




「油画の人は静物をモチーフに油彩、彫刻科はこのわたし、グデアを模刻しています。他の科もそうだけどこれが初めての油彩、模刻になる人もいるってことなんだ・・・なんか・・・」

 


グッときちゃう!

 



「そしてでました伝家の宝刀講師によるデモンストレーション。今日は日本画の齋藤先生と工芸科の戸田先生、彫刻の林先生が実演してくれてます。目の前で進行具合が見れるので参考になる・・・もう・・・」

 


グッときちゃう!!

 




「各専門コースはそれぞれ専門課題に取り組んでいるけど、ビギナーコースは今日もデッサンです。昨日はガッタメラータの石膏デッサンをしてましたけど、今日は静物デッサン。こちらも軽く構図レクチャーなどをしたうえで、各々エスキースなどして構図を決めて描いていっています。ほんと・・・」

 


グッときちゃう・・・

 

「今年の春季講習は昨年度よりも受講生の数が増えて、とても賑やか。4月の新年度に向けてたくさん描いて作って吸収できるよう、花粉に負けず、引き続きみんな頑張ってね!」

2018年3月28日(水)〔基礎科

コメントを残す