私大デザイン科 2024

※準備中です

S.Hさん

合格大学:東京藝術大学デザイン科

出身校:栃木県立矢板東高等学校

『自分らしさの追求』

私は今までいた地元の予備校から環境を変えたくて、二浪の夏からどばたに通い始めました。

大人数の集団の中で制作するようになって気付かされたことは、課題に自分らしい表現で、自分なりの視点で対応できる人の作品が目立つということです。その気付きから私は、心を動かしながら、自分らしく表現することを受験生活において最も大切にしていました。

自分らしさを表現するには、まず自分を知ることが重要です。私は日常生活で触れているものが少なからず作品に影響すると考えていたので、受験作品の分析だけでなく、自分自身についての分析もしていました。

例えば、イラストやゲーム、音楽など普段趣味として楽しんでいるものや、集めた資料にどんな好き嫌いの傾向があるか、関心の方向性を整理したりなどです。そうして今までぼんやりとしていた自分らしさの解像度を上げていきました。

すると自分はこんな世界観が好きなんだ!とか、こんなイメージを表現したい!とか、逆にこの表現は自分に向いていないかも…という風に自分も気づかなかった自分についての新しい発見があり、引き出しも増えて自然と目指すべき作品の方向性がまとまっていったと思います。

自分らしい表現を求めて分析している時間や、実際に制作でそれが表現できたとき、本当に楽しいと思えました。そんな気持ちで毎日を過ごせたのは、どばたの先生方や、レベルの高い同じ受験生のみんながいたからです。この半年で自分の視野が広がったり、本当に沢山の気付きがありました。ありがとうございました!