多摩美大 情報デザイン学科メディア芸術コース 視覚表現対策SP(アトリエorオンライン)

Posted on Posted in デザイン・工芸科, ニュース, 募集中, 学院から, 映像

多摩美大情報デザイン学科メディア芸術コースの「一般選抜・視覚表現」の対策を行います。
10月の3週に渡り、視覚表現をアイデア段階からその思考法と実践法を学んでいきます。
アトリエ通学、オンライン受講のどちらかを選択できます。

「視覚表現」とは...

一般選抜においてデッサンと共に出題される、色彩を用いた表現課題です。他科の平面構成とは一線を画す独自の評価基準となっており、出題においても「自分史」「芸術における人間存在の意味」「未知との出会いを想像する」などユニークな設問が課されます。構成力や色彩感覚など基本的な技術はもちろんですが、独自の発想やコンセプトが求められます。

この講座では現役の多摩美情報デザイン学科メディア芸術コースの学生講師を含む指導で、一期毎に「視覚表現」作品をひとつ制作します。課題へのアプローチと基礎的な思考法を身につけていきます。

日程

Ⅰ期:10月12日(火)・13日(水)・14日(木)
Ⅱ期:10月19日(火)・20日(水)・21日(木)
Ⅲ期:10月26日(火)・27日(水)・28日(木)
全3期 18:00 - 21:00(アトリエ通学 or オンライン受講)

受講料

16,000円/期
*1期から受講可能

用意するもの

筆記用具、エスキース帳、アクリルガッシュ、B3ケント紙

会場

すいどーばた美術学院 目白アトリエ2階

参加方法

参加日の3日前まで(オンライン受講の方は7日前)にHPから申込みを行う。※google meetを使用します。

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、変更・中止をする場合があります。

▼ 重要事項です。
オンラインで受講される方は必ずご確認ください ▼

受講のための条件

  1. スマートフォンに加え、タブレットあるいはパソコン(カメラ・マイク・スピーカー付き)を持っている。
  2. メールでのやり取りが可能である。
  3. Googleのアカウントを新規取得することが可能である。(無料・取得方法はメールで送られる)
  4. 通信制限を気にしなくて良い環境がある。

 

授業では主にGoogle meet、Google Classroom、Google Driveを使います。インターネットを使って遠隔地にいる相手と映像と音声でコミュニケーションをし、データの共有が可能なGoogle社が提供しているアプリケーションです。各自が持っている端末にアプリケーションをダウンロード(無料)されていれば、簡単に相互通信が可能となります。
App store・Google playからダウンロードできます。

オンラインで受講するまでの手順

~7日前
すいどーばたHPから申し込みを行う。(申し込みはWEBからのみです)
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を入力してください。
※申し込みは準備の都合上、受講コース初日の7日前までとします。
※定員になり次第募集を締め切ります。
申込後
申し込みフォームに記載されたメールアドレスに「オンライン授業の手引き」が送信されるので、よく読み準備をする。
※メールはeizou_online@suidobata.netから送信されます。必ず受信できるようにしてください。
~受講コース初日の開始10分前
受講コース初日の開始10分前までにガイダンス参加用のGoogle meetのURLが送られる。
2021年8月4日(水)〔デザイン・工芸科 , ニュース , 募集中 , 学院から , 映像