基礎科 「石膏像に似せてやる〜〜っ!」

投稿日: カテゴリー: 基礎科

基礎科は、先週今週と2週にわたり「石膏デッサンゼミ」を行いました。
先ずは、墨クロッキー。

 

こんな感じです!
どちらも講師によるお手本ですが、少ない筆致でも、それぞれの石膏像の感じが出ていますね!
墨の一色なので微妙な明暗差はありませんが、画面に像が浮かび上がってくるようです。

 

基礎科では、描く際に「物の特徴を捉える」事を大切にしています。
そのステップとして今回は石膏像を描いてみました。
目立ったり、形の要になるポイントを上手く描くことで「特徴と立体感」を表現します。

墨クロッキーを活かし、次は黒いマスキングテープによるクロッキー。

 

なんと、全て生徒さんの作品です! 上手いっ!!
すごくこだわって小さくテープを千切ったり、テープをたたんで貼ったり、貼り絵的な楽しみも感じてる?
木版画的な面白さも匂わせていて素敵です。部屋に飾っておきたい感じ!

墨クロッキーのように鉛筆で軽くアタリをとった後に、黒マスキングテープで描いて?貼って?います。
墨と違い、形の狂いを見つければ貼り直し修正したり、必要のなかった部分を剥がしたりする事もできます。

芸大デザインのI先生の作品

さすがです!
カッコいい〜!

その後、鉛筆や木炭の2時間デッサンにつなげていきました。
優秀作品5点を選びました。

こちらは、土日・日曜クラス生徒作品です。像のらしい動きをよく掴んでいますね!

 

ゼミの初日と比べると、別人のような、とても大人な見方になりました。
今後の課題でも、今回の見方を意識して続けていって欲しいと思います。
生徒の皆んなも疲れたと思いますが、講師もヘロヘロな二週間でした。
「皆んなお疲れ〜、でもすっごく力ついたよ〜」

2021年5月28日(金)〔基礎科

コメントを残す