基礎科 2021春季講習会ターム3

投稿日: カテゴリー: 基礎科

基礎科です。

春季講習会最終日です。

 

『視線を感じる、、、』

『観られてる、、、、めっちゃ観られてる、、、』

というわけで全専攻コースでマルスを描きました!

 

最初にレクチャー。構図による印象の違いや、明暗の把握の仕方などを学びます。

 

そしてデモンストレーション。

木炭、鉛筆それぞれでデモンストレーションを行います。

毎回こうやって講師の作業が観れるのは贅沢ですね!

自分の進み具合で参考にする部分も変わるので、何度観ても新しい発見があります。

 

 

 

 

ビギナーはスポンジと瓶と石。自分でセッティングして描きます。

明暗、物の重なり、色の違いや質感の違い、紙の大きさや比率も意識しつつ、格好良い配置を探ります。

ビギナーコースでもデモンストレーション。

モニターを使って、皆がデモンストレーションを見れるようにしています。

 

 

良い作品が出たので紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッサンで形の狂いに気づくとがっかりしていまいますよね。

でも、気づけたのは、絵が進んだから、もしくは観察力が増しているからなのです。

 

ちゃんと観察をしているつもりでも意外に観ていないものです。

描けば描くほど色々なことに気づくので観察力が増し、観察力が増すことでより正確な形を描くことができるようになる、、、、その繰り返しでだんだん形のズレも少なくなっていきます。

 

自由に描きたい人にとっても、観察力と描写力は思い通りの絵を描くために必須の重要な力です。

 

いつの日か、最初から最後まで一度も直さずに描き切れることを夢見つつ、今は違いに気づいたらドンドン修正していきましょう!

 

4月10日から新年度が始まります。

この春から夢に向かってスタートをきってみませんか?

スタッフ一同お待ちしております!

 

 

実り多き年になるよう、めっちゃ観ていきましょう!

2021年4月3日(土)〔基礎科

コメントを残す