2021建築科の体験入学

投稿日: カテゴリー: 学院から, 建築科

概要

建築や都市を教える大学は、工学分野と芸術分野に分かれます。
おおざっぱに言うと、工学分野では「技術」を学び、芸術分野では「思想」を学びます。

東京藝術大学をはじめ、芸術分野の建築系学科の入試には、立体感覚や空間的感性を問う実技課題が出題されます。
横浜国立大学の総合型選抜ほか、工学分野の建築・都市系学科の入試にも、同様の実技が課せられる大学があります。
すいどーばた美術学院 建築科では、それら両方に対応した授業をおこなっています。

建築は、単に、美しいかたちを作ればよいというものではありません。
建築をつくるには、柔軟な感性と論理的思考、厳しい条件や難しい課題を解決する力、他者とコミュニケーションをとるための読解力や表現力などが必要です。
入試では、そうした素養があるかどうかが、総合的に考査されます。

この体験入学では、授業でおこなっている総合力強化プログラムの初級編として、藝大および横国大の2021年度入試問題を簡略化した課題を実施します。
両校以外であっても、入試に実技試験の課せられる建築・都市系学科の受験生であれば、どなたでも受講できます。

当日は、はじめに、建築・都市系学科の大学進学の実情と当学院建築科の指導方針についてお話ししたのち、藝大・横国大ほか主要大学の入試問題の解説を行います。
その後、志望校別に入試問題の体験制作を行います(両校の受験経験者は、入試再現作品を制作ないしご持参くださっても結構です。なぜダメだったのか、どうやったら受かるのか、を徹底的に指導します!)。
藝大・横国大以外の大学を第一志望とする方は、「立体系課題」「平面系課題」のいずれかをご選択ください。
また、制作時間の合間に、個別の進学相談をおこなう予定です。
学科の学習計画についてもご相談をお受けします。
建築・環境デザイン分野への進学を目指すみなさん、ふるってご参加ください。

当日の進行

10:00〜 オリエンテーション
10:30〜 2021年度入試の解説と課題説明
10:45〜 制作
12:30〜 休憩
13:30〜 制作
15:00〜16:00 個別講評

対象

高校1年生以上で、日本国内の大学の建築系または環境デザイン系の学科への進学を志望する方。

持参物

参加者全員に画材を支給します。
初心者には、適切に感染症対策を施した上で、道具を貸し出します。
経験者にも道具の貸し出しを行いますが、感染症予防の観点から、できるだけ持参していただくのがよいと思います(制作に必要な道具については、こちらを参照してください)。

実技の制作経験がある方は、過去に制作したもの(または作品写真)をお持ちいただければ、個別に指導を行います。

2021年2月1日(月)〔学院から , 建築科