基礎科 中期Ⅰの始まり、レクチャーが熱い!!

投稿日: カテゴリー: 基礎科

こんにちは基礎科です。

本日8月6日から中期Ⅰがスタートしました。
初日の今日も前期Ⅱに引き続き鈴木先生による石膏レクチャーから!
基礎科の講習会は週が変わるごとにレクチャーをします。手厚いですね。

まずは構図について
石膏デッサンにおける構図の重要性は非常に高いのです。
構図によって作品の仕上がりが違ってきます!

次に明暗の説明です。
実際の見え方とは違う視点で、明暗についてわかりやすく説明をしてくれます。

細部の観察の仕方も教えてくれるんです。

次は笹野井先生による、木炭レクチャーです。

木炭の使い方や、デスケルの覗き方まで手取り足取り指導が細やか!

そして私杉山による鉛筆レクチャーです。

こちらも鉛筆の削り方、描くときの姿勢、一から説明します!

聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥と先人は言っています。
まだ実技を始めたばかりの君たち!基礎科の先生は優しいです。困ったことがあったら何でも聞いて見ましょう。
その答えから何か発見があるかもしれません。

基礎科各コースは1週間単位で受講できます。 美術をはじめてみようと思ったあなた、新しい一歩を踏み出してみましょう!

2018年8月6日(月)〔基礎科

コメントを残す