夏季講習会 工芸科

夏季講習工芸科イメージ

  講習期間
  短期 7/17(月・祝)~7/22(土) 前期 7/24(月)~8/5(土) 中期 8/7(月)~8/19(土) 後期 8/21(月)~8/26(土)
昼間 9:30~16:30 9:30~18:00 9:30~18:00 9:30~16:30
夜間 17:30~20:30 - - 17:30~20:30
基礎 - 9:30~16:30 9:30~16:30 9:30~16:30

夏季講習会の目標を立てよう!

工芸科は短期と後期は、昼間部6時間、夜3時間。前期と中期は、終日7.5時間のコースを設けています。
講習会を充実したものにするために、この講習期間の目標を立てましょう
そして、その目標を達成するためには、どのようなことを実行しなければないかを考えておいてください。
あまりおおきな目標ではなく、ちょっと頑張れば手が届きそうなところに目標を置き、目標の達成を成功体験と捉えましょう。
小さな成功体験を積み重ねていくことが大きな目標に近づくことが必要だと考えて、一人一人が真剣に考えた大切な目標を中心にして、講習会を受講してくれている皆さんと担当講師が関わっていきます。

短期:夏季講習のウォーミングアップ

短期の1週間は、前期、中期、後期と続く夏季講習会の準備期間と位置付けています。
昼間部は、<DA1芸大工芸石膏デッサン>の1コース。
夜間部は、<DS1芸大工芸[デッサン]>の1コース。です。

工芸科の試験で、特に重要と考えられているデッサンの1コースに絞り設定しました。明暗関係を理解し、ぱっと見の印象を捉え、誰が見ても、違和感を持たないような見え方をするデッサンを目指します。この考え方を徹底的に推し進めた上で、更に工芸科として特に必要とされる、細部の観察が行き届いた表面の表現を全体に施してゆきます。今年度の工芸科の受験では、すいどーばたの受験生の、約8割の学生が1次試験を突破しています。
夜間部のコースは、特に、日常の高校での授業が継続していて、昼間部のコースが受講できない高校生に受講してもらいたいコースです。描いた分だけ、上手くなるこの時期、昼間部のコースを取ることができる時期までブランクを空けず継続する必要があります。また、少し、デッサンに不安がある人にとっては、昼間部のコースと合わせて受講することで、デッサンの経験を増やす機会でもあります。

前期/中期:シミュレーションと新たなステージへの課題を探そう!

前期、中期は試験時間に合わせた傾向と対策。二日課題は、自分の問題を解消したり、自分のステージを上げるためのこれからの問題を探したり、考えたりする、自己研究のためのものです。
<DA2芸大工芸 前期>、<DA3芸大工芸 中期>の1コースずつです。

一日課題では、時間内での制作のプロセスやリカバリーなど、個人個人が試験で起こりうるさまざまな問題を発見し、解決するための方法を講師とともに考えることに主眼が置かれます。
二日課題では、じっくり時間をかけて、一課題に取り組んだり、同じ課題を2パターン制作したり、個人個人で時間を計画し制作に取り組みます。特に一次試験のデッサンでは、決められた位置で制作しなければなりません。そのため一日目は自分が好きな位置で、二日目はなんだか苦手意識を持ってしまっている位置で描くなど自分の状態に合わせて制作することができます。また、今年度芸大工芸科に合格した芸大生を招いたデモンストレーション、座談会等も行います。どのような気持ちで、受験勉強をしていたのか?どのような問題を抱え、どのように解消しようと努めたかなど、合格した体験を直接聞くことは、来年の受験に向けてのとても良い参考となるでしょう。

後期:講習会での成果の確認と今後の目標を設定する。

後期は、夏季講習会のまとめと、二学期に向けての準備期間です。
昼間部は、<DA4芸大工芸[デッサン]強化>の1コース。
夜間部は、<DS4芸大工芸[デッサン]>の1コース。です。

講習会の初めに立てた目標が達成できたかどうかを確認しながら、秋に向けての新たな目標を設定し、そのためには具体的にどのようなことが必要なのかを担当の講師とともに考えながら進めていきます。
受験に向けて大切な二学期を迎えるための重要なコースとしてぜひ受講してください。

 

以上が講習会期間のおおまかな紹介です。
高校などの日程とコース設定が合わない人や、どのコースを受講すれば良いか、課題内容等、分からないことがありましたら、どのようなことでも構いません、お気軽にご相談ください。

 

コース一覧

昼間・夜間コース

夏季講習工芸科スケジュール

基礎コース

夏季講習工芸科基礎コーススケジュール