映像科 2024

※準備中です

M.Hさん

合格大学:武蔵野美術大学造形構想学部映像学科(進学)
東京造形大学デザイン学科映画映像専攻

出身校:都立府中高等学校 現役

『充実した日々』

私は三年の一学期までどばたの私大デザイン科にいました。しかし美大といったらデザインかな、と安易な考えで通っていたせいか不安な気持ちが募る日々。色々考え直すうち元はアニメ作品に感銘をうけて美大を志したことを思いだし、すぐ映像科の先生に面談を頼みました。そこで目指す大学の特色やカリキュラムの説明を聞き、私は夏季講習の申し込みを決めました。

少し遅れたスタートに不安な気持ちだったのですが、そんなもの一瞬で無くなりました。
なぜなら楽しかったから!
感覚テストって本当、何やってもいい。好きな設定、状況。溜め込んだ妄想を吐き出せる機会の様で、私は胸の内で高揚してました。
もちろん映像として魅力的なものを考えるという大前提は大事。
だけど楽しんだもんがちだったな、と思うのです。私は日々面白いと思った事柄をメモしていて、その中から気分で作品に採用してたのですが、ノリノリで書き進められる時は大抵良い作品が完成してました!制作中も先生達がたくさん助言をくれるので毎制作が良い作品を産むチャンスです。
個人的に文章へのこだわりは強く、読み返しては細かい所でも書き直す、を何度も繰り返していました。なので人一倍、文章を褒められると嬉しかったです。熱意を持って取り組めば読み手に伝わるんだと思います。こだわりは武器。

どばたは映像実習もあります!ここでも時間をかけて何テイクも撮り直し、何回も編集を見直す。私は初めて映像作品を作るということをしたのですが、こだわる程に良くなっていって、今でも見返すくらいにはお気に入りの作品です。間違いなく今後に生きていく体験でした。

夏から冬まであっという間です。
もちろん受験だから、コンクールで結果が振るわなかったとか、落ち込む日もありました。私の場合は好きな映画の聖地へ遠出してみたり、先生おすすめの映画を見たりして、創作に繋がる様な気分転換を心がけてました。
先生方、実習を共にした同期の仲間、参考作品。刺激が多く孤独じゃないので、最後まで駆け抜けることができます。
私の場合本番はまったく緊張してなくて、自信しかなかったです。どばたで作ってきた作品達が背中を押してくれました。
入試直前期、受かっても落ちても、この経験って間違いなく今後に生きるなぁと思っていました。それくらいには、どばたで映像について学ぶことは多いし濃いし、大学に行く前に知れて良かったと思うことばかりでした。どばたを楽しんだもんがちです!