基礎科 全コース合同の立体制作!

こんにちは、基礎科です。
先週より年の一度の全コース合同の粘土立体制作に取り組んできました。
絵画系志望の学生は、粘土制作は初めての人も沢山いました。
そんな中で彫刻コース担当の浅井先生が、学生と一緒に制作してくれました!

 

生徒作品も力作ぞろいでしたよ。
各先生が1点ずつお気に入り作品をピックアップしてモニターを使って全体講評会を行いました。

講評会もつい笑みがもれます。

熱く、たのしい講評会!

石膏デッサンなどを学んでいく過程で、構図をしっかりと取る、全体のプロポーションを正確に捉えるなど、客観性を持って自分の実技を矯正していくような勉強が必要になります。これを反復して学んでいくことは非常に重要なのですが、作る喜びや徹底的なこだわりなど、美術に触れはじめた頃に感じた感覚を忘れやすくなります。

そこで今回は「自分の好きな二次元キャラクターを立体で徹底的につくり込む」という課題に意図的に取り組みました。

キャラクターの線をどのように立体上で表現するか、水粘土上にコスチュームの明暗差を作るためにはどうすれば良いか、皆さん楽しみながら試行錯誤して密度のある作品が出来上がっていました。

普段のレクチャー、デモストレーションを使った実践的な実技訓練と、このような遊びと幅をもたせながら創造力に働きかける課題、この二つを組み合わせることで、芯の強い基礎力を養っていければと思っています。

10月7日(土)進学相談会(川越会場) 

学院よりお知らせです。☆

美術・デザイン進学相談会に参加します。

●10月7日(日) 13:00~16:30 [入退場自由]

場所:ウェスタ川越 1階多目的ホール

企画: (株)さんぽう

相談会の詳細はこちら

当日は総合受験相談コーナーとデッサン基礎講習を担当します。
デッサン基礎講習は中学生でも高校生でもご参加頂けます。
初心者の方大歓迎!ためになる講座ですよ!
また、作品を本学院ブースに持参すれば、講師がミニ講評いたします。

2017 すいどーばた 秋のスタートプログラム

2017年11月23日(祝) 保護者のための進学説明会

※参加費は無料です。
同日に行われる体験入学の申込用紙またはフォームから、参加のお申込をしてください。

 

11月23日(祝)14:00-16:30

■高校生以上対象(芸大・美大受験)
芸大・美大受験とは、どういうものなのか。
これからの心構えや事前準備はどうすればよいのか。
藝大・美大入試の現状、傾向、対策を中心に受験のエキスパートが判りやすく説明します。
ナマの受験現況をお伝えいたします。

 

11月23日(祝)10:30‐11:30

■中学生対象(芸術・美術系高校受験)
芸術・美術系高校で、実技試験を課す受験について、入試の現状、傾向、対策をお話します。
特に高倍率の都立・総合芸術高校入試を中心に、担当講師が解説します。

 

 

学園創立記念日

9月16日は、学園創立記念日です。

1957年に創設者・髙澤節先生が創立した「すいどーばた洋画会」が、

学校法人髙澤学園として認可され、法人立の「すいどーばた美術学院」となった日です。

と、いうことで、すいどーばたは、今年創立60周年。

藝大・美大専門の受験指導を通じ、いま美術界で活躍されている数多のアーティストが

初めの一歩を踏み出すその瞬間に立ち会ってきました。

これからも、美術・デザインの世界へ扉をたたく受験生といっしょに歩んでゆきます!

記念日ということなので、今から52年前の懐かしい昔のすいどーばたを・・・・。

モチ当の大先輩。

当時の下宿

当時の昼休み

講評会の様子

 

1 2 3 163