冬季講習会 先端芸術表現科

2020年度合格実績

冬季講習先端芸術表現イメージ

講習期間
前期 12/14(月)~12/21(月) 中期 12/23(木)~12/30(木)
昼間 - 10:30~17:15 6h
夜間 18:00~21:00 18:00~21:00

オンラインでも現地でも、合格への道を切り開く!

昨年藝大先端科合格者全国No.1の実績を残す、先端芸術表現科の冬季講習です。
短い冬だからこそ、しっかりと集中できる環境においてラストスパートの準備を整えましょう。
芸大先端芸術表現科は、総合力が試される試験が出題されますので、
昼間コースと夜間コースをセットで受講することで、ポートフォリオ制作や1次・2次試験に自信を持って挑めるようになるはずです。
特に現役生は、この冬の頑張りの成果は、結果に直結します。
浪人生も、この冬が合格圏内を狙うための最後のチャンスでもあります。
充実した冬季講習で、これまでの努力を自信に変え、新年を迎えましょう。

受験生全体にむけて

前期と中期、昼間と夜間、全てのコースを受講することを強くオススメします。
特に中期の昼間コースでは、ポートフォリオ制作がもっとも進む時期でもありますので、必ず受講するようにしましょう。自分がやりたい&やってきた制作をより高次元で行うサポートをします。
夜間コースでは、小論とデッサンと自分にあった受験方法を考えるきっかけを作ります。
一次試験に自信が持てない方は特にオススメです。ここで自信を持てば、センター試験にもポートフォリオ提出にも時間を割けるのが大きいです!!
先端は、受験に必要な要素が大変な数にのぼります。ですので、数をこなすことによって、他の要素の不安を消し、次につなげていくような連鎖式の対策が必要となるでしょう。

遠方の方

短期集中での冬季講習は、遠方の方の味方です。全国から集まった先端科志望者と切磋琢磨できる機会は大変貴重だと言えます。自分自身の制作や1次・2次試験の実力を図ることができる数少ないチャンスでもありますので、積極的に利用してください。
今年は、フルオンラインの講習も行うため、現地で実際に参加されても良いですし、どのような受講形態で行うかを選択することもできますので、ぜひご検討ください!

夜間コースについて

前期は総合実技対策と制作の個別指導、中期は小論とデッサンの選択制のコースとなります。
デッサンと小論は、より本番に近い内容を出題しますので、実力を伸ばして、形式に慣れるチャンスを提供します。
今回は特に前期の夜間の受講をオススメします。というのも、前期は、昼間の講座がないため、もし受講しないと、まるまる一週間休んでしまうことになってしまいます。継続的な受講をオススメいたします。

私大の併願を考えている方

先端芸術表現科では、武蔵野美術大学デザイン情報学科、映像科や多摩美術大学の情報デザイン学科等その他大学の併願も可能です。他にも受講生の得意なことに合わせて併願校のプランを決めていますので、気軽にご相談ください。

受講期間のご相談やご質問

さまざま受験にまつわる質問、または高校の授業や補講などでの受講期間についてのご相談も受付けています。
自分なりの受講のやり方で、臨機応変に対応しますので、まずはお問合せ下さい。

昼間コース

KA2 芸大 自己表現ファイル強化 中期 6h

OKA2 online芸大 自己表現ファイル強化 中期 6h

このコースでは入試で必要になる「個人資料ファイル」に必要な作品作りを進めていきます。入試まであとわずかですが、しっかりと自分の作品を見直し、新作を作り、個人資料ファイルとしてまとめていく、といった事を徹底していきます。今から始めてもファイル作りが間に合わない、不安だ、といった人も大丈夫です。個人の作品進行具合によって個別に丁寧な指導をしていきます。ここで入試に向けて追い込みをかけていきましょう!またこれから受験を考えている高校1、2年生にも対応しています。

夜間コース

KS1 夜間 芸大 1次総合実技強化 前期 3h
OKS2 online夜間 芸大1次総合実技強化 前期 3h
KS2 夜間 芸大 1次強化 中期 3h
OKS2 online夜間 芸大 1次強化 中期 3h

上記のコースでは、小論文か素描を選択できます。
※前期は、芸大先端の1次・2次試験を包括的に対策します。また、個人資料ファイル制作にかかわる実習も行う予定です。
※中期では、1次試験に絞り対策を行います。
● 小論文は、芸大先端独特の問題を想定して、経験豊富なプロの目から実践的な傾向分析と対策を行います。また、受験者一人一人がしっかりと納得して小論文を書くための個別指導形式を採用しております。大きな実績を持つ「どばたの先端小論」を体験してください。
● 素描では、過去の受験問題を中心に、バリエーションを持った課題を行う事で、自己表現の視点を探ると同時に素描表現そのもののクオリティーを高めていきます。

▼ 重要事項です。
必ずご確認ください ▼

受講のための条件

  1. 自宅・学校・その他で制作場所を準備できる方
  2. スマートフォンかタブレットおよびパソコン(カメラ、マイク、スピーカー付き)を持っている。 (スマホ+パソコンが 望ましい)
  3. メールでのやり取りが可能である。
  4. 通信制限を気にしなくても大丈夫な環境がある。
  5. ご自身で実習に必要な材料や道具などを用意できる。

※パンフレットの内容から一部変更がございます。必ずご確認下さい。

受講までの手順

~3日前
すいどーばたHPから申し込みを行う。(申し込みはWEBからのみです)
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を明記してください。
※申し込みは準備の都合上、受講コース初日の3日前までとします。
※各コースとも定員になり次第募集を締め切ります。
講習会前日
講習会参加者に、すいどーばたが独自に発行するメールアドレスを取得してもらいます。(@suidobata.net)詳しい作業内容は受講者へのメールにてご案内します。
~受講コース初日の開始30 分前
受講コース初日の開始30分前までにガイダンス参加用のGoogle meetのURLが送られる。
受講中
担当講師が、Google meet とGoogle Classroom を用いて、各自制作と適宜個別面談指導を行いつつ、全体講評を行います。

コース一覧

前期

横スクロールでご覧ください

冬季講習先端芸術表現前期スケジュール

中期

横スクロールでご覧ください

冬季講習先端芸術表現中期スケジュール
受講料
講習会費