冬季講習会 映像

冬季講習映像科イメージ

講習期間
前期 12/14(土)~12/21(土) 中期 12/23(月)~12/30(月)
昼間 9:30~16:30 9:30~16:30
夜間 17:30~20:30 17:30~20:30

総合力の向上を図る2週間

武蔵美、日芸、東京造形と映像関連学科の入試では、絵のみでなく言葉による表現や論述が必要となります。想像する力、思考する力、そしてそれを具体的に描写し、記述していく力が求められるのです。冬季講習会では、時に幅広く、時に要点を絞った課題を経験しながら総合的な能力の向上を図ります。冬季講習会は短期間ですが、しかし重要な2週間となります。

試験時間に対応するために

武蔵野美大の感覚テストや東京造形大の入試は3時間、日芸映画学科の小論文は80分と、非常に短い時間で作品や文章を仕上げなければいけません。そのために事前の対策が不可欠となります。できるだけ多くの課題をこなしていく中で、自分なりの方法論を見つけ、発想や思考のパターンを確立することが何より重要です。

選択のポイント

昼間コースは武蔵野美大映像学科と東京造形大の対策を目的とした2コースと、高校1、2年生に向けた実技基礎コースがあります。武蔵野美大・東京造形大総合コースは前期の基礎から中期の応用に課題内容が展開していきますので、できる限り通しで受講することをおすすめします(止むを得ずどちらかのみの受講の場合でも丁寧に対応します)。実技基礎コースは来年、再来年に入試を控える高校一・二年生を主な対象に、ゆっくり着実に、経験することから始めていきます。実技未経験の受験生も歓迎です。

前期夜間は二つのコースがあります。ひとつが日芸、武蔵美入試に特化した小論文のコース。ここでしっかり小論文の対策を極めておきたいところです。 もうひとつが武蔵野美大の「ディレクション資質型入試」と「外国人留学生入学試験」対策のコース。構想力テストと感覚テスト、面接の対策を行います。
後期夜間の武蔵野美大対策スペシャルはデッサンと感覚テストをパックにしたコースです。デッサンで映像科受験を考えている他科の学生の受講も歓迎です。また、このコースでは武蔵野美大映像学科の教授による作品講評を予定しています。

コース一覧

前期

横スクロールでご覧ください

冬季講習映像科前期スケジュール

中期

横スクロールでご覧ください

冬季講習映像科中期スケジュール