夏季講習会 中学生科

絵が上達する実感を
絵が好きでもっとうまくなりたい
絵が好きだけどうまく描けない
美術系高校への進学を考えている
あなたの”好き”を全力で応援します。

中学生 午前ビギナーズ

HA1HB1 HA2 HB2 これから始める人に最適なコースです。鉛筆の削り方やデッサンの基本をひとつひとつ学んでいくので、無理なく描写力が身につきます。美術系高校への進学を考えている人、描くことが好きだからしっかり基礎を学びたい人、この夏季講習から始めてみませんか?
前期のみ、後期のみの受講もオッケー。それぞれの人の習熟度に合わせた指導なので、全期間受講すればさらにしっかり基礎力が身につきます。

中学生 午前コースと全日コース、違いとポイント

HC1HC2 午前コースは毎日3時間描きます。部活や塾との両立ができる忙しい人にぴったり。

HD1HD2 全日コースはお昼を挟んで1日6時間しっかり描くコースです。この夏でぐーんと上達したい人向けです。
今年受験を考えている人には、1枚でも多く描いて、スピードと密度をあげていくためのカリキュラムになっているので、夏季講習が終わった頃にはきっと自信がついてくるはず!

前期と後期のカリキュラム、違いとポイント

午前コース、全日コース共に、前期と後期の内容は違います。どちらか一方の受講も、通しで10日間の受講も可能です。

HC1HD1 前期は、楽しく描くことを忘れずデッサンを中心としたカリキュラムで立体感や形態感、パースなど基本的なことをしっかり押さえます。
今まで自己流でやってきた人、なんとなく知ってるけれど、という人、長く経験してる人も、ひとりひとりのレベルに合わせた指導をしているので、講師になんでも質問しよう!

HC2HD2 後期は、水彩にウエイトをかけたカリキュラムです。水彩もデッサンが基本なので、基礎力を身につけつつ、透明水彩の絵の進め方を学べます。
今まで水彩をあまり描いたことがない、もっと上達したい人、透明水彩のパレット作りや絵の具の濃度、筆の扱いなど、一からアドバイスします。

主な対応美術系高校

東京 都立総合芸術高等学校、都立大泉桜高等学校、都立片倉高等学校、私立女子美術大学付属高等学校、私立トキワ松学園高等学校、私立潤徳女子高等学校、私立新渡戸文化高等学校
埼玉 県立芸術総合高等学校、県立大宮光陵高等学校、県立伊奈学園総合高等学校、県立越生高等学校、私立浦和学院高等学校
神奈川 県立弥栄高等学校、県立白山高等学校、県立上矢部高等学校
  • 講習会の初日にオリエンテーションを行い、カリキュラムの説明や用具のレクチャーをします。
  • 課題毎に講評を行います。
  • カリキュラムは多少変更になることもあります。
  • ひとりひとりのレベルにあった指導をします。わからないことは何でも質問してください。

HD1 HD6 は途中45分の休憩時間があります。
※申込みは、各コース開始の2 日前までにお申し込み下さい。
(2日前の事務所受付時間内に締切)

HA1 HB1 HA6 HB6

中学生 [午前ビギナーズ ]

鉛筆の削り方・デッサンの基本を身につける!

  • すいどーばたがまったく初めての人は入門課題
    (4 課題)からスタートします。
  • 今まで使っているデッサン・水彩セットでも構いません。初日にご持参ください。
  •  受講と同時にデッサン・水彩セットを購入希望の方は、画材がセットになっているコースをお申し込みください。

セット内容は画材紹介ページ参照。中学生科の鉛筆デッサンセット
[スケッチブック有]と水彩セットを合わせたものをお渡しします。

  • 前半(Ⅰ~Ⅴ期)のみ、後半(Ⅵ期)のみの受講OK
  • HA1・HB 1HA6・HB6は同じ内容です。前期にHA1・HB 1を受講した方で後期も受講される方は、H C 6またはH D 6を受講してください。

HC1 HD1 

中学生 [午前・全日]

デッサンを中心としたカリキュラムです。

HC6 HD6

中学生 [午前・全日]

水彩にウエイトをかけたカリキュラムです。

【注意事項】
中学生科受講申込み等の受付(書類、過不足金の授受を含む)については、すいどーばた美術学院事務受付のみで行います。創形美術学校会場での対応はできませんので、ご注意ください。

用意するもの (* 詳しい道具の説明は初日に行います。)
デッサン 鉛筆(2H-4B)、練消しゴム、消しゴム、クロッキー帳、フィキサチーフ(定着液)など
*パネルは貸出します。
水彩 水彩絵具、水彩筆、パレット、筆洗、鉛筆、練消しゴム、クロッキー帳、雑巾など
*パネルは貸出します。
*画用紙はアトリエで配布します(準備不要)
画材あ~る TEL 03 - 3983 - 2420
URL http://www.ar-t.jp

online夏季講習会はこちら

受講料