入試直前講座 先端芸術表現科

1次もファイルも諦めない。ラストスパート先端!

受験に向かう最後の締めくくりとしての入試直前講習です。
個人資料ファイル(ポートフォリオ)の編集作業と一次・二次試験対策を総仕上げするために行います。
本気で合格を目指す受験生であれば、必ず受講していただくことをお願いしております。

コース授業内容について

毎週ごとに、受講生一人一人と個別にスケジュールを考えていき、制作と編集を講師と相談しつつ進めていきます。
毎週5日間のうち、一次対策と二次対策として1日ずつ必ず出席してもらいますが、その他3日間は受講生一人一人の進捗に合わせて進めていきます。
このような個別指導方針となるのは、画一的な授業方針ですと個人資料ファイル(ポートフォリオ)で求められる制作コンセプトの個別性や多様性を受講生が得られないからです。東京藝術大学先端芸術表現科は、毎年倍率が5倍ほどあり、似たようなコンセプトや制作にまつわる技術力では、他の受験生と差別化することが難しく、翻って入学することもまた難しいという結果になってしまいます・・・。
そのため、私たちは一人一人の内容に合わせて、他の受験生とは確実に差別化を図るための戦略を、受講生と共同で作っていく必要があるのです。

受講期間について

KA1 について

今年度はセンター試験の日程が例年よりも一週間ほど先になってしまった影響上、センター試験を挟んだ講習会の日程となっております。
このKA1は、センター試験の成績は大丈夫だが、ポートフォリオの制作や1次と2次試験を1日でも多く対策したい、という受験生の方向けに開講しております。それ以外の受験生は、センター試験の最後の追い込みを頑張りましょう。

KA2以降について

センター試験が終わった翌日よりKA2が始まります。私たちとしては、是非ともこのKA2からの参加を強くお勧めしております。
それ以降のKA3KA4KA5については、通われている学校の方針で参加が難しい地方在住の受講生や、現役生に向けての選択期間となっております。
また1日単位での延長制度もありますので、臨機応変に学校スケジュールに合わせて、なるだけ多くの日程を直前講習での対策ができるようにお願いしております。
これらの理由として、私たち自身、毎年この時期にギリギリまで粘って粘ったみなさんの先輩たちの合格を常に横から見ておりました。こんなもんだろう、これくらいだったら大丈夫だろう、と思って合格した人は誰もおりません。講師と一緒に、ここまでやりきったんだ、という人だけが合格していたように思われますので、ぜひ検討のほどをお願いします。

オンラインコースについて

先端では、今年、2月頭まで受講できるオンラインコースを開講します。
2月上旬からは現地での対策をお願いすることになりますが、それまでも、それぞれお住まいの場所で、受講生の進捗や状況に即した対策が可能となりますので是非ご検討ください。

高校1、2年生について

(高校三年生・浪人生で来年度の受験を考えている方)

高校1、2年生は、3学期からの通常授業を受講してください。
入試直前講習は受験生向けになっておりますので受講しないようにご注意ください。
また、高校三年生、浪人生で来年度の受験を考えている方は、一度面談をお願いしております。また、一度受験をすることを勧める場合もあるかもしれませんので、まずは先端科講師に向けて「お問合せフォーム」より気軽に面談申請をお願いします。

2020年度合格実績

入試直前講座先端芸術表現受講システム

1 日単位延長受講システムについて

・申込講座/ コースの前後に1 日単位(5,000 円)で日程を延長することができます。
・申込講座の1 日単位延長は、講座開始後に受付窓口で直接お申し込み下さい。
・ 各コースとも入試日程に応じて日曜日に対策授業を行うことがあります。
・延長を希望する方は、 延長日の2 日前までに申し込むようにしてください。

無料対策期間

・無料対策期間のあるコースを受講した方は、同一コース内での無料対策期間を、無料で受講できます。

先端芸術表現入試直前講座作例

 
授業時間

   10:30 –17:15 [6h]

KA1 KA2 KA3 KA4 KA5
東京芸大1・2 次ファイル強化I – V

このコースは1 次対策(小論文もしくは素描)、2 次対策(総合実技)また作品ファイルを総合的に強化できるものです。各々のレベルに合わせ個人指導をしていきます。
先端芸術表現科の講師陣により、受講生それぞれが最も良い状態でのファイル提出をできるように個別でサポートしつつ、1次・2次試験のバックアップをいたします。ファイル提出から試験日まで受講生をきっちりご支援いたしますのでご安心ください。合格を迎えるまで是非一緒に頑張っていきましょう!

OKA1 OKA2 OKA3 OKA4
東京芸大1・2 次ファイル強化I - Ⅳ

このコースは1 次対策(小論文もしくは素描)、2 次対策(総合実技)また作品ファイルを総合的に強化できるものです。各々のレベルに合わせ個人指導をしていきます。また、最後の最後まで対策を続けることが先端芸術表現科では重要であると考えておりますので、オンラインによる対策授業期間以降は東京のすいどーばた美術学院「目白アトリエ」に通学していただき、対策を行います。合格を迎えるまで是非一緒に頑張っていきましょう!
※オンラインコースにおける材料費は自己負担となります。詳しい材料については講習会中に講師より指示がございます。
※受講料は通学による対策授業期間を含みます。

■■ 入試直前講座の持ち物・お申込みについて

【KA・OKA 共通】
素描選択の方: 筆記用具、鉛筆デッサン用具一式
小論文選択の方: 筆記用具、ノート、辞書など
総合実技セット: 鉛筆などの筆記具、色鉛筆、はさみ、カッター、定規、のり
その他: A4 サイズクリアファイル2,3 部、ノートパソコン(Apple 社製推奨)、記録メディア(一眼レフカメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラ、録音装置など)
【OKA のみ】
素描選択の方: イーゼル、卓上鏡、木炭紙大画用紙10 枚程度( 推奨:サンフラワーM 画紙)、カルトンまたはパネル(木炭紙大)、目玉クリップ4 つ程度
小論文選択の方: 原稿用紙(400 字詰)数十枚、A4 サイズ普通紙数十枚、B4 サイズ紙数枚(推奨:画用紙またはデザインボード)
その他: 実習で必要となる素材一式(具体的な素材は授業内で指示あり)

※お申込み方法や注意事項に関しては冬季講習会パンフレットのP22 をご覧ください。

online入試直前講座

▼ 重要事項です。
必ずご確認ください ▼

online コースを受講するための条件

  1. 自宅・学校・その他で制作場所を準備できる方
  2. スマートフォンかタブレットおよびパソコン(カメラ、マイク、スピーカー付き)を持っている。 (スマホ+パソコンが望ましい)
  3. メールでのやり取りが可能である。
  4. 通信制限を気にしなくても大丈夫な環境がある。
  5. 今年度受験予定である。
  6. ご自身で実習に必要な材料や道具などを用意できる。

受講までの手順

~3日前
すいどーばたHPから申し込みを行う。
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を明記してください。
※申し込みは準備の都合上、受講コース初日の3日前までとします。
※各コースとも定員になり次第募集を締め切ります。
前日
講習会参加者に、すいどーばたが独自に発行するメールアドレスを取得してもらいます。(@suidobata.net)詳しい作業内容は受講者へのメールにてご案内します。
~受講コース初日の開始30 分前
受講コース初日の開始30分前までにガイダンス参加用のGoogle meetのURLが送られる。
受講中
担当講師が、Google meet とGoogle Classroom を用いて、各自制作と適宜個別面談指導を行いつつ、全体講評を行います。

入試直前講座スケジュール

左右にスクロールしてスケジュールをご確認ください>

入試直前講座先端芸術表現スケジュール

online入試直前講座スケジュール

左右にスクロールしてスケジュールをご確認ください>

<オンライン受講期間の注意点>
オンラインでの授業は、2月6日までとなります。それ以降はオンラインによる対策授業は行わず、通学による授業のみとさせていただきますので、ご注意ください。
そのため、2月8日以降は東京のすいどーばた美術学院「目白アトリエ」に通学していただき、対策を行うことになりますので、予めご了解下さい。

 

online入試直前講座先端芸術表現スケジュール