武蔵野美術大学 クリエイティブイノベーション学科 推薦(総合型選抜)講座

夜間 online 武蔵野美大 クリエイティブイノベーション 推薦(総合型選抜)対策コース

オンライン授業について

オンライン授業ではGoogle classroom で課題の出題と提出を行い、Google meet で制作中の相談やアドバイス、及び全体講評を行います。事前に個別のアカウントを発行するので、受講前に必ず送られてくるメールを確認してください。特殊な用紙や資料、モチーフがある場合には事前に郵送で送付します。

横スクロールでご覧ください

武蔵野美術大学 クリエイティブイノベーション学科 推薦(総合型選抜)講座

コース案内
OMC1 夜間 online 武蔵野美大 クリエイティブイノベーション 推薦(総合型選抜)対策コース 18:00-21:00 3h

武蔵野美術大学クリエイティブイノベーション学科は 2019 年度に設立された新しい学科です。現代社会における諸問題に対して、既存の考え方にとらわれず、自ら課題を発見し、イノベーティブな解決策を導き出す人材の養成を目的としています。
一般入試においてはデッサンなどの実技試験を課さない学科ですが、総合型選抜では「構想力テスト」と呼ばれる、課題に対する自身の企画力やアイデアを図や文章でわかりやすく提示する試験科目が出題されます。
構想力テストで求められるのは各自のテーマとなる「問題提起」と「問題解決」、その2 つに向けた視点とアイデアです。「問題提起」とは、必ずしも環境問題や人種問題など世間を賑わせる大きなトピックである必要はありません。あくまで自身の実感が伴った、当事者意識に基づく視点であることが重要です。「問題解決」では、アイデアの独自性とコンセプトの一貫性が求められます。そのため従来の美術教育を受けていない者にも開かれた入試問題となっていますが、一方で個人の視点を掘り下げ、独自のアイデアを生み出す力や思考をまとめて明快にプレゼンテーションするための言語力が不可欠となります。
この講習会ではイノベーションについてのレクチャーから始まり、構想力テストを経験しながら講師と受講生を交えてディスカッションを行います。他者の言葉に耳を傾け、広く問題意識を共有しつつ、それぞれのテーマを発見していくことを目的とします。

参考作品:埼玉県(北部)の生活

参考作品:おけまる公園

告知

秋のクリエイティブイノベーション 推薦対策講座

秋季にもクリエイティブイノベーション 推薦対策講座を開催予定です。ここでは構想力テストの他、自己推薦調書の添削、面接の指導など、より入試に近い対策を行います。併せて受講することで基礎から実践へ展開した万全の準備を整えることができます。

▼ 重要事項です。
オンラインで受講される方は必ずご確認ください ▼

onlineコースを受講するための条件

  1. スマートフォンに加え、タブレットあるいはパソコン( カメラ・ マイク・スピーカー付き) を持っている。
  2. メールでのやり取りが可能である。
  3. Google のアカウントを新規取得することが可能である。( 無料・ 取得方法はメールで送られる)
  4. 通信制限を気にしなくてよい環境がある。

授業では主に Google meet 、 Google Classroom、Google Drive を使います。 インターネットを使って遠隔地にいる相手と映像と音声でコミュニケーションをし、データの共有が可能なGoogle 社が提供しているアプリケーションです。 各自が持っている端末にアプリケーションをダウンロード( 無料)されていれば、簡単に相互通信が可能となります。App store・Google play からダウンロードできます。

online コースを受講するまでの手順

~3日前
すいどーばた美術学院HP から申し込みを行う
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を明記してください。
※申し込みは準備の都合上、受講コース初日の3 日前までとします。
※各コースともに定員になり次第募集を締め切ります。
申込後
申し込みフォームに記載されたメールアドレスに「オンライン受講の手引き」が送信されるのでよく読み、準備をする
※メールはeizou_online@suidobata.net から送信されます。必ず受信できるようにしてください。
〜受講コース初日の開始10 分前
受講コース初日の開始10 分前までにガイダンス参加用のGoogle meet のURL が送られる。

高得点の鍵は論理性にあり

芸術学科では主に東京芸大を初めとする美大芸大の芸術学科の対策を行います。近年の芸術学科の入試では様々なタイプの出題が見られ、その解答も様々に考えられます。しかし、どのような解答であっても高得点の鍵は論理性にあります。それゆえ、入試ではただがむしゃらに答案を作成するのではなく、常に論理を踏まえて答案を作成することが重要です。本講習会を通してその答案作成プロセスを学べば、今後の受験勉強も合理的に進めることができるでしょう。

もちろん、芸術学は初めてという方にも基礎から学んでいただけます。また、本番さながらの緊張感の中で近年の芸大過去問にも挑戦していただけます。

各コースについて

FA3では英語と歴史の対策を行います。芸術学科で出題される英文は一見難解ですが、芸術学の基礎を踏まえていればより論理的な読解が可能です。歴史については、その出題意図を十分に把握したうえで答案を作成していくプロセスを体系的に学びます。受験における英語や歴史の学習は無味乾燥な作業となりがちですが、芸術学を通じてそれらを学ぶことによって、勉強内容が興味深いものとなることでしょう。

FB3では小論文と素描の対策を行います。小論文については、作品記述はもちろんのこと、近年の出題傾向を踏まえ、様々な出題形式に対応できる力を養います。素描については、すいどーばたが誇る経験豊富な講師陣から的確な指導を受けることができます。特に芸大の対策としては、本番の試験時間を想定したうえで、短時間で作品を仕上げる力を養います。

私大・地方公立大志望の方

武蔵野美術大学や多摩美術大学はもちろん、筑波大学や京都市立芸術大学などの国公立大学の対策についても、志望校に特化した無駄のないカリキュラムで個別に対応いたします。本講習会を通して、第一志望校合格のために自身に欠けている点が明確となり、今後の受験勉強がより一層充実したものとなるでしょう。

受講料

申込料:5,000円
◎申込料免除の特典があります。詳細は特典欄参照。

受講料