油画科 2024

※準備中です

S.Kさん

合格大学:東京藝術大学 美術学部 絵画科 油画専攻

出身校:奈良県立高円芸術高等学校

 

私が絵を描く中で行ったことはまず自分を知るということです。モヤがかかった自分の内面を探り、自分の性格や好きなもの、思考などの自身を構成するものを整理するために絵を描きました。そうして描いたものを比べて見ると意図してないところで共通する部分などに気づき、絵を描いてはじめて分かることがあると知りました。

だんだんと自分の描きたいものが見えてくるとまたモヤがかかります。そしてさらに探ります。今の私の場合は「人が好き」ということを表現したいと思っています。では「人のどこが好きなのか」「どう表現するか」というふうにさらにモヤが存在します。そうしたものをドローイングという形で絵を描いて探ります。モデル、モチーフ、材料、構図、色、技法等などそういった思いついたものをとりあえず表現してみる。考えてるだけじゃ分からないことも絵を描いてみるとあっさり分かったりします。とても探り甲斐があります。

そうして私はやったことのないことをしたり、以前描いたものをアップデートしたりとドローイングをしています。どちらにしてもインプットは大事です。周りから吸収できるものは吸収して、自分に必要だと思うことは取り入れる。いいとこ取りです。そうした点でも予備校はとても有益でした。

こうしたドローイングの延長で入直や試験にも挑みました。一次試験も二次試験も思いついたものを一回描いてみて面白くないなと思ったら、どうしたら面白くなるかやったことのないことも試してみたりしました。実際のところはだいぶ焦りながらですが……それが結果的に功を奏したのでしょう。

結果的に言うと今回の受験は幸運の連続だったと思います。自分自身の環境はもちろんのこと、試験課題が私のテーマに沿ったものだったこと、博打のような表現が功を奏したことなどの様々な運が巡ってたように思います。ただ「幸運の女神には前髪しかない」ということわざがあるように運を掴む準備が出来ていないとせっかくのチャンスも意味がないと思うので、掴めたのは私の実力、という点は自信を持ちたいです。

それと共にそんな私を支えてくれた人達に心から感謝します。