夏季講習会 映像

夏季講習映像イメージ

  講習期間
  前期 7/24(月)~8/5(土) 中期 8/7(月)~8/19(土) 後期 8/21(月)~8/26(土)
昼間 9:30~18:00 9:30~16:30 -
夜間 17:30~20:30 17:30~20:30 17:30~20:30

表現の土台を作る

武蔵美や日芸をはじめとした映像関連科学科の受験を長年に渡り対応してきたすいどーばたの映像コースの夏期講習では、映像実習、実技、文章、デッサンと、多岐に渡った対策をすることができます。

1ヶ月ほどの期間、朝から晩まで集中して学ぶことができる貴重な時期です。この期間を逃すことなく、表現の土台をしっかりと築きましょう

なぜ映像演習なのか?

映像作品の制作は、一部AO入試を除き、必ずしも入試に必要のあるものではありません。
しかし、実際に自らカメラを持ち、役を演じ、モニターに向かって編集をするという経験は、映像と関係していくうえで重要なポイントとなります。映像制作を経験することで、世の中の映像作品がどのように作られているのか、より深く想像しながら観ることができようになるのです。それは、入試に際しての実技や小論文、面接において必ず有用な視点となりますし、大学進学後の制作にも大きな影響をもたらします。映像は日常に溢れているからこそ、やらなければわからないことが多いのです。

選択のポイント

昼間コースは映像演習と実技課題を絡めたコース
前期の基礎から中期の応用に課題内容が展開していきますので、できる限り通しで受講することをおすすめします。AO入試で映像制作が課題となる大学の対策にも有用です。

前期夜間はデッサンおよびドローイング
デッサン受験志望者や絵が苦手な学生はもちろん、アニメーション制作を志す人はこの期間で描写力を付けましょう。

中期夜間は小論文の強化
武蔵美、日芸、造形など映像系の入試に特化した小論文の基礎を学びます。

また、後期夜間の武蔵野美大スペシャルでは、留学生、帰国子女、推薦志望者を対象にしたコースを用意しています。

コース一覧

夏季講習映像スケジュール