芸術学 体験入学&講演会のおしらせ

投稿日: カテゴリー: 芸術学

みなさんこんにちは。芸術学は今年も体験入学を実施します!

高1・高2生でこれから受験勉強を始める人はもちろん、高3や既卒生で専攻がまだ決まっていない人も、ぜひ芸術学の授業を体験してみてください。制作とはまたちがった視点から、美と芸術の世界を覗いてみよう。

お申し込みはトップページの「体験入学」から受け付けております。

また、同じ日に、芸術学講演会を行います。どばたOGでもある現役の美術館学芸員さんが、みなさんの疑問に答えます!こちらももちろん無料です。

 

芸術学講演会 11月22日(日)17:00-18:30 本館2F 本-1アトリエにて

ゲスト講師:忠あゆみ先生 CHU Ayumi

東京芸術大学卒業後、筑波大学博士前期課程を経て、現在は鹿沼市立川上澄生美術館学芸員をつとめる。専攻は日本近代美術史。特に1920〜30年代の新興美術運動を専門とする。

テーマ:「かけだし学芸員の実感 ― 公立美術館学芸員の業務について」

先生からひとこと:「私は今年の春に大学院を修了し、美術館の学芸員の職に就きました。さまざまな作品や資料に直にふれることができ、充実した毎日を送っていますが、一方で自由に学べた学生時代の貴重さを思い知らされています。この半年の体験から、学芸員の仕事や学生生活との違い、これからの仕事や研究についてお話しします。」

学芸員を目指している人、大学で美学・美術史学を専攻したい人、必聴です!

ご参加お待ちしております。

2015年11月15日(日)〔芸術学