本学院について

%e6%9c%ac%e5%ad%a6%e9%99%a2%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6-%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

 創造することは、人間に与えられたすばらしい能力であり、喜びでもあります。

ことに美術においては、視覚に訴えることによって同時的に多くの意味を表し、見るものの想像に働きかけることは、文字や音による表現にない豊かさとひろがりを与えてくれます。

 しかし、現代において、本格的に美術を学ぶには、美術系大学の門を敲かなければなりません。実技勉強を中心とした美術系大学の入試で求められるものは、かなり高度なレベルをしめしています。 このハードルを超えるには、美術の基本を身につけ、感覚を豊かに育むことが必要とされます。

 そこで本学院では、油画、日本画、デザイン・工芸、彫刻、他各科とも、基礎勉強の徹底と、一人一人の個性に応じた展開をめざし、経験豊かな指導スタッフが、美術を志した若者とのふれあいを大切に、情熱をもって指導にあたります。

(中略) 既成の受験勉強にとらわれることなく、斬新な指導体制を確立しました。

 このような教育方針のもとに、めざましい実績をあげてきましたが、従来の成果と伝統にのみ安住することなく、美術の持つ意義の深さを思い、新たな道を拓きたいと考えます。

創設者 髙澤 節 (1981年の言葉抜粋)

 

高澤学園沿革

 

1957年
(4月)
東京都文京区水道端(現水道)に髙澤節(前理事長)が個人立の美術研究所「すいどーばた洋画会」を創立
1959年
(4月)
彫刻科を新設
1964年
(7月)
東京都豊島区池袋(目白)に移転、デザイン科(現デザイン・工芸科)を新設
1965年
(12月)
個人立の各種学校として認可を受け「すいどーばた美術学院」と改称
1966年
(9月)
「学校法人髙澤学園」設置認可、法人立の「すいどーばた美術学院」となる
1967年
(4月)
通信教育を開始
1969年
(4月)
プロフェッショナルコース造形科、版画科(現創形美術学校)新設
1972年
(4月)
プロフェッショナルコース(造形科、版画科)に研究科を新設
1972年
(12月)
プロフェッショナルコースが独立し、「創形美術学校」として、国立市に校舎(地下2階付、4階建)を建築し、各種学校として認可「修復研究室」(現有限会社 修復研究所21)を併設
1976年
(6月)
「創形美術学校」は、美術造形専門課程の専門学校として認可
1981年
(4月)
専修学校制度による専修学校として「すいどーばた美術学院」が認可される日本画科および日曜受験講座(現日曜コース)を新設
1985年
(7月)
5号館校舎(3階建)を新築
1985年
(11月)
5号館アネックス校舎(2階建)を新築、全国公開実技コンクール開始
1989年
(12月)
4号館校舎(3階建)を新築
1991年
(4月)
「創形美術学校」にグラフィックデザイン科新設
1991年
(6月)
本館校舎(地下1階付3階建)を新築
1995年
(5月)
「創形美術学校」の造形科・版画科をファインアート科に、グラフィックデザイン科をビジュアルデザイン科に名称変更
1996年
(11月)
5号館アネックスⅡ(3階建)を新築
1999年
(4月)
デッサン基礎コースに高校受験クラス(現中学生クラス)、を新設
2000年
(4月)
「創形美術学校」東京都豊島区西池袋に新校舎(地下1階付9階建)を建築し、国立市より移転、本課程に映像科を新設
2001年
(10月)
「修復研究所」(現有限会社 修復研究所21)が学校法人髙澤学園より独立
2002年
(4月)
UCA芸術大学(英国)との提携による海外美術大学留学コース新設(現海外美術留学準備コース)
2004年
(4月)
本課程映像科(昼間部)を廃止
2007年
(9月)
「すいどーばた美術学院」創立50周年
2014年
(4月)
デッサン基礎、基礎コースを基礎科に再編。基礎指導部門の充実を図る。
2017年
(9月)
「すいどーばた美術学院」創立60周年