スペシャル講座 武蔵野美大 映像学科/クリエイティブイノベーション学科 総合型選抜(推薦)対策

投稿日: カテゴリー: ニュース, 学院から, 映像, 未分類

映像学科 総合型選抜(推薦)
クリエイション資質重視方式対策スペシャル(アトリエ&オンライン)

武蔵野美大映像学科の「総合選抜型入試・クリエイション資質重視方式」の対策を行います。出願に必要な自己推薦調書の添削、映像作品及びポートフォリオの制作を行います。
面接の対策は11月11日に行います。アトリエ通学とオンライン授業、どちらでも参加できます。

内容
自己推薦調書添削、ポートフォリオ制作、映像作品制作

 

日時
9月9日16日23日30日、11月11日 (水曜日) 全5回
18:00 - 21:00(3時間授業)

 

受講料
24,000円 (5回) *一回から受講可能 受講料 5,500円/1回

 

持参物(通学の場合)
ノートPC、作品(データあるいは実物)、自己推薦調書の下書き

 

会場
すいどーばた美術学院 目白アトリエ2階

 

参加方法
参加日の3日前までにHPから申込みを行う。※google meetsを使用します。

映像学科 クリエイション資質重視方式対策スペシャル申込

*新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、政府および東京都の要請に従い変更・中止をする場合があります。
*当日ご参加いただく際のお願いがございます。必ずこちらをお読みください。

クリエイティブイノベーション学科 総合型選抜(推薦)
構想力テスト対策スペシャル(オンライン)

武蔵野美大クリエイティブイノベーション学科の「総合選抜型入試・構想力重視方式」の対策を行います。試験科目となる構想力テスト、プレゼン、面接の対策をオンライン授業で行います。なお、自己推薦調書の添削を希望する場合は出願期日前となる初回の授業(9月23日)を受講してください。

 

内容
自己推薦調書添削 (9/23のみ)、構想力テスト制作、プレゼン・面接対策

 

日時
9月23日10月7日14日21日、28日、11月4日、11日(水曜日)全7回 18:00 - 21:00(3時間授業)

 

受講料
34,000円 (7回) *一回から受講可能 受講料 5,500円/1回

 

参加方法
参加日の3日前までにHPから申込みを行う。※google meetsを使用します。

クリエイティブイノベーション学科 構想力テスト対策スペシャル申込

*新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、政府および東京都の要請に従い変更・中止をする場合があります。
*当日ご参加いただく際のお願いがございます。必ずこちらをお読みください。

合格体験記 クリエイティブイノベーション学科

「クリエイティブ・イノベーション学科に合格するまで」

和田旺子さん (現役)
武蔵野美術大学
造形構想学部 クリエイティブ・イノベーション学科 進学

私がすいどーばた美術学院の「構想力テスト対策スペシャル」の存在を知ったのは、第一回目の授業のある日の5日前でした。それまでの私は構想力テストへの対策と呼べることは何もしていませんでした。当時、高校の先生にどのような対策をしたら良いか相談してみたものの、新しい学科ということもあり、情報が少なかったため先生も私も打つ手がありませんでした。そんな私は、大学の説明会で聞いた「日常の様々なことに疑問を持ってください。」という言葉を胸にとめ、せめてもの対策として生活を送っていました。そんな時にすいどーばた美術学院に元々通っていた友達が勧めてくれたのがこの講座です。
今まで塾に通った経験のない私は、初回の授業に行くことが怖く、友達に近くまで着いてきて貰ったのを覚えています。しかし、いざ教室に入ってみると先生は優しく迎えてくれ、緊張がほぐれました。授業が始まると、まずは学科の説明と課題の意義やイノベーションとは何かというような根本的なことから教えてくれます。そして、昨年度の課題を実際の試験時間と同じ2時間で仕上げてみることになりました。私は高校の中ではアイデアを出すことやプレゼン資料を作ることは得意な方だと考えていました。しかし、実際に試験課題に取り組んでみるとそこには困難が立ちはだかっていました。時間制限があることや、アイデアが行き詰まった時に自分の中から絞り出さなければいけないことなど、試験の厳しさを改めて実感しました。課題が終わると全員一人ずつプレゼンをし、先生から講評をいただきました。同じ授業を受けていた、ライバルであり同級生になる可能性のある仲間のプレゼンや講評を聞けたことはとても良い刺激になります。
それから入試までの4週間、計4回の授業はとても速く過ぎ去り、気がつけば成長した自分で入試本番に臨むことができました。授業を受けていた仲間同士で身近な課題についてディスカッションをしたこと、アイデアの出し方、思考の方法、プレゼンの仕方など、様々な視点からアドバイスをいただいたこと、どれもが自分の成長と自信につながる内容でした。
実際の入試では、授業で行った例題の中で特に苦手だった「空間系」の課題でとても苦戦しました。しかし、「大事なのは自分のアイデアをどれだけ大事にできるかだ」という先生の言葉を思い出し、力を出し切ることができました。そして合格の発表を見た時、がんばって授業に通い、入試の練習をして本当に良かったなと実感しました。試験会場に同じ授業を受けていた仲間がいたこと、何も対策をしていなかった自分に緊張を与えてくれたこと、全て良い経験としてつながったと思います。無事合格することができたので、大学ではやりたいことを思う存分やっていきたいです。

▼ 重要事項です。
オンラインで受講される方は必ずご確認ください ▼

受講のための条件

  1. スマートフォンかタブレットおよびパソコン(カメラ・マイク・スピーカー付き)を持っている。(スマホ+パソコンが望ましい)
  2. Googleのアカウントを持っている。もしくは新規取得することが可能である。(無料)
  3. 通信制限を気にしなくても大丈夫な環境がある。
  4. 今年度受験予定である。

受講までの手順

~3日前
すいどーばたHPから申し込みを行う。(申し込みはWEBからのみです)
※連絡はメールにて行います。確実に連絡の取れるメールアドレスと携帯番号を入力してください。
※申し込みは準備の都合上、希望受講日の3日前までとします。
※定員になり次第募集を締め切ります。
~2日前
受講日の2日前までに、申し込みフォームに記載されたメールアドレスにオンライン授業の手引きが送信される。よく読み準備をする。
※メールはeizou_online@suidobata.netから送信されます。必ず受信できるようにしてください。
~講習会初日の17:00
受講日の17:00までにガイダンス参加用のGoogle meetのURLが送られる。
2020年8月4日(火)〔ニュース , 学院から , 映像 , 未分類