春季講習会 映像科

2018春季講習会映像科

大学で映像を学ぶ

美大の映像科では、映画やドキュメンタリーなどの動画、手描きや3Dのアニメーション、写真、メディアアートといった映像表現を学ぶことができます。それらの制作に必要な技術のみでなく、アイデアや知識、配信や上映などの見せ方を、充実した機材と環境の中で実践することで、高い能力を身につけていきます。

予備校で基礎をつくる

どばたの映像科では、絵だけでなく文章も使って課題に取り組みます。「イメージ表現」は絵と文章を組み合わせた実技課題。「小論文」は600-800字で自身の感覚や思考を記述する課題です。もしかしたら絵や文章を書くことに苦手意識を持っている人もいるかもしれません。しかし、どちらも巧拙が重要な評価基準ではないのです。絵と文の組み合わせによって表現できることの幅広さ、そして人に伝えることの大事さを知ることがまずは重要です。

予備校で行う課題は基本的に志望校合格のためですが、ひいては映像作家としてベースとなる資質を整えるための期間でもあります。
誰もが最初は初めてですので、気後れする必要は全くありません。まず始めましょう。

2018春季講習会映像科

2018春季講習会映像科