夏季講習会 建築科

夏季講習建築科イメージ

  講習期間
  前期 7/24(月)~8/3(木) 中期 8/9(水)~8/19(土)
昼間 9:30~16:30 9:30~16:30

正解は自分自身の中にある

建築といえば“理数系”のイメージがあると思いますが、なんと!設計に数学は関係ないのです!!
(構造、設備、材料といったエンジニア系の専攻には数学、物理が必須ですが、、)
代わりに“設計”に求められる能力は《豊かな発想力》と《人に伝える表現力》です。
この夏はアイデアの膨らませ方に重点を置き、それを人に伝える手法を学んでいきます。
“自分の考えるイメージを的確に伝え、そしてみんなで一緒に考える”
絵の上手さは求めません。伝えることを一番に考え、楽しみながら手を動かして新しい空間の在り方を考えていきましょう。

選択のポイント

芸大前期は主に立体物を構成しながら空間を考えていきます。
いろいろな素材を使って、それぞれの特性を活かした立体をたくさん作っていきます。
まずはトライ&エラーの精神で、“作っては考える”を繰り返しながら空間を意識していくコースです。

芸大中期は主にドローイングを中心に空間を考えていきます。
鉛筆やペン、筆など様々なツールを使い分け、多くの種類の線から生み出される平面の魅力を読み取り、それを空間へと置き換える方法を学んでいくコースです。
芸大を第一志望にしている学生前期、中期共に選択して下さい。この夏季講習と入試直前講習のみで合格した学生も多々居ます。この夏季講習で一気に合格をつかみ取りましょう!

私大(武蔵野美大建築学科、多摩美術大環境デザイン科など)のみの受験を考えている学生は、私大前期のコースを受講してください。
武蔵野美大、多摩美大共に毎日続けて練習することで上達の進歩が飛躍的に伸びます。

近年、私大は学科で差がつく為、実技はこの10日間にギュッと凝縮して、残りの夏休みは学科に重点を置くと良いでしょう。
その他のデッサン系美大やAO入試対策もこのコースで対応致します。

初心者や地方の学生の方

芸大、美大系の建築は情報も少なく不安に思われることが多いと思います。
しかし、当予備校の芸大合格者(過去6年間)の内、1年目で合格した学生が45%を占めています。
武蔵野美大、多摩美術大に限ったことでは過去10年間での合格率は95%以上に及びます。
“美術系は浪人が当たり前”は昔の話です。
今年で決める!という強い意志を持ってきて下さい!!

コース一覧

夏季講習建築科スケジュール