油画科 2013

立花 清美 さん

立花 清美 さん

東京
私立朋優学院高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 私は高校3年生の時から、すいどーばたに通い始めました。現役の頃は、入直時期になると、もう周りが全く見えない状態で、何をしていいのか分からず、受験も失敗しました。とても悔しかったです。分からないなりに全力だったので・・・。
落ちた直後は何もやる気が起きず、ただぼーっとしている毎日でした。そんな時、私を励ましてくれた友人がいました。どんな悩みも聞いてくれました、その友人にたくさんの激励をしてもらい、もう一度頑張ろう!と決意し、立ち上がる事ができました。
その後から私は、現役の頃、私は一つの事で手一杯でパニックになっていた事を反省し、自分にゆとりを作るようにしました。(これは私のやり方なので真似はしないで欲しいのですが・・・)それは、『休みたいときに休んで、遊びたいときに遊んで、絵を描きたくなったら全力で描く!』ということです。とてつもなくゆるいように見えますが、ようは自分なりのメリハリを作ったということです。入直の時でも、自分の心が窮屈になってきたなと思ったら、休んで遊びました。しかし次の日にはちゃんと、絵を仕上げました。
もちろん先生のご指導もしっかり聞き、実践しました。分からなくなったら、なんでも質問しました。だから、自分で言うのも何ですが、絵に対して全力で向き合っていたと思います。不真面目に見えて実は真面目でした。
これの甲斐もあってか、試験当日も心のゆとりを持ちながら挑む事が出来ました。しかし、この受験は、私だけの力では乗り切ることは出来なかったと思います。
先生はもちろんの事、すいどーばたの仲間たち、プライベートの友人、そして家族。この人達の応援、激励がなければ、今まで頑張る事は出来ませんでした。本当に感謝をしてもしきれません。本当にありがとうございました。
すいどーばたで過ごした時間は、私にとって一生の宝物です。

久保田 智広 さん

久保田 智広 さん

東京
私立成城学園高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 僕が初めてどばたに来たのは高校一年生の終わり頃。その時から二浪して芸大に受かるまでに、僕の価値観は大きく変わることになりました。 昔から絵を見るのは好きでしたが、僕の中で絵画とは美しく、写実的で、色が綺麗なものでなければいけないという考えがありました。現役で芸大に落ちて一浪目が始まり、一日を絵画の勉強についやせるようになった時からは色んな作家を調べ、表現の仕方を知り、あらゆる意味で僕の価値観は広がりました。コンセプチュアルなものやパフォーマンス、写真表現。美術にはあらゆる表現の可能性がある事を知りました。
 しかし、同時に何がいいもので、何がよくないものなのか分からなくなりました。何を描いても自分の仕事に確信が持てなく、徐々に絵に手を入れられなくなっていたと思います。受験という制約、揺れ動く価値観の中でつまらない絵を作り続け、目の前の絵が直視出来なくてアトリエにいられない時が増えました。
 それでも芸大に受かったのは、美術の幅を知る事で僕が以前より美術や絵画を好きになれたからです。これから先もこの世界でやっていこうと考える事が出来たからです。腹をくくる事で、ようやく目の前の絵を自分の絵だと認める事ができました。それがたまたま試験の時だったのです。
今もまだ僕は悩んでいます。これから先も悩むでしょう。辛い時期もあるかもしれません。それでも僕は美術が好きです。ようやくスタートラインに立てた今、なにがあっても立ち向かう覚悟ができました。これから先も頑張っていこうと思います。

河越 雪華 さん

河越 雪華 さん

新潟
県立高田高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 とても弱かった。じぶんに自信を持たないと、強くならないと、安定しないといけないとおもって気持ちが先走って現実が全然見えなくなって空回り、勝手に苦しそうにして意味もなく泣いたりしていた。これはもう消えるしかないと思った。惨めだ。
 ある時機がきて吹っ切れて、くるっ。と世界がひっくり返った。なんでわたしは「みんな」に合わせないといけないんだ。下手だ駄目だと思わせておけばいい、別にそんなの知ってるしな。所詮どいつもこいつも他人だしな。それからはとにかく毎日絵を描けることに最大の悦びを感じていたようにおもう。生きていることがたのしくて仕方なかった。こんな妙にハイで独りよがりなじぶんがいる日常はもう二度と現れないので、いい思い出としてしまっておこうとおもう。

齊藤 理紗 さん

齊藤 理紗 さん

東京
都立大泉桜高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 小学生の頃からなんとなく絵が好きで、なんとなく描いていた私は美術に力をいれている高校に入学し、衝撃を受けました。そこには自分の何倍も絵が好きでとても魅力的な絵を描く生徒がたくさんいました。
何枚描いても追いつけず、悩んでいた時にすいどーばたの存在を知り、ただ絵を上手く描きたいという思いで通い始めました。当初は自分の好きなものもわからず画材に溺れ友達の絵を見て焦り、まともにコミュニケーションもとれずに苦労しましたが、ただひたすらもがきながら描き続けました。
すぐに結果は出ませんでしたが諦めないで続け、素直に先生の力を借り課題をひとつひとつこなすことで少しずつ良くなっていくのがわかりました。最後の年は基本的なことを見直して納得することが多かったように思います。こんな私が少しだけまともになり絵を楽しく描けるようになれたのは関わって下さった全ての方々のお陰です。ありがとうございました。

齊藤 理紗 さん

齊藤 理紗 さん

東京
都立大泉桜高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 小学生の頃からなんとなく絵が好きで、なんとなく描いていた私は美術に力をいれている高校に入学し、衝撃を受けました。そこには自分の何倍も絵が好きでとても魅力的な絵を描く生徒がたくさんいました。
何枚描いても追いつけず、悩んでいた時にすいどーばたの存在を知り、ただ絵を上手く描きたいという思いで通い始めました。当初は自分の好きなものもわからず画材に溺れ友達の絵を見て焦り、まともにコミュニケーションもとれずに苦労しましたが、ただひたすらもがきながら描き続けました。
すぐに結果は出ませんでしたが諦めないで続け、素直に先生の力を借り課題をひとつひとつこなすことで少しずつ良くなっていくのがわかりました。最後の年は基本的なことを見直して納得することが多かったように思います。こんな私が少しだけまともになり絵を楽しく描けるようになれたのは関わって下さった全ての方々のお陰です。ありがとうございました。

佐藤 華恵 さん

佐藤 華恵 さん

静岡
私立 常葉菊川高等学校

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻
武蔵野美術大学 油絵学科油画専攻

「信じる」
 高校3年生になり私は少しずつ芸大を意識しはじめました。しかし気持ちはまだまだ浅くあまかったと思います。
結局現役合格は果たせず、どばたでの浪人生活がはじまりました。初めのころはまだ気持ちが不安定で自分の優柔不断さにいらつく日々が続きました。絵を描いていても明確な意図がなく、ただ手順を追うだけの作業になっていました。
その事を改善しようとすると今度はエスキースに悩んでしまい、なかなか描き始めることができなくなって、未完成のままで終わってしまう作品が多くなっていきました。
3学期になって1日で描かなければならない私大対策がはじまり、エスキースに時間を食っている場合ではなくなったことがきっかけで、画面に向かう時間が徐々に長くなっていきました。1つのモチーフを同じ構図で2枚描くというカリキュラムだったことがじっくりと自分の絵を見直すことにつながり、私にとって良い期間になったと思います。しかし私大入試が終わって芸大対策になると、時間に少し余裕ができたことでかえって描いている途中に手が止まってしまい先に進めなくなる事が多くなってしまいました。自分で決め切れず行動に移すのが不安でした。先生からもそのことを指摘される事が多かったと思います。
入試までそんな浮き沈みが続きました。そんなとき先生は「佐藤の考えていることは間違ってないから」と何度も言ってくれました。そしてだんだんと自信を持って描けるようになった私は本番の入試でも自分の考えたことを信じて描き、芸大に合格することができました。どばたに1年間通い、同じ目標を持った多くの人たちに囲まれて毎日絵を描いていたこと、たくさんの指導をいただいたことはこらからの生活にも生きていくと思います。ささえてくれた家族、先生方、友人、先輩、皆様に感謝しています。ありがとうございました。

久保木 愁也 さん

久保木 愁也 さん

福島
県立磐城高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 すいどーばたに来て一番良かったことは、自分の作品を他人に見てもらえることでした。
 僕はずいぶん長い浪人生活を送りましたが、他人に作品を見てもらえる機会はほとんどありませんでした。
 1人きりの数年間はどうしても自虐的になり、作品の質も向上しませんでした。
しかし、すいどーばたに来てからは、先生や友人が作品の批評をしてくれるのです。僕は自分の作品のプラス面のみを考え、あまりマイナス面を考えないようになりました。なぜなら、マイナス面は先生や友人が指摘してくれるからです。
自分で自分を誉めてやることが大事なんだと思います。誉めてもらうことを期待して作品をつくってはいけないと考え、受験に挑みました。
自分を信じて描けば、自然と作品ができあがり合格していました。身体が線や形、構図、色を覚えている気がしました。
 作品は身体を介して制作されるので、フォームが重要だと思います。そして、フォームは頭で考えても身につきません。だから、僕は描く動作を重視しました。何回も軌道を修正してカッコいい線を見つけることにしました。
すいどーばたの先生が教えてくれたのは、「描く」ということが何であるかということです。テクニックだけでない、美意識を教えてもらいました。長い間ありがとうございました。

苑田 日向葵 さん

苑田 日向葵 さん

長崎
私立長崎日本大学高等学校 現役

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

 長崎の高校に通う私が、初めてすいどーばたに来たのは、高3の冬季講習でした。受験はもうすぐそこなのに、自分の絵は、レベルの高い周りの絵の中で明らかに浮いていると感じました。コンクールでも全く結果がだせず、自信がなく諦めの早い私は、もう逃げ出したいとさえ思いました。しかし、それでもまだ諦めずに頑張ろうと思えるくらい、どばたは美術に対して熱意のある環境でした。
高校に戻ってからは、冬季講習でぼんやり見えてきた自分の絵の方向性を模索して、
直前講習からは、参考作品や他人の絵に影響されても、惑わされすぎず、出来ることは少ないけれど、自分の描ける絵を完成させることを意識して制作しました。
受験は辛いことが多かったけど、美術に関しても、人間としても、成長することができた充実した日々だったと思います。
どばたや高校、友達や家族、私を支えて下さったすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

笠原 優美 さん

笠原 優美 さん

福島
県立福島西高等学校 現役

合格大学:
東京芸術大学 絵画科 油画専攻

「私らしく」
 私は、高3の春に初めてどばたの春季講習に参加しました。その時は、浪人生の作品や参考作品にとても圧倒され、刺激を受けました。その頃から自分の絵の世界観って何だろう?と考えるようになりました。世界観に繋がるヒントは自分の好きな物や面白いと思う事など身のまわりにたくさんあるという先生の言葉から、地元の高校に帰ってからの制作では、それをもとに色々試して、迷ったり悩んだりした事もありましたが、その中で、自分の感覚に合うものを見つけることができました。
 直前講座では、私の絵にとってプラスになる事はどんな事かを教わり、またそれに気付くきっかけを下さり、美術に対する意識がより深まった時間でした。私が楽しく、気持ちよく絵を描けるかということを大切に指導して下さった先生のおかげで試験では純粋に楽しんで描くことができました。支えてくれた先生、友達、家族、本当に感謝しています。今後も美術を通しての出会いを大切にしていきたい。