日本画科 2015

河邉 依莉乃 さん

河邉 依莉乃 さん

埼玉
県立大宮光陵高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「自分に素直に、モチーフに謙虚に」
 二浪の入試直前、自分自身の絵を見失い最終合格できず、考え直すきっかけが欲しくて三浪目、予備校をどばたに変えました。

担任の先生はいつも私に「遠慮しないでどんどん描く事。」と言ってきました。
短い試験時間では限界があると思いつつも、まずはひたすら細かく描くようにしてみました。
そんな中で、今までの自分は見えた情報を全て描いてやるという気がなかったから、絵の説得力も弱かったという事に気付いたのです。

それからは時間の許す限り自分が見た世界を素直に表現し、目の前のモチーフに謙虚になるようにしました。
結果的に、描く事がとても楽しくなりました。
どばたの環境が自然とこの方向に導いてくれたおかげで、私は合格できたのだと思います。

支援してくれた家族、 親身になって指導して下さった先生方、そして本当に楽しい時間を共有してくれた友人達に感謝します。
ありがとうございました。

水島 篤 さん

水島 篤 さん

東京
都立駒場高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「本気で」
 長く多浪してしまったのは結局しっかり理解していなかったからだった。
上手く描けたとしても本当に意図してそれが描けたわけではない、大したことのない環境の変化で描けなくなる。
その状況から本気で抜け出そうと考えていなかったからだった。

6浪になってやっと気付き、そこからは徹底的に技術を研究した。
どうして上手く描けたのか→こうしたから→ならどうしたらそうなったのかと、それ以上突き詰められないところまで。
本当に納得できるところまで。
入直にはようやく自分のイメージを安定して画面に出せる術を身につけ準備万端で本番に臨めた。
当日は緊張もなく、一手一手に全神経を注ぎ今まで実感したことのない集中力をもって描き上げることができた。

ここまでくるのに長かったが、受かることだけでなくその先のことも考えると自分には必要な時間だったなと思う。
ここまでやりきらせてくれた両親、支えてくれた先生方には本当に感謝している。

木南 玲 さん

木南 玲 さん

東京
私立女子美術大学付属高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「自分のために」
 去年の春、私は2浪目でやっと1次試験が通り、初めて臨む2次試験で落ちて3浪生になってしまいました。 
家族との約束で3浪しか許されておらず、まさに崖っぷちの一年を過ごすことになりました。
元々、美しい形をとるのが苦手で散々に注意されていたので、そこに大きな問題があるのかと思っていましたが、秋ごろにふと、自分は「受験の絵」を描くことに夢中になって、技術や知識だけを磨き感性を育てる事を疎かにしていたのではないかと気付きました。

 それからは肩の力が少しずつ抜けてきて、「自分の絵」を描くための技術や知識、工夫を考えて一枚一枚についての捉え方を広げるようにしました。
モチーフを自分の目を通して、自分の頭で再構築して画面にその筆跡を残す。描くという行為の本質が少しづつわかってきました。
背伸びをしない自分なりの歩き方をした結果、やっと合格することができました。

絵描きとなるためにたくさんのことを気づけた一年でした。
たくさん心配をかけてしまった家族やご指導してくださった講師の方々に心から感謝しています。
ありがとうございました。

田尻 周也 さん

田尻 周也 さん

東京
都立三田高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻
多摩美術大学 絵画学科日本画専攻

「距離感」
 私はすいどーばたで3浪しました。その中で何より大切だと思ったのは、自分の絵との「距離感」です。

1浪目は自分の実力不足のせいか、自ら絵との距離を縮めようとせず、根拠のない自信だけが膨れ上がっていくだけでした。
2浪目は逆に絵に密接になりすぎて、実力は確かに上がっていましたが、周りがまったく見えておらず、試験当日に冷静な判断ができませんでした。

そして最後と決めた3浪目、不思議と絵と落ち着いて、そして距離をとって向き合うことができ、自分の中だけで評価せずに友達や先生の意見をしっかり聞いたり、疲れたら無理せず休みをとったりと、自分の絵と近すぎず、遠すぎずのちょうど良い「距離感」で付き合っていくことができました。

そういった駆け引きが私を芸大合格という結果に導いてくれたのだと思います。
本当にたくさんの人たちにお世話になった三年間でした。ありがとうございました。

廣冨 千春 さん

廣冨 千春 さん

東京
私立吉祥女子高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻
武蔵野美術大学 造形学部日本画学科

「より棘の濃い方へ」
 どうなるか分からないけれど、ただもっと上手くなりたい。
2度の1次落ちの後、既に合格していた私大を蹴って2浪目を決めた時、私は純粋な向上心でどばたに向かいました。
先が分からない芸大受験の世界で、向上心のみで安全切符を破り捨てるのはやはり大きな決断でしたが、どばたの環境は、元来自信の持てない性格の私を常に鼓舞し、一枚一枚前進して行く中で純粋な向上心に絶対に芸大に受かってやるという野心を付帯させてくれました。
本番でも突破したことのない1次試験、まさかの静物風石膏に背景を付ける勝負に出るか迷った時も、私大を蹴った時のように棘道を進んで間違いは無かったと思えます。
自信の無い私の代わりに絶対に合格すると信じて指導して下さった先生方、合格を待ちわびて下さった先輩方、友人方、辛い時に支えてくれた教務さん方、浪人した事で多大な迷惑をかけた両親には感謝してもしつくせません。やっとスタートラインです。