日本画科 2013

神谷 渡海 さん

神谷 渡海 さん

東京
都立両国高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「大事なこと」
 今年で最後となった年、私は入直前まではのびのび描き、試験直前は技術向上などはひとまずおいて、本番いつも通り描く訓練に徹しました。これまで緊張から本番で自分を出し切った感覚がなく、悔しい思いをしていたためです。
 描く手順を決め、時間管理をし、完成イメージをもち、余裕を持てるようにしました。生活面でも、生活の内容とリズムを整え、ポジティブを心がけました。
 本番当日、やはり緊張はありました。しかし、私の描いた絵はいつも通りのものでした。
 技術向上や個性、魅力の出し方は人それぞれなので、特に何とは言えません。ただ、培ってきた自分の実力を出し切ることは、意識して大切にするべきだと思いました。合格できたのは、私を信じて長い間待ち、支えてくれた先生方、友人、そして家族のおかげです。本当にありがとうございました。これからも頑張ります。

杉本 純久 さん

杉本 純久 さん

山梨
私立日本航空高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

『ともだち』
 僕は3年間浪人しました。1年め、2年めは何も分からず、かといって先生に何を聞いていいのかもわからない状態でした。
 そんな状態から僕を抜け出させてくれたのは、どばたで出来た友達の存在でした。試験ではライバルのはずなのに、僕に色々な事を丁寧に教えてくれました。僕も、たとえ自分のほうが下手でも、気付いたことがあったら言ってあげた方が相手のためになると思いそうしました。そうして友達同士意見を交換しあっているうちにある日突然、小手先の作業ばかりに囚われて上手く描こうとするのではなく、モチーフ全体の印象と画面の印象を合わせていくという感覚がつかめました。
 それからは講評で先生に言われたことの意味が理解できるようになり、次回はここを気をつけようと、毎回自分で反省する事ができるようになりました。そして試験でも、とても僕の力では描ききれるほどのモチーフの量ではなかったのですが、描き切ろうとするのではなく、落ち着いて客観的にモチーフと印象を合わせていく事に専念しました。
 どばたに入り、芸大に合格できたというだけではなく、一緒の目標に向かって一緒にがんばってきた、一生の友達という大きな財産を得る事ができました。受験を通して、どばたで知り合った先生達や友達などに支えられ、たくさんの大切なことを学ぶ事ができました。本当にみなさんありがとうございました。

佐藤 果林 さん

佐藤 果林 さん

埼玉
県立大宮光陵高校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「調整」
 私は、人に比べて持久力がありませんでした。試験が近づくと更に、精神的にもいっぱいいっぱいになって全力で描ける枚数が減っていきました。
そんな私が合格出来たのは、自分の体力と絵を具体的に理解し、調整することに努めたからだと思います。自分の描き方を定めて、それを微調整することで絵を良くしていき、それを守ることで緊張する場面での絵のブレを少なく抑えることができました。
本番は自分の得意なモチーフでは無かったこともあって納得のいく絵にはならなかったけど、ある程度の完成度を維持できたのは、今まで調整し続けてきた描き方を信じて破らなかったからだと思っています。
最後に、三年間お世話になった先生方、両親、友達へ、この機会をかりて感謝の気持ちを伝えたいです。特に、浪人中多大な迷惑をかけてしまった二人の先生、本当にありがとうございました。

中西 智美さん

中西 智美さん

東京
都立芸術高校 卒

合格大学:
東京芸術大学 絵画科日本画専攻

「軌跡」
 「おまえの絵には癖がある。正直これが吉とでるか凶とでるかはわからないが、とりあえず当たり前のことを当たり前に出来るよう、一年かけて修正させていこう。」と先生から言われ続けてきました。物分りの悪い私は、結局最後まで癖が抜け切れずに先生をやきもきさせた一年だったと思います。課題を通して、人の絵を観察し良いところを素直に取り入れようと努めてきましたが、意識とは裏腹に絵の欠点はなかなか改善されず、考えすぎたり、知識でがんじがらめになり、今まで自然に出来ていたことさえ出来なくなった時期もありました。大好きだった「絵を描く」という行為自体がつらいものに思え、どう描くかというプロセスばかりが気になり、自分の絵を見失っていました。しかし、失敗を繰り返すうちに、自分なりの解釈をもちつつモチーフをよく観察し、素直にその特徴を捉えよう。また、一枚の絵として魅力的な絵を描く努力をしようと考えるようになりました。そうすると、どんな課題が出ても、この大前提を頭にいれておけばかけるのだと思えるようになり、気持ちが楽になってきました。私が合格出来たのはこの意識の為もしれません。最後まで親身になって導いて下さった先生方、つらい中でも笑える時間を作ってくれた友人たちに感謝します。ありがとうございました。