デザイン・工芸科 2011年

奥田 朝子 さん

奥田 朝子 さん

東京
都立駒場高等学校 現役

合格大学:
東京芸術大学 デザイン学科

「靴の中も机の中も探してみても」
 学校で習ってきた勉強には答えは一つしかないけれど、デッサン、平面構成や立体構成で導き出せる答えは数限りなく、しかも自分の答えは一つしかない。これは 私がどばたで習ったことの一つです。課題を楽しむことが私が自分の答えを手に入れる方法でした。それが自分の良さを引き出してくれると信じていました。しかし、必ずうまくいくわけではなく、今の何がいけないのかも、自分の良さもわからなくなるときもありました。けれど、課題の中で何かをつかんだとき、その感覚を理解し、常に思い出すようにしていました。その中で、楽しむことは大切なことでしたが、うまくいっている時や、目的に強い意志がある時は、意図的に楽しもうと思うより先に、自然に楽しんでいました。
もうひとつ、私に撮って重要だったことは自分の作品を好きになることです。嫌いになってしまったら良くなるものも決して良くならないと思いました。逆に、嫌いになって客観的にみながら描いたり直したりする方法でも良かったのかもしれないけれど、私にはポジティブな考え方の方が合っていました。どばたは、自分の答えを楽しんで探すには、私にとってとても良い環境でした。リラックスして落着いた気持ちで課題に取り組むことができましたし、自由な気持ちになることもできました。何より、私のことを理解してくれる素敵で面白い先生がたくさんいました。私は何度も先生たちの言葉に救われました。私がどばたに通った一年と少しは楽しい思い出でいっぱいです。

角川 沙織 さん

角川 沙織 さん

千葉
県立市川北高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 工芸科

「どばたとの四年間」
 私は周りとは少し違う受験でした。デザイン科で1浪し、私立大学に入学しましたが、夏頃から工芸に進みたいという気持ちを持つようになり、工芸科を再受験しました。秋から日曜日のサンデースペシャルに参加し、冬季講習、入試直前講座を受講しました。もともとデザイン科だったので課題内容や条件の違いを限られ た時間の中で対応しなければなりませんでした。試験が近づくに連れて「このままじゃ間に合わない。」「どうすればいいかわからない。」日に日に焦る気持ち が膨らんでいきました。
そんな時、先生に「何がわからないのかをちゃんと考えろ。」と言われ、自分の良さと足りない部分をじっくり見つめ直すことができま した。すいどーばたは一人一人を尊重してくれる予備校です。型にはまった教え方ではなく、どのような過程で成長してきたのか、どうすればその人の良さがで るのかを大切にしてくれます。マイペースな私にそれが合っていたんだと思います。いきづまるとそっと背中を押して黙って見守ってくださった先生方にとても 感謝しています。ありがとうございました。

田中舘 亜美 さん

田中舘 亜美 さん

東京
私立慶応義塾女子高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 工芸科

「立ち止まらない」
  春、 入試までに自分をどんな状態へ持っていくべきかを考えたとき、一年間ミスや欠点を徹底的に無くそうと決めました。一つの課題で最低一つ改善点を見つけることを目標にして毎日の課題に取り組むと、少し課題の角度が変わるだけでどんどんぼろが出て、その分発見の連続でした。
ミスが減ってきた頃、「こうしてはいけない」ルールのようなもので自分自身を縛ることになり、答えの出し方が分からなくなってしまいました。提出作品のすべてが嫌になり、見るのも辛い。それでも、周りが進んでいく中で立ち止まっては行けないと思い、課題に取り組み続けました。そのうちに、突然、今までぼんやりとしかなかった自分の方向性のようなものがみえました。「自分が良いと思ったものを、良いままに伝える。」そうシンプルに考えるようになってからは、試行錯誤により積極的になれ、様々な 発見をすることができたように思えます。進めなくなって辛い時期が何度もありましたが、最後の入試まで前向きに進み続けることができたのも、どばたの多様な課題と傍で支えてくださった先生方のおかげです。ありがとうございました。

中嶌 雄里 さん

中嶌 雄里 さん

京都
府立東舞鶴高等学校 卒

合格大学:
東京芸術大学 工芸科

「こんな僕でも」
 受かっちゃいました。勉強はダメ、運動もダメ、何の取り柄も無いのび太くんだった僕。末はニートか浮浪者かと言われたのも昔の話、なんとすいどーばたにはドラえもんがいたのです。夢の講師陣が日々繰り出す課題には、楽しみながら僕たちの実力を高めてくれる秘密が散りばめられており、ただ、毎日通う、ただそれだけでみんなが出来杉くんになれるのです。それだけでは終わりません。すいどーばたには〝熱さ〟があるのです。オシャレでない、昭和のドラマのような熱さ。みんなが燃えています。熱い友情、熱い青春。熱い仲間と一緒に勝利を勝ち取りたいのなら答えはもう解っているはず、すいどーばた美術学院へようこそ。

久野 真由子 さん

久野 真由子 さん

東京
私立女子美術大学付属高等学校 卒

合格大学:
多摩美術大学 工芸学科

「支えられて」
 この一年、正直何度も逃げたくなった。現役の時には感じることの無かった焦りや不安、何がわからないのかさえわからなくなってしまった時もありました。けれど、ここまで進んでこれたのは、切磋琢磨して一緒にやってきた友人の自分とは違う考え方に励まされたり、泣いている私に声をかけて、一緒に悩んでくれた先生に助けられ、物事を色々な角度で考えることや自分と向き合うことの大切さを教えてもらったからです。どばたでこの一年浪人して、技術だけでなく精神や考え方も一緒に向上することができたと思います。本当に濃密で良い経験ができました。すいどーばたで出会ったたくさんの友人、先生、教務さん、支えてくださった皆さん本当にありがとうございました。

市村 麻里菜 さん

市村 麻里菜 さん

茨城
私立つくば秀英高等学校 卒

合格大学:
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科
多摩美術大学 情報デザイン学科

「2浪目からの出発」
 私は、現役時代、一浪目と地元の小さな予備校で頑張っていたのですが、二度の失敗を経験し、2浪目は東京の大手予備校に通っているいろんな人の作品を見て勉強しようと、たくさんの選択肢の中からこのすいどーばた美術学院に決めました。
最初の頃は二浪目にして、石膏もあまり描いた事のない私大一本だった私の事を、東京の学校の先生や予備校生は笑うのかな?など、多くの不安を抱いていましたが、そんな事は全くなく、先生や生徒の皆は受け止めてくれました。そこから芸大に関する事を少しずつ、かつ丁寧に先生達は教えて下さり、私の受験に対する視野を広げ、デッサンや平面、立体の基礎レベルを上げてくれました。時には悩む事もあったけれども、それを支えて下さった先生や良きライバルでもあった友人達には感謝しています。この一年間ありがとうございました。

井元 友香 さん

井元 友香 さん

神奈川
私立フェリス女学院高等学校 卒

合格大学:
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
多摩美術大学 プロダクトデザイン学科
多摩美術大学 情報デザイン学科
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科

「自分を変えるのは、自分しかいない」
 昨年の受験はボロボロでした。学科もダメ、実技もダメ、結果も散々。「あんなに頑張ったのに。」と思ったりもしました。浪人するにあたって、予備校選びでも迷い、自分に言い訳ばかり、他人を気にしてばかりの状態で私の浪人生活は始まりました。たくさんの目標を立て、作品の評価がよくなるよう、たるんだら負けだ、と言い聞かせながら。しかし、なかなか上手くはなれなかった。「なんであの子よりうまくなれないんだろう」とか、「私のほうがちゃんと課題をやっているのに」などと思い、わからなくて苦しくて悔しかった。
でも、先生に勧められて、個展や美術館に行ったり、受験にこだわらず好きなものを見たりして、楽しく課題に取り組むように心がけるようにしました。すると、他人と比べてばかりだった自分に気づくようになり、誰よりも吸収しよう、と思うようになり、自分自身に正面から向き合えるようになれたと思っています。
コンクールなどでも、思うような結果にならず落ち込むこともあったけれど、ちゃんと結果として受けとめて、言い訳をせず自分を見つめられる私に変わることができた。それは、私自身に面と向かってくれた先生方がいたこと、そして一枚一枚目標をたてて取り組むことで自然と自信や信念を持てるようになったからだと思っています。すいどーばたで学んだことは、これから先も大切にしてゆきたいです。

吉野 綾 さん

吉野 綾 さん

東京
都立日比谷高等学校 卒

合格大学:
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科
多摩美術大学 グラフィックデザイン学科
東京造形大学 グラフィックデザイン学科

「怖くなんかないよ」
「色をのせるのが怖い」と言った私に、先生は「怖くなんかないよ」と言った。それから一年、その言葉はずっと私と一緒にいた。
色をのせることだけではなく、他にも色々と怖いものがあった。透明なものを描くのも怖かったし、複雑な形のものを描くのも怖かった。イメージ構成の課題が、ジョルジョが、ヘルメスが、時間内に課題をこなせないことが、怖かった。その恐怖をどうにか払拭したくて、私は描き続けた。だって描くのが好きだから。課題やモチーフに振り回されないで、自分の好きなように描きたいから。色々なものと向き合って、沢山悩んで、沢山泣いて、その中で「怖くなんかないよ」という先生の言葉を何度も思い出して。そうやって描いていたら、いつの間にか、怖くなくなっていた。それが自信というものなのか今はまだ分からないけど、きっとこれから美術をやっていく上でとても重要なことなのだろうと思う。この感覚を教えてくれたすいどーばた美術学院という環境に、私はとても感謝している。

上薗 紀耀介 さん

上薗 紀耀介 さん

長崎
長崎北陽台高等学校 卒

合格大学:
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科

「ありがとうございました!」
 現役時代、「私大は受かるんじゃないかな。」と軽く考えていた私は見事にすべての大学に落ち、「東京の予備校の中でどばただけ行ってなかったな。」という 変な理由で、長崎から上京してきました。浪人のはじめの頃は右も左もわからずに、ただ毎日を何となく過ごしていましたが、次第に友達も増え、毎日が楽しく なってきました。私は特に平面が苦手だったのですが、先生方や友達のおかげで、最初は自分でも見るに耐えなかった作品が、どんどん良くなっていくのも実感 出来ました。一方で、自分では得意な方だと思っていたデッサンがなかなか伸びずに苦労した日々もありました。冬季や直前になると、今まではあまりなかった作品の波が出始め、自分は本当にこの世界で生きてゆけるのだろうか、大学に合格出来るのだろうかとマイナスに考えたことも何回もありました。
そんな時も心の支えとなってくれたのが、先生や友達でした。将来のことや受験のことを話してみると、誰もが同じような不安を抱いていることがわかり、「自分だけじゃないんだ」と少し気持ちが楽になりました。良いこと、悪いこと、様々なことが起こったこの一年間は今までで一番楽しかったです。同じ道を目指す最高の仲間と 出会えたことは一生の宝物です。親切に教えてくださった先生方、良きライバルでもあった友達、モチーフをセットしてくださった教務さん、たくさんの人に感 謝の気持ちを伝えたいです。すいどーばたで浪人出来て本当に良かったです。