映像専攻

すいどーばたの通信教育 映像専攻

2017年度通信教育生が、武蔵野美術大学に3名現役合格しました!
2年連続3名現役合格者が出ています!

武蔵野美大映像学科、日芸映画・写真専攻、東京造形大と志望校に合わせた対策を行います。イメージ表現、小論文、またAO入試、推薦入試対策としてポートフォリオや出願書などの指導を行います。1対1の個別指導によって、基礎から実践までを丁寧にサポートしていきます。

なお、映像科の通信教育では、Eメールベースで課題や作品のやりとりを行う[Web通信]と、郵送によって行う[郵送通信]を選ぶことができます。
お申し込み時にご選択下さい。

Web通信 郵送通信

Web通信

Web通信では、課題と作品のやりとりをEメールにて行います。
スムーズでスピーディーなレスポンスが可能ですので、一般入試対策のほか、AO入試などのポートフォリオ指導、オンラインでの面接練習なども可能になります。

6つの特徴

01
自宅のPCやスマートフォンからアクセスできるため、時間や場所を問わず学ぶことができ、多様なライフスタイルに合わせた学習が可能になります。

02
Eメール、チャット、ビデオを使って講師や、他のオンライン通信講座を受講している学生とスムーズなコミュニケーションをとることができます。

03
インターネット上の多数なソースにアクセスし、様々な作品やテキストを参照しながら学ぶことができ、これまでにない美術教育が実現します。

04
導入はEメールをベースにして行うため、専門的な知識は不要。それぞれの知識や環境に合わせて利用するサービスを選択していきます。

05
一般入試はもちろん、各種編入試験、推薦入試、大学院入試にも対応。

06
Googleエンタープライズのサービスを利用し、万全のセキュリティと著作権の保護を約束。

具体的な授業の進め方・内容

【入学手続が終了したら】

担当教員から連絡をさしあげます。そこで使用しているPCなどの利用環境などの確認をします。
それに応じて進め方を決めていきます。

【授業の流れ】

[1] ひとりひとつのアカウントを発行します。(Eメールアドレスを含む)

[2] Eメールに進め方の手引きを送るのでそれを確認してもらいます。

[3] 課題は基本的に週1回出題されます。

[4] 課題はEメール、もしくはGoogle ドライブ内のファイルで出題されます。

         (この手順は[2]の際に説明します)
         インターネット上で、制作物の講評、ディスカッションを行います。

よくあるご質問(Q&A)

Q1.  料金はいくらですか?

 A1.  通常の通信教育と同様です。

Q2.  あまりインターネットに詳しくないのですが大丈夫ですか?

 A2.  Emailでのやりとりから始めるので、普段Emailを使っていれば問題ありません。

Q3.  携帯電話からでも利用できますか?

 A3.  スマートフォンであれば利用可能です。

Q4.  課題の出題はどれくらいのペースですか?

 A4.  進み具合に応じて、月2~4課題です。

Q5.  絵や立体はどうやって添削してもらえるのですか?

 A5.  必要に応じて制作物は郵送していただきます。それをこちらで撮影し、添削、講評はEmailなど、ウェブで行います。ご自身で撮影できる場合は、その画像をEmailで送って頂いても構いません。

Q6.  他の学生の作品も見られるのですか?

 A6.  はい。課題ごとに保存し、コース内で閲覧可能にします。

郵送通信

郵送通信では、課題と作品のやりとりを郵送にて行います。
実物の作品を見た上で添削を行いますので、より濃密な指導を受けることができます。

通信教育科 映像専攻 郵送通信
課題と添削例(感覚テスト)

 通信教育システム

通信システム 入学手続きからスタートまで

お申込方法など

●講座の内容および入学手続き・学費等の詳細はお問合せください。

受講に関してのお問い合わせ

TEL: 03-3971-1641
Email: suidobata@suidobata.ac.jp

資料請求(無料)申込フォーム