日本画科

どばたの日本画

すいどーばた美術学院日本画科は、指導の中心を東京芸大合格に置き、国公立大・私立美大の合格をも目指しています。その指導は「確かなデッサン力と豊かな表現力」を基本とし、毎年多くの芸大合格者数を出し続けています。そしてその合格者たちの残してくれたハイレベルな参考作品が、みなさんへの心強いサポートとなることでしょう。
また将来に渡るアートの活動を支える造形力をここで培うことになり、貴重な時間を共有する仲間にも会える場です。 どばたの日本画は、レベルの高い的確な指導と意外なほどに自由で温かな雰囲気を持っています。 是非みなさんに体感して欲しいと思っています。

 

カリキュラム

どばたの日本画の大きな特徴は、昼間部での各クラスに分かれての独自カリキュラムにあります。各クラスは担当講師の戦略的で個性的な運営がなされ、学生1人ひとりの成長を促し合格へと導きます。
夜間部では基礎力の充実を狙いに、幅広い視点からの丁寧な指導がカリキュラム根底に流れています。

 

コンクール

出題講師が毎回入れ替わり、指導の無い中で自力のみで描くことになります。クラスを超え、受験現場のような状況の中で、みなさんは今の自分の問題点と対面することとなるでしょう。多くの絵の中で自分の絵を見つめるということは、さらに成長するために必要なことです。

夜間部 最初の一歩をサポートします。

jp_night

授業内容

デッサン

様々なモチーフを描くことによって、基本的なデッサン力を養います。鉛筆の使い方から、正確な形のとり方、構図、質感、立体感、空間感等、デッサンに必要な要素と表現力を養います。

着彩

基本的な用具の使い方から、描くモチーフをよく観察した結果、どう表現するか、日本画の描写力を徹底的に養います。特に着彩においては、各講習会をあわせて受講することで、学習の効果が飛躍的に見込まれます。

制約された時間の中で

夜間部は、高校3年生や昼間部に通学できない人で、芸大・美大日本画科の受験志望者が対象です。的確な指導を受けることで限られた時間の中でもレベルアップしていきます。

現役合格をめざす

デッサン、着彩のバランスのとれたカリキュラムにより、基本的な技術と幅広い応用力を身に着け、現役合格をめざします。各講習会をあわせて受講することで学習効果が飛躍的に向上します。合格者の多くが利用しています。お勧めします。