学科

昼間部生のための講座

4大特徴 週2日から始められる学科対策

【特徴1】センター・美大対策に特化したオリジナルテキスト

センター・美大入試の出題傾向だけをターゲットに作成。無理・無駄のない効率的な学習ができます。

【特徴2】必須講座(英語)+自由選択講座(英語・国語)の自由な組み合わせ

必須ブラッシュアップ講座(英語4コマ):高得点を目指す人にも苦手意識に悩む人にも納得のスーパー講座。英語の基本構造を出題傾向に即しつつ、基礎から丁寧かつ徹底的に解説します。この必須講座だけの受講も可能です。

自由選択講座(英語・国語):多彩な講座の中から自由に選んで受講(1コマから選択できます)。

講座例
◦[美大英語]:武蔵野美大・多摩美大などの特色ある出題に万全の対策。
◦[センター英語]:センター試験に特徴的な多彩な出題傾向、短時間で解答に至る思考の道筋を徹底解説。
◦[超基礎英語(少人数制)]:漠然とした不安・苦手意識を払拭! 中学英語から丁寧に進めるきめ細やかな指導。
◦[センター英語リスニング]:ライバルに差をつける。早期に対策を始め、定期的に演習を行うと効果大。
◦[センター・美大国語]:基礎知識の定着を図りつつ、評論・小説の読解テクニックを身に着け、文章との相性問題を解消。
◦[センター古典(古文・漢文)]:得点差が大きく開きがちな古典分野だからこその対策。最小の努力で最大の効果を。

【特徴3】入試直前期のフリーパス講座

1月の入試直前期に毎日開講。学科受講生限定のスペシャル講座です。スケジュールが許す限り何コマでも自由に選択・受講してください(受講料不要)。カリキュラムは12月発表予定。

【特徴4】安心の講師陣

豊富な経験、本物の指導力、それに面倒見の良さを兼ね備えた実力派プロ講師。芸大・美大受験生が抱える学科面の悩みも十分に心得た熟練の講師陣です。
どんな相談にも乗りますよ。

講座時間割例(詳しくは別冊「学科講座受講案内」をご覧ください)

 
1時限
17:30~18:50
学科休講日 必須ブラッシュアップ講座1 必須ブラッシュアップ講座3 センター・美大国語 センター英語 超基礎英語
2時限
19:00~20:20
必須ブラッシュアップ講座2 必須ブラッシュアップ講座4 センター古典 美大英語 センター英語リスニング

 

夜間部生のための講座

4大特徴

【特徴1】限られた時間の中でもおろそかにしない本格指導(英語・国語)

高校に通いながら本格的に美術の勉強に打ち込む高校生専用の学科講座です。センター・美大入試対策の基本を確実なものとし、実力増進を図ります。入試問題の傾向分析はもちろんのこと入試データをもとに対策指導もしっかりと行います。

【特徴2】センター・美大対策専用講座(英語・国語)

センター・美大入試対策だけを徹底的かつ効率的に行います。

【特徴3】入試直前期のフリーパス講座

1月の入試直前期に毎日開講。学科受講生限定のスペシャル講座です。スケジュールが許す限り何コマでも自由に選択・受講してください(受講料不要)。カリキュラムは12月発表予定。

【特徴4】安心の講師陣

豊富な経験、本物の指導力、それに面倒見の良さを兼ね備えた実力派プロ講師。芸大・美大受験生が抱える学科面の悩みも十分に心得た熟練の講師陣です。
どんな相談にも乗りますよ。

講座時間割例(詳しくは別冊「学科講座受講案内」をご覧ください)

 
1時限
14:30~15:50
センター・美大国語
2時限
16:00~17:20
センター・美大英語

※国語・英語の2コマ連続授業です

時間の有効利用が勝者を生む。実技の授業を削りません!

すいどーばた美術学院では芸大・美大の受験対策に特化した独自の学科講座を展開しています。
合理と効率を旨とする学科システムの中でも、英語・国語の学習内容を厳選した「すいどーばた学科講座」こそが
芸大・美大合格への最短ルートと言えます。

美大小論文添削プログラム

スペシャルオプション 小論文自宅学習採点プログラム

主に多摩美大の国語に含まれる小論文の対策を行うプログラムです。
自宅で書いた文章(400字)が採点・評価され、講評とともに返却されます。
文章もひとつの表現手段であり、従ってあなたの文章もひとつの「作品」です。
自分の表現技法に磨きをかけませんか。

美大小論文とは

多摩美大では小論文の出題テーマも極めてユニーク。豊かな「発想力」と適切な「表現力」が重視されます。世間でよく耳にする「小論文の公式」とやらは、俗耳に入りやすいけれども、美大が最も嫌う「紋切型」に過ぎません。一般大学の小論文対策とは異なる独自の方法論が必要とされる所以です。また、表情豊かな文章表現力は一朝一夕には身に付かないもの。手遅れになる前に適切な指導をしっかりと受けておきたいものです。多摩美小論文の出題テーマを的中させたすいどーばたの実績が指導に活かされています。

無理のない効果的なシステム

このプログラムでは、自宅で書いた小論文が項目毎、多角的に採点・評価され、2週間後に返却されるものです。赤ペン指導に関する質問窓口もありますからアフターケアも万全。模倣や借り物ではない、自分だけの文章が書けるようになれば、そこにはきっと満足と喜びが伴うはずです。受験に向けての大きな自信に繋がるのは無論のこと、「表現者」としての「武器」がより一層磨かれるに違いありません。

 

年間スケジュール