工芸科

どばたのこうげい

東京芸術大学工芸科を中心に、多摩美術大学・武蔵野美術大学や国公立大学の合格を目指します。基礎から幅広い内容の実技練習を続けることで、確実な実力を培います。また、昼間部と夜間部で同じ課題を制作する等の連携を軸に、合格に向けた強い目的意識を共有しながら互いに高め合える環境です。 申し込みに際してコースの選択等で迷われている方は、気軽に相談にいらしてください。面接の上、希望に応じたコースをご案内いたします。

 

カリキュラム

鉛筆写生(石膏・静物)や平面表現(色彩構成・着彩)、立体表現(塑造・イメージ)などを中心に幅広い実力を養います。現役芸大生による実技のデモンストレーションでは、それぞれの疑問の解消に役立つでしょう。

 

コンクール

指導のない中で、自分の実力を試す場です。ここまでの上達を感じたり、今の自分の問題点も明らかにされます。 普段のクラスでのコンクールと公開コンクールを利用して、自己を見直し、合格につなげていきましょう。

年間スケジュール