芸術学科

基礎科(対象:高校1・2年生以上)

通信教育 芸術学専攻

学科

土・日クラス| (対象:高校3年生以上)
13:30-20:30 隔週土曜日※2学期(12月)までとなります
9:30-16:30 日曜日

日曜日クラス| 9:30-16:30(対象:高校3年生以上)

基礎科(対象:高校1・2年生以上)

通信教育 芸術学専攻

学科

体験授業を受けてみよう

かんじる。

芸術の作り手が放ったメッセージを「かんじる」。この経験は、作品を制作するのとは異なったスリルに満ちています。
芸術学科には、年齢や国籍を問わず、この過程に興味を持った学生が集まってきます。
対話や美術館見学を通して、まずは「かんじる」力の育成を図ります。

つたえる。

文章で自分の考えを的確に「つたえる」ことが、芸術学入試の最大の課題です。
魅力的なアイディアを生かすには、論理的な文章を簡潔な言葉でまとめあげる必要があります。
講師は、意見交換と添削指導によって、学生一人ひとりが納得いくまで、一緒にこの作業を行います。

いどむ。

自分の考えを、人に分かりやすく伝える。
この力は、入試はもちろんのこと、大学入学後に、自ら主体的に芸術にまつわる諸問題に「いどむ」ための基盤となります。
すいどーばた芸術学科では、この総合力の育成を重視することによって、東京芸大、私立美大をはじめ、筑波大、金沢美術工芸大などで安定した実績をあげています。

土曜日

センター対策特選講座(英語・国語)
隔週土曜13:30~20:30
※授業は12月まで

東京芸大芸術学科では、大学入試センター試験で8 0%台の高い得点率が要求されます。センター試験で高得点をマークするため、隔週土曜で開講します。芸術学のカリキュラムでセンター対策が組み込まれているのは、すいどーばただけです。芸大入試の最初の関門であるセンター試験を確実に突破するため、得点技術をじっくり練り上げていきましょう。

日曜日

英語・歴史・小論文を中心とした、芸大・国公立芸術学のための総合対策コースです。 素描選択対策が必要な方にも対応します。

個人面談

文章についての悩みは人それぞれ。芸術学の小論文に「正解」はありません。個別のヒアリングによって各自の問題点を明らかにし、対話を通してベストな解決策を探っていきます。

講義

美学・美術史の研究者でもあるプロの講師が、全ての授業の解説を担当します。美術の「?」を探究していくうちに、受験に必要な知識が身についていきます。

授業内容

授業は少人数のアットホームな雰囲気で行われます。
学生と講師の距離の近さも特徴です。

英語

●美学美術史の専門書による実践的な和訳演習を行い、その添削、解説講義を通じて、文法力、語彙力、読解力、記述力のアップをはかるとともに、芸術への総合的な理解を深めます。

歴史(日本史B /世界史B)

●日本史と世界史のいずれかを選択します。
美術史を中心とする通史の知識を学び、それを芸大の傾向にあわせて記述する力を養います。過去問研究に基づいたオリジナル教材を使用します。

小論文

●芸術学科の小論文には、大きく分けて美学系と美術史系の二つがあります。
美学系は「美とは何か」を根源的に追究していくテーマ型の課題です。美術史系は、実際の作品や写真図版を見ながら芸術作品の特徴を客観的に記述する課題で、研究者や学芸員に必須の能力を磨いていきます。
毎回の添削と個人面談で万全のサポートを行います。

実技(鉛筆デッサン)

●芸術学科の実技では、基礎力の強化が重要です。経験者から全くの初心者まで、各自の状況に合った柔軟なカリキュラムで、実技専門教員が指導します。入試本番でデッサンと小論文のどちらを選択するか迷っている人は、双方の専門教員から客観的なアドバイスを受けられます。
※小論文との選択制です。

年間スケジュール

芸術学科 2018年度 スケジュール