対談「東京藝術大学を卒業したころ」

投稿日: カテゴリー: 学院から, 展覧会のお知らせ

事務・広報です。☆★

東京藝術大学よりイベントのお知らせがきましたので、SASNEWSblogからもご案内します。

以下、藝大からのお知らせ文です。

東京藝術大学は東京都美術館と連携し、「アート・コミュニティ形成事業」(とびらプロジェクト)を実施しております。東京藝術大学と東京都美術館を一つのコミュニティとしてとらえる本年度の「東京藝術大学卒業修了作品展」では、本学を卒業され日本画家として活躍されている松井冬子氏と、アーティストであり藝大教授でもある日比野克彦氏が、「東京藝術大学を卒業したころ」をテーマに対談致します。作品をつくることや、アートを介してさまざまな人びとと関わりながら、新しい価値を見いだして行くことの楽しさや厳しさを、ご自身の体験や作品をもとに語って頂きます。東京藝術大学を受験したいと考えている方々がおられましたら、是非「東京藝術大学の卒業修了作品展」にお越し頂ければと存じます。

以上です。

詳細はこちらでご確認ください。

http://tobira-project.info/news/

興味ある方は参加してみては如何でしょう。

ちなみに松井、日比野両氏ともすいどーばたで受験勉強をされました。

明日から大学入試センター試験です。気持ちに余裕をもって、落ち着いて試験にのぞんでください。

健闘をお祈りします。

130625_0144

2014年1月17日(金)〔学院から , 展覧会のお知らせ

コメントを残す