ポルトガルへ行きました

投稿日: カテゴリー: 日本画科

日本画科の講師です。

今年の11月にポルトガルへ行ってきました。

国土は日本の約四分の一、人口約1056万人が住むユーラシア大陸最西端の地です。

穏やかな気候とあたたかい人柄でとても親しみやすい国でした。

見たことのない風景や聞いたことのない言葉、知らない世界にふれることで

自分の中の小さな「常識」が形を変えていくのを感じました。

たくさんの刺激を受けて創作意欲も湧きました。世界は広いですね。

印象に残った風景をいくつか載せたいと思います。

 

R1041700

シントラ ペーナ宮殿

R1042005

シントラ 王宮 装飾品

 

R1041917

ユーラシア大陸最西端から眺める大西洋

 

R1041806

リスボン アルファマ地区の街並

 

R1042093

リスボン ベレン地区   ジェロニモス修道院 サンタ・マリア教会

 

R1041850

教会のステンドグラス

 

R1042144

リスボン ベレン地区で見つけた牛のオブジェ

 

R1042199

リスボン 夜のロシオ駅

 

 

 

 

 

2013年12月22日(日)〔日本画科