先端ゼミ豪華夏季講習!

投稿日: カテゴリー: 先端芸術

夏季講習申し込み、はじめました!

すいどーばた先端芸術表現ゼミ(通称:先端ゼミ)です。
今年から新体制となった先端ゼミですが、7月23日(水)~8月2日(土)の夏季講習前期と、8月4日(月)~16日(土)の夏季講習中期の二つの期間で講習を行います。

東京藝術大学の入試の中でも特別な先端芸術表現科入試は、一人だとなかなか対策が立てられず呆然としてしまう人も多いはずです。
まずなにより、2次試験に、自分が作った過去作品をまとめたポートフォリオを提出しなければならず、受験生はとても苦戦します。

    夏季講習では、そんなポートフォリオ制作を見据えた、他では決して得る事が出来ない、極めて実践的な方法で講習を行ないます。

それでは詳しく見てみましょう。

夏季講習カリキュラム表

前期
・前期では、入試に向けた作品制作のための方法や素材やメディア選択のABCをレクチャーし生徒に実践してもらいます。対象は二パターンに分かれるでしょう。

①何をするのか、何からはじめたら良いか分からない受験生に対する手厚いフォロー。
→すいどーばた先端芸術表現ゼミの他とは違う特徴は、少人数でのゼミ教育です。ですので、生徒一人一人に対して、学科、小論文、デッサン、作品制作などのノウハウを継続を見据えて指導する事が可能です。
②より高いレベルを望む受験生に対する手厚いフォロー。
→すいどーばた先端芸術表現ゼミは、他の予備校と比べ、合格率が非常に高いのも特徴です。それは、少人数教育だからというだけではなく、合格出来るまでの教育方法を持っている、ということでもあります。他の受験生と切磋琢磨しながら、絶対に合格したい、という人を歓迎します。
中期
・現在日本の第一線で活躍するアーティストを招聘し、生徒とのワークショップを行ないます。
単に制作するのではなくて、同時代に活躍している作家達が何を考え、どう生きているのかを知る事が大事だと考え、夏季講習の目玉企画の1つにしています!!

前期で行なった様々な作品制作を、今度はより深めるために、なにを、どうやって、どういう風に作ればよりよくなるのか、という受験生の疑問を、様々なアーティストと一緒にワークショップを行う事で、多角的に分析し、作品制作に繋げる事が出来ます。ここでは、様々な分野で活躍するアーティストを紹介致します。
sentan.kaki4

本当に、まさかこんな人がゲストに来てくれるとは・・・(汗)という人たちばかりです!
ゲスト講師のホームページはこちら。
梅沢 和木
佐々瞬
危口統之

夜間には一次対策コースも開設しています。ぜひともこの機会を、すいどーばた美術学院先端芸術表現ゼミで活用していきましょう!

2014年7月9日(水)〔先端芸術