[映像]どばたムービーフェスティバル審査員紹介 !!

投稿日: カテゴリー: 映像

8月になりましたね!
夏期講習会前期も折り返しです。

今月いっぱいまでどばたムービーフェスティバルでは映像作品を募集しています。
今日は3名の審査員の紹介をします!

 

まずは梅沢和木。梅ラボの相性でお馴染みの美術家で、ネットに溢れる画像を元に平面作品を制作しています。国内外で多数の個展を開催し、高い評価を受けています。アーティストグループ「カオス*ラウンジ」のメンバーでもあり、現在石巻で開催中の芸術祭「Reborn-Art Festival 2017」にも参加しています。

 

 

続いて清原惟。清原さんは武蔵野美術大学映像学科卒業、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域を卒業して映画制作を続けています。2年連続でぴあフィルムフェスティバルに入賞、今年6月には「わたしたちの映画 清原惟レトロスペクティブ」がSCOOLにて開催、黒沢清監督からも絶賛を受けるという、最注目の若手映画監督です。

 

 

ノガミカツキは多くのメディアアート作品、ミュージックビデオを手掛けています。武蔵野美術大学映像学科在学中にはベルリンに留学し、現在最も重要なアーティストの一人であるオラファー・エリアソンに師事しています。受賞も多く、コンテンポラリーアーティスト/映像作家として国内外で活動の幅を広げています。


どばたムービーフェスの入選作品は以上3名の才能溢れる審査員たちからコメントを受けることができます!こんな機会は滅多にない!
しかも審査員賞もあります。ぜひふるってご応募くださいー!

 

どばたムービーフェスティバルウェブサイトはこちら

2017年8月1日(火)〔映像