中学生コース 粘土での動物制作も最終日!

投稿日: カテゴリー: 中学生

今日は、中学生コースです。
先週から続いてました、ウサギさんも本日が最終日となりました。

先週と同じ6羽も、見慣れたものでもはや家族のようです…
そんなウサギさんをカッコ良く、可愛く作ってあげよう!とみんな朝から頑張っておりました。

まずは、ライトコースの講評です!

みんな違うウサギの表情は、性格おも写し取っているからか?
はたまた、制作者に似てきたか?

目が飛び出すぎると宇宙人になる?!

ラストスパート!!ウサギ達も見守ってるよ〜。

凄く真剣な表情!この表情だけで感動ものです!

色々な方向から形を捉える事って彫刻だけでは無く、デッサンや着彩でも大切だからね〜。
ぐるぐるまわして〜。

長い時間同じ物を見続ける、描き続ける、作り続けるという事は大変集中力のいることです。
自ら間違えや誤差を見つけたり、自ら課題を作ったりしていきます。
時には細かい部分を作ったり、大きく形を見直したり…

自分で時間を使っていく能力!
これ大事ナリ❗️

おまけ♡お尻コレクション♡

おしりだけでもこんなに表情が変わってくるんですね〜〜 フムフム

少しだけですがみんなの作品をアップ!

それぞれみんなの個性が溢れんばかり、いい作品が出来ました。

今日はみんな動きが静かなウサギさんを作っている人が多かったけど、ウサギは走ったり、振り返ったり、立ち上がったりと様々な動きをします。

粘土に慣れて構成で遊べるようになると、またいろんな楽しさが出てきます。
いろんなことに挑戦してみましょう〜〜!!

来週は動物園クロッキーの講評と鉛筆デッサンです!
今回の塑造体験で学んだ彫刻的見方を思い出して、今までとはまた違った見方でデッサンしてみるのもいいかも?!

いろんな目線でモチーフを捉えてみて下さい。

それではまた来週〜〜〜〜 ・×・

2017年5月21日(日)〔中学生

コメントを残す